SCP-3878
評価: +9+x
giimbiyu.png

紫で表されているのが、ジィンビユ語話者の占める地域。

アイテム番号: SCP-3878

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-3878の実行に必要な手順の公開はレベル5クリアランスに限定されており、ジィンビユ語に翻訳されています。文書の解読はO5評議会による過半数の賛成票が投じられた場合、もしくはSCP-3878によって生成された意味論的汚染物が薄れた場合のみ行われます — この時点で、SCP-3878を再度活性化することにより、ジィンビユ語の認識災害的性質(そしてそれ故の戦略的な有用性)の維持を確実にする必要性が生じます。

SCP-3878、並びにジィンビユ語およびジィンビユ族の存続に関する知識は公共アクセスから除外され、レベル4以上の職員に制限されます。非常に機密性の高いメッセージは、まず認可された話者(SCP-3878-A個体と指定)によってジィンビユ語に翻訳し、その後、別のSCP-3878-A個体によって適切な言語に再翻訳しなければいけません。他者にジィンビユ語を教えることは困難であるため、SCP-3878-A個体は先住民であるジィンビユ族からのみ選出されるべきです。

説明: SCP-3878は、トゥーレ協会多元宇宙探索を通して得られた異常な概念的オブジェクトの研究を基に、1938年にオブスクラ軍団が開発した意味論的兵器です。SCP-3878は当時の意味論的兵器の大多数に比べ、大規模で検出が容易な物理的構成要素に依存していないという点で大きく異なっていました — SCP-3878には16週間の心理調整プログラムの対象となった人間1名のみが使用されていました。

この調整プログラムは向精神薬と電気痙攣療法、そしてプログラム終了時の穿頭手術から成る厳格な養生法の適用によって、対象者の精神内に極めて強力な反概念を作りだすものでした。事前に選ばれたトリガー刺激への曝露で対象者が“活性化”すると、反概念は対象者の母語のそれと相互作用し、その言語の全て(筆記・録音その他を問わず)を、対象を流暢に話せない人物にのみ作用する致命的な認識災害へと変化させます。

歴史: SCP-3878の今日まで唯一の活性化は1939/07/02、安全な財団の通信チャンネルを遮断する試みの一環として、オブスクラ軍団によって実施されました。遡ること17年前、財団とジィンビユ族は無関係の(現在は既に無力化した)SCPオブジェクトを収容するために同盟を組んでいました — 第7次オカルト戦争中、財団はジィンビユ語から開発した暗号を使って戦略的メッセージの通信を安全に行うために、ジィンビユ族の人々を雇用していました。

これらのチャンネルを妨害する試みとして、オブスクラ軍団はサイト-43(当時は研究キャンプ・クヴィスリング)から1名のジィンビユ族を拉致し、彼をSCP-3878の配備に使われる手順の対象としました。彼はその後トリガー刺激に曝され、結果的にジィンビユ語は非ネイティブスピーカーにとって致死的な認識災害になりました。

この活性化から間もなく、ジィンビユ語は一時的にSCP-3878の指定番号を付与され、世界規模の収容作戦が実行されて、ジィンビユ語に堪能なエージェントは全員収容下に置かれました。当該異常事象に関する数ヶ月間の研究と、太平洋戦域での偵察任務で収集された情報を基に、分析部門はSCP-3878がオブスクラ軍団によって開発された意味論的兵器(新たにこちらをSCP-3878に指定)の使用結果だと結論付けました — これは、通信の傍受を試みた盗聴者が死亡する結果を招くため、逆にジィンビユ語話者の戦略資産としての有用性を向上させました。

ドイツの降伏に続いて得られた更なる情報は、SCP-3878が実際に及ぼした効果が、兵器の本来の意図とは大幅に異なっていたことを示します。これは、主にインド・ヨーロッパ語族の“言語的優位性”の証明を試みていた研究者たちによるバイアスの結果として、オブスクラ軍団の言語学研究に厳格さが欠如していたことが要因となっています — その結果、SCP-3878の発動は大量の概念的な汚染物を撒き散らしたものの、実際の概念的崩壊を引き起こさない“不首尾”なものに終わりました。

仮にSCP-3878が意図したとおりに機能していた場合は、対象言語全体が全ての話者の意識から抹消されていたと考えられます。オブスクラ軍団の解散に続き、SCP-3878の創造に用いられた研究用の覚え書きのコピー数枚が行方不明となりました。これらの覚え書きが敵対的な要注意団体に漏洩した可能性について調査が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。