SCP-3883
評価: +28+x
smaller.jpg

回収時のSCP-3883。

アイテム番号: SCP-3883

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3883はサイト-16の標準安全ロッカーに保管されます。SCP-3883へのアクセスにはレベル2以上の承認が必要です。

SCP-3883による実験の許可を要請した職員は、最初に詳細な実験手順ログをプロジェクト監督者に提出しなければいけません。

説明: SCP-3883は緑色の触手を象った全長16.5cmのシリコン製ディルドです。SCP-3883は2種類の異常性を有しています — 第一の効果はSCP-3883が反射面の前に置かれた際に、第二の効果は当該オブジェクトの1.5m以内で人間がREM睡眠1に入った際にそれぞれ発現します。

SCP-3883が反射面の前に配置されると2、結果的に生じる反射像は、オブジェクトを観察するのに用いられている反射面の種類に応じてSCP-3883と異なる外見に変化します。改変された反射像の概要は以下の通りです。

反射面 反射像
3 特筆すべき点の無い(普通の)SCP-3883の反射像。
液体 緑色のOctopus vulgaris (マダコ)。
透光性の(不透明でない)窓 顔の下半分から複数の付属肢が垂れ下がっているヒト型実体。蹄行性4の姿勢を取っている。
技術的な画面5 緑色の球形生物。身体の前部にある単眼と、胴体の頂点から突出する複数の付属肢を特徴としている。付属肢の先端には余分な目が存在する。
食品関連アイテム6 Asterias rubens (キヒトデ)に類似する緑色の生物。反射像はAsterias rubensの接触習性と同一の挙動、即ち体外への胃の放出を行っている。これは威嚇の試みであると考えられている。

人間がSCP-3883から1.5m以内でREM睡眠に入ると、その人物は非常に現実的な夢7が関与する精神状態に入ります。影響者は自らの意思でこの精神状態を抜け出すことができません — 完全な意識を取り戻すには、夢の中で“死”を経験するか、外部の力で起こされる必要があります。SCP-3883は一度に1人にしか影響しません。

SCP-3883影響者が述べる夢の詳細は幅広く変化しますが、特定の共通テーマがあります。SCP-3883実験の全被験者は、SCP-3883-1と指定される敵対的実体から追跡されたと報告しています。SCP-3883-1は様々な姿を取って出現することが注目されていますが、複数の付属肢とSCP-3883に色調が似た鮮やかな緑の体色を有する巨大生物(直立時に10m以上)として描写される傾向があります。SCP-3883-1は知覚力の兆候を示しており、収集されたデータを基に、現時点ではSCP-3883が別な方向性を取って顕在化した存在だと理論上想定されています。

眠っている人物は、単純に夢の中で話すことによってSCP-3883-1との意思疎通を確立できます。会話において、SCP-3883は交流する財団職員に対し、様々に異なる態度を取っています。詳細は付属のインタビューログを参照してください。



補遺3883-1: インタビュー3883-03に鑑み、毎週1回、SCP-3883の近くで少なくとも1人のDクラス職員(またはSCP-3883の効果を知らない研究職員)に睡眠を取らせる要請がなされました。収容プロトコル変更の承認は保留されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。