SCP-392
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-392

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全ての生きたSCP-392実例は生物研究サイト-103の標準温室セクターに収容されます。SCP-392実例の個体数は上限を100として維持されます。選出されたSCP-392の種は取り出され、生物サイト-103の冷凍貯蔵庫に保存されます。

説明: SCP-392はダエーバイトの奇跡論的魔術によって生み出された、Prunus persica (モモ)に類似する人工的植物種です。ダエーワ年代記によると、SCP-392の創造は紀元前800年頃、ダエーバイトのワク(Waq)氏族を束ねる同名の女族長ワクによって成されたものです。本来ダエーバイトの社会規範に照らしても常軌を逸した行為と見做されていたにも拘らず、SCP-392の栽培は許容され1、現代の中央アジア・新疆・中国にいたワク氏族の母系子孫に受け継がれていきました2

SCP-392は生理学的にP. persicaに似ていますが、1つの重要な違いとして、SCP-392は花の子房から果実を生産しません。代わりに、SCP-392は肉体的に同一なヒトの男性の頭を多数生産します。DNA分析はこれらが同一人物のものであると示しました。各頭部にはダエーバイト女族長の所有下にあるヒト族の側室を表す入れ墨が見られることから、SCP-392から生える頭部は女族長ワク・ワクの人間側室だったという仮説が立てられています。

SCP-392から生える頭部の生理機能は人間のそれとほぼ同じですが、これらの頭部には瞼が存在せず、前頭前皮質にはSCP-392の種子が存在します。また、諸々の反射行動によって、頭部は外部刺激に反応できることが示されています。生っている頭のPETスキャンは、脳内で神経活動が行われていることを明らかにしました。特筆すべきことに、頭部の視線上に女性ヒト型実体の姿がある場合、他のオブジェクトがある場合と比較して、眼球運動と神経活動の割合は一貫して高くなります。以下は、SCP-392に生った頭部から得られた反射行動と反応の要約リストです。

SCP-392から外れると、頭部の神経活動と反射行動は停止します。頭部は摘み取ることが可能であり、重力に引かれて自然に落下することもあります。SCP-392からもぎ取られた頭部は徐々に腐敗し始め、これによって種子が水と酸素に曝されることになります。その後、かつて頭部だった分解物は発芽のための有機肥料として機能します。

SCP-392は1945/██/██に日本の京都府・桂離宮で発見されました。ダエーバイト文化との繋がりは頭部の入れ墨を相互参照して後日確立されたものです。その後、この記録は財団が把握しているダエーバイト関連の情報源から得られた調査結果を基に更新されました。

補遺392-1: 京都へのSCP-392実例の植樹は、太平洋戦争中、国家繁栄の儀式の一環として行われていました。これらの実例は、日本の使者の貢ぎ物の返礼として隋王朝の煬帝から送られた1粒のSCP-392の種が起源です。儀式の根拠となっていたのは遣隋使・小野妹子によるSCP-392についての記述です。妹子は、SCP-392は貴族の家でのみ見られる繁栄の象徴だと主張していました。

補遺392-2: 隋王朝への言及とダエーバイトの関与の確認を受け、更なる情報を得るために、SCP-140の改変によってダエーバイト=中国間の相互作用に関する記述が織り込まれた“中国史”のコピーが調査されました。

本はSCP-392について、早ければ戦国時代(紀元前475-221年頃)には、中国の兵士によって陥落したダエーバイトの都市から略奪された物品の一つであると言及していました。SCP-392は兵士たちによって栽培され、頭部は採取された後に皮を剥がれました。その後、頭蓋骨は処刑された敵対戦闘員の首級という名目で、昇級その他の報酬(貴族位階・土地・奴隷など)と引き換えに上官に提示されていたとのことです。

SCP-392の栽培に関与した多くの氏族の子孫は、歴代中国王朝において傑出して権力の座についており、ここには一部王朝の皇帝一族までもが含まれています。これに関しての更なる情報は文書392-Suを参照してください。

補遺392-371: 専門的収容提言(Specialised Containment Proposal) — 自動化型収容

続く提言は、人間の介入を最小限に絞ってSCP-392の収容を容易にするための自動化された植物栽培システムによって成り立っています。システムの詳細は以下のとおりです。

  • SCP-392実例群は、一つの中心点を取り囲むようにして円形に配置されます。
  • 光源を中心点の上に凝集させ、SCP-392の花と頭部が中心に向かって向日性の成長をするように取り計らいます。
  • 360º度を見渡す顔認識カメラを中心点の外側に設置し、SCP-392実例の頭部の数を監視します。
  • 収容房の床に圧力センサーの層を設け、頭部の落下を検知します。センサーの下には根が養分を吸収するための土の層を配置します。2つの層の間には十分なスペースを設けます。
  • 自動クロークレーンを天井に設置し、圧力センサーに応答して落下した頭部を拾うことができるようにします。回収された頭部は円の外側にある落とし樋に堆積されます。
  • スプリンクラーが圧力センサー層の下部に設置されています。

この提案の始動実験のために、10本の(様々な成長度の)SCP-392実例が利用される予定です。

仮にSCP-392頭部の“開花”が長期間にわたって一貫している場合、プロジェクト陰陽(サブカテゴリ: アルゴス-100)3の更なる適用が考慮されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。