未定義
評価: +22+x

アイテム番号: 未定義

オブジェクトクラス: 未定義

特別収容プロトコル: サイト39の収容チャンバー#3942は、常に構造的に適切な状態に保たれなければなりません。収容チャンバーの損傷は直ちに修理する必要があります。収容チャンバー#3942は、少なくとも2つの活性化しているスクラントン現実錨の効果の範囲内に置かれなければなりません。レベル4以上のクリアランスを持つ少なくとも3名の職員からの事前の承認なしに、サイト職員は収容チャンバー#3942に入ることはできません。

毎日少なくとも3回、最低でも4匹の調理されたマスが収容チャンバー#3942内に置かれなければなりません。収容チャンバー#3942に内に入る被験者または職員は、可能であれば、マスの給餌を追加することが奨励されます。

D-24390は優先度の高い重要人物として指定されています。D-24390、およびすべての既知の仲間は、尋問のために逮捕されなければなりません。

説明: 保留中

起原: 2017年6月27日にオーストラリアのビンガラにおける広範囲のパニックと大量避難の報告を受け財団のエージェントが派遣されました。出仕したエージェントによる質問は、住民がパニックや避難を行った理由を説明する情報を提供しないため、効果がありませんでした。しかし、エージェントは町の中や周辺のいくつかの区域に行くように市民によって指示されました。

援助を要請した後、出仕したエージェントは機動部隊イプシロン-6( "村のアホ")と協力しました。状況には不適切でしたが、協力は怪我の発生を最小限に抑えることに成功しました。 MTF E-6は収容チャンバー#3942を要求し(承認)、到着した時点で収容プロトコルを考案・開始しました。

残った住人とビンガラの元住民は記憶処理が施されました。

補遺: テストログ

テストログ 1

被験者: D-24390

手順:D-24390は、収容チャンバー#3942に入り、30分間内部に留まるよう指示されます。

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入ります。被験者が部屋から出ることを要求します(拒否)。被験者は30分間ずっと動かず、その後急いで収容チャンバー#3942を離れます。

テストログ 2

被験者: D-24390

手順: D-24390は、収容チャンバー#3942の中身を説明するよう指示されます。

結果: D-24390は動揺し暴力的になります。被験者は鎮静されました。

テストログ 3

被験者: D-24390

手順: D-24390は、調理されたマス1匹を所持して収容チャンバー#3942に入り、30分間内部に留まるように指示されます。

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入ることを拒否します。強引に実行させます。被験者は調理されたマスを投げて、部屋から出ることを要求します(拒否)。被験者は17分間動かず、その時、話し始めます。被験者は残りの13分間断続的に発言し、その後、収容チャンバー#3942を離れます。

テストログ 4

被験者: D-24390

手順: D-24390は、テスト [ログ] 3の間になぜ話したのかを説明するよう指示されます。

結果: D-24390は動揺し、その後返答を拒否します。

テストログ 5

被験者: D-24390

手順: D-24390は、調理されたマス1匹を所持して収容チャンバー#3942に入り、30分間中に留まるよう指示されます。

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入り、調理済みのマスを捨てます。被験者は時折休止を挟みつつ、30分の間ずっと話をし続けます。その後、被験者は収容チャンバー#3942から離れます。

余分なログは編集済み

テストログ 10

被験者: D-24390

手順: D-24390は、調理されたマス1匹、巻尺およびインクマーカー1本を所持して収容チャンバー#3942に入るように指示されます。被験者は、室内で巻尺を使用するように指示され、結果を記録するためにマーカーを使用します。

結果:D-24390は収容チャンバー#3942に入り、調理済みのマスを捨てます。被験者は巻尺を4回使用し、それぞれの結果をマークします。被験者は、次の測定値を残して収容チャンバー#3942から離れます。:

  • 60cm(調理したマスの長さ)
  • 175 cm(被験者の高さ)
  • 525 cm(収容チャンバー#3942の縦横の長さ)
  • 310 cm(収容チャンバー#3942の高さ)

テストログ 11

被験者: D-24390

手順: D-24390は、巻尺とインクマーカー1本を所持して収容チャンバー#3942に入るように指示されます。被験者は、テスト [ログ] 10で測定された以外のものに室内で巻尺を使用するよう指示され、結果を記録するためにマーカーを使用します。
結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入ります。被験者は巻尺を1回使用してから、収容チャンバー#3942から離れます。巻尺にマークはありません。被験者は叱咤されます。

余分なログは編集済み

テストログ 15

被験者: D-24390

手順: D-24390は、調理されたマス1匹と装填された拳銃(ゴム弾)を所持して収容チャンバー#3942に入るように指示されます。被験者は、銃を使用してマスが消えるのを防ぐよう指示されています。

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入り、調理済みのマスを捨てます。被験者は3分間話し、その際に拳銃の使い方を発砲せずに説明し、拳銃を捨てます。被験者は収容チャンバー#3942から強制的に外に出されます。セキュリティ担当者が拳銃を再び取得する前に、拳銃のすべての弾丸が消費されます。すべての消費された弾丸は収容チャンバー#3942から除去されます。セキュリティ担当者は軽傷で収容チャンバー#3942から離れます。被験者は激しく叱咤され、再割り当てされます。

テストログ 16

被験者: D-24391

手順: D-24391は、調理されたマス1匹と機能的なカメラを所持して収容チャンバー#3942に入るよう指示されます。被験者は部屋を撮影するように指示されています。

結果: D-24391は収容チャンバー#3942に入ります。被験者は激しく苦しみだし、すぐに助けを求めます。援助が提供される前に被験者が死亡します。被験者の死体とカメラの回収は不可能です。

テストログ 17

被験者: D-24392

手順: D-24392は、調理されたマス1匹と機能的なテープレコーダーを所持して収容チャンバー#3942に入るよう指示されます。被験者は、室内での録音を開始し、室内で話すように指示されています。

結果: D-24392は収容チャンバー#3942に入ります。被験者が死亡します。 被験者の死体とテープレコーダーの回収は不可能です。

余分なログは編集済み

テストログ 23

被験者: D-24393

手順: D-24393は、メモとペンを所持して収容チャンバー#3942に入るよう指示されます。被験者は部屋の中で「あなたは何を望みますか?」という質問をし、返答を全てメモに記録するよう指示されます。

結果: D-24393は収容チャンバー#3942に入ります。被験者は質問をし、メモに回答を記録します。被験者が死亡します。 被験者の死体の回収は不可能です。セキュリティ担当者がメモの回収に成功しました。メモには、被験者の筆跡で「彼女を連れて帰る」という言葉が書かれています。

余分なログは編集済み

テストログ 26

被験者: D-24390

手順:D-24390は、調理されたマス1匹を所持して収容チャンバー#3942に入り、5分間内部に留まるよう指示されます。

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入り、調理されたマスを捨てます。被験者は5分の間全体的に話をし、断続的に休止します。被験者はセキュリティ担当者が軽傷から重傷を負いながら収容チャンバー#3942から強制的に退室させられます。1人の担当者が被験者を退室させる際に死亡します。分析をする為セキュリティメンバーの死体を取り出します。死亡原因を"傷害による死亡"とする剖検は確定的ではありません。被験者は叱咤されます。

余分なログは編集済み

テストログ 34

被験者: D-24390

手順: D-24390は、巻尺、インクマーカー1本と調理されたマス1匹を所持して収容チャンバー#3942に入るように指示されます。被験者は、以前に測定していないものを室内で巻尺で測定するように指示され、結果を記録するためにマーカーを使用します

結果: D-24390は収容チャンバー#3942に入ります。被験者は動揺し、マーカーと巻尺を捨てます。被験者は医療援助を求めます(承認)。医療担当者は収容チャンバー#3924に入ります。被験者から医療担当者の支援をするとの申し出があります(承認)。 被験者は医療担当者によって鎮静されます。授精後、被験者は巨視的な体細胞分裂または減数分裂を経て、バイオマスの損失を結果として生じます。

医療担当者と被験者(鎮静済み)は収容チャンバー#3942から離れます。

テストログ 35

被験者: D-24390

手順: D-24390は、調理されたマス1匹を所持して収容チャンバー#3942に入り、1時間内部に留まるように指示されました。

結果:D-24390は収容チャンバー#3942に入り、調理済みのマスを中に捨てました。被験者は5分間幸福を表した後、懸念を表します。セキュリティチームは、被験者を強制的に回収する準備をします。被験者は静かな声で話します。

収容チャンバー#3942に入ってから11分後に、 前の任務から得られた知識 を利用して手の中に初歩的なキネトグリフ(Kinetoglyph)1 を生成し、セキュリティ担当者が収容チャンバー#3942に入るのを阻止します。セキュリティ担当者は、収容違反が進行中であると報告します。

被験者は、精巧なキネトグリフ(Kinetoglyph)の構成要素を構築する手法を手によって実演します。セキュリティ担当者は、最初の障壁を物理的に破壊し始めます。被験者は精巧なキネトグリフ(Kinetoglyph)が構築されている間、それを維持するように注意を集中させます。完成すると、第2のキネトグリフ(Kinetoglyph)は、未知の場所に繋がる一時的な時空間マニホルドを生成します。被験者は、収容違反を発生させるためマニホルドを利用します。

携帯用スクラントン現実錨を装備したセキュリティ担当者が到着し、即座に活性化させます。影響領域内のすべてのキネトグリフ(Kinetoglyph)は、その生成された異常な効果とともに、即座に消散します。

テストログ 36

被験者: D-24407

手順: 調理されたマス4匹を所持して収容チャンバー#3942に入り、1時間内側に留まるよう指示されます。

結果: D-24407は収容チャンバー#3942に入り、調理されたすべてのマスを即座に捨てます。被験者から部屋からの退出要求があります(拒否)。被験者は、45分の間は動かず、その後、被験者は慎重に部屋中を移動します。被験者は、1時間後収容チャンバー#3942から離れます。

余分なログは編集済み

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。