SCP-395-JP
評価: +29+x

アイテム番号: SCP-395-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-395-JPは財団管轄下の旧国道███番線を往復するように誘導しています。収容ルートを外れた場合は即座に収容ルートに戻るように誘導してください。この時、従わない様子を見せた場合には、火器を用いた直接的干渉が認められています。
現在、収容ルートは"自動車メーカーのテストコース"に偽装されています。ルート内への侵入者は拘束し、Aクラス記憶処理を施して解放してください。
SCP-395-JP-Aの様子は併走させている自動操縦ドローンで常時監視下に置きます。通話の終了や物品の完全消費が認められた場合には研究主任に通達してください。

説明: SCP-395-JPは底面部に未知のクモ類の歩脚を備えた公衆電話ボックスです。内部に設置されている電話機の形式と後述するSCP-395-JP-Aの服装から、1995年頃に設置されていたものと考えられていますが、実際に設置されていたものであることを確定できる要素は確認できていません。
SCP-395-JPは備えた歩脚を用いて徘徊性のクモと同様の挙動が可能です。財団収容下の記録では移動速度は最大で80km/hを記録していますが、平時では40km/h程度で移動を行います。物理的損傷を与える試みは電話ボックス、歩脚共に成功していませんが、行動の阻害自体は可能であり、転倒させることや拘束することが可能です。しかし停止している時間が一定時間継続された場合1、SCP-395-JP-Aによって移動の再開を強制されます。
SCP-395-JPの内部は挙動による物理法則が働いている様子がありません。そのため、いかなる挙動によってもSCP-395-JP-Aが通話の中断する様子は確認されていません。
SCP-395-JPは財団の干渉に対して怯える様子を見せる他、車両への一般的な誘導方法に従うため、現在の収容ルートへの誘導が行われました。以降、自主的にルートの往復を続けています。

SCP-395-JP-Aは1975年に██県で出生が確認されている日本人男性です。戸籍上の名前は██ ██ですが、1994年に失踪宣告2が行われています。失踪当時は17歳でしたが、現在の外見年齢はシミュレートされた20歳時のものとおおよそ一致しています3
SCP-395-JP-AはSCP-395-JP内部で直立したまま、電話機を用いて不明ないし存在しない相手との通話を続けています。財団の収容下において、SCP-395-JP-Aは自身が持ち込んだと思われる物品を摂取する以外の食事や睡眠を取らないにも関わらず、疲労する様子は見られません。また加齢による身体的変化も確認されていません。
SCP-395-JP-Aが消費する各物品は尽きる様子が確認されていません。以下は確認されている消費物品です。

  • 10円硬貨(着用衣類の各ポケットに保持、定期的に電話機に投入)
  • 350ml缶入り炭酸飲料(█████社の代表的商品。電話機上に置いている。通話中に度々摂取)
  • 板状チューイングガム(███社製1995年発売。上着左ポケットに保持。摂取後に吐き出す様子は確認されていない)

SCP-395-JP-Aの通話内容は日常会話ですが、話題は1995年の時勢に沿ったものです。通話中の受話器の音声を電話ボックス外から聞きとる事が試みられましたが、ホワイトノイズとランダムな音節の機械音声以外は確認されていません。これら通話内容を聴取することによる肉体的・精神的作用は確認されておらず、SCP-395-JP-Aが通話をし続けている理由は不明です。
SCP-395-JP-Aは電話ボックス外の干渉について認識はしているようですが、通話を優先し意図的に無視しているようです。

SCP-395-JPは██県内の██峠で多数の目撃情報があった"走る電話ボックス"の噂を財団エージェントが調査し、発見に至りました。当初、確保してのサイトへの移送が試みられていましたが、SCP-395-JP-Aによる強制によって拘束状態から幾度となく脱するために移送計画を中止。現在の収容ルートへの誘導が行われました。一般人の目撃者には記憶処理を行い、██峠に以前より伝わっていた"土蜘蛛"の怪談話をカバーストーリーとして流布しました。

補遺: 以下はSCP-395-JP-Aが財団の干渉に反応した唯一の記録です。

SCP-395-JP-Aの床面を強く踏み込む行為はSCP-395-JPの運動能力を大きく引き上げる効果があると考えられ、予想外の事態を引き起こす可能性を踏まえてSCP-395-JPへの干渉実験は凍結されています。

資料 FS395-JP(一部抜粋): 以下は流布しているカバーストーリー"怪談 土蜘蛛"に関連するインタビューログです。オブジェクトの出自に関係する可能性が高いため、抜粋しています。完全な資料は管轄サイト-81██の資料室に請求可能です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。