SCP-3966
評価: +17+x
3000AB.png

SCP-3966-Bの結晶構造。左の要素がSCP-3966-Aに相当。

アイテム番号: SCP-3966

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 薬瓶に保存されたSCP-3966-Aがサイト-66の冷凍実験保管庫に置かれます。汚染の確認の為、月例検査が行われます。薬瓶内に新たな化合物が発見された場合、分光法により化学組成が分析され、開いた分子結合の存在は記録されなければなりません。

さらに、投稿されたあらゆる医学文献はSCP-3966に関する記述の有無を調査されます。記述が確認された論文は発行を拒否されます。未解明夜間突然死症候群(SUNDS)の流行が発生した場合、機動部隊ロー-7("すり鉢無き医師達")が配備され、流行地域における被害者及び生存者のSCP-3966分量の調査が行われます。検死を装い、死体からSCP-3966を抽出することが許可されています。

手順:モルフェウス-4に基づき、SCP-3966に関する全通信は保存され、認識災害部門によるスクリーニングを受けます。しかしながら、現時点においてSCP-3966は認識災害取扱プロトコルの適用下にはありません。SCP-3966に配属された研究員で周期性四肢運動障害(PLMD)の症状を被る者は、再配属の申請を行うことが可能です。

説明: SCP-3966はヒトから発見される神経刺激性のポリペプチドです。当該物質は、睡眠時死亡者の検死を行った際に██%以上の確率で脳脊髄液(CSF)より発見されます。死体から回収された状態の物質(SCP-3966-Aに指定)は、C末端1を持たないという異常性を示します。SCP-3966-A末端のアミノ酸は炭素鎖に開かれた結合箇所を有しますが、同箇所は化学的反応性を示しません。

実験記録:

実験3966-1

対象: D-51174

手順: 対象は、2mlの滅菌された等張SCP-3966-A溶液を、局所麻酔下の脊椎穿刺により与えられる。生物学的反応の観察の為、対象の生命反応及び脳波の測定が行われる。脳脊髄液圧の再調整の為、30秒後に2mlの髄液が取り除かれる。

結果: 手順開始から11.5秒後、対象は突発的な侵害反射行動を示す。対象は職員により拘束されたものの、それ以上の反応は見せず、2mlの髄液が成功裏に取り除かれた。腰椎の貫通箇所における組織損傷の増加が見られたものの、完全に回復した。

対象は注入後の突然の"落下感"を報告した。脳波測定により反射反応の約1.5秒前にノンレム睡眠のステージ1への移行が発生したことが確認された。"落下感"、侵害反射、ノンレム入眠はジャーキングの症状と一致する。

生化学分析ではSCP-3966-Aの痕跡は見られなかった。新たなタンパク質(SCP-3966-Bに指定)が発見され、配列が特定された。タンパク質は化学的に非異常であり、通常通りにC末端を備えていた。SCP-3966-Bの発生過程を探るさらなる実験が必要とされる。

実験3966-2

手順: 5%γ‐グロブリンと5%アルブミンを含む滅菌溶液0.5mlを入れたシャーレに、10%のSCP-3966-A滅菌溶液0.5mlを加える。

結果: 反応は観察されず。SCP-3966-A分量に変化無し。

実験3966-3

手順: SCP-3966-AとSCP-3966-Bのアミノ酸配列をエドマン分解及び質量分析により決定する。

結果: SCP-3966-Bの配列が決定。総鎖長:289残基。

SCP-3966-Aの配列が決定。総鎖長:143残基。始点からの142残基はSCP-3966-BのN末端からの配列に一致。最後のアミノ酸は回収されず。サンプル質量は約0.70%の割合で減少した。

実験3966-3B

手順: SCP-3966-Aのアミノ酸配列をエドマン分解及び質量分析により決定する。

結果: SCP-3966-Aの配列が決定。総鎖長:143残基。始点からの142残基はSCP-3966-BのN末端からの配列に一致。最後のアミノ酸は回収されず。サンプル質量は約0.70%の割合で減少した。結果は実験3966-3と同一。

研究3966-アルファ

手順: 既知のアミノ酸配列をヒトゲノムと照合。

結果: ヒトゲノムにおける一致は無し。他の生物種のゲノムとの照合が進行中。

主任研究員付記: 由来は未判明だが、人が由来でない以上、環境から来ていると考えられる。CSFは無菌だから、どうやってか血液脳関門を通って沈着しているはずだ。血漿からCSFが生成されることから考えて、最も蓋然性が高いのは脈絡叢からの侵入だろう。しかし大脳の深部の検査を行うのは容易ではない。神経組織の要求を申請して、他の方法を検討する。

実験3966-4

対象: パウルコイック次席研究員

手順: 対象から、脊椎穿刺により脳脊髄液を1ml取り出し、SCP-3966の有無を検査する。

結果: サンプルの生化学分析ではSCP-3966-Aの痕跡は発見されず。検出されたSCP-3966-B濃度は4.2mg/dLを示した。これは過去の実験における最高値であり、以前に回収されたサンプルの350%に相当。

実験3966-5

手順: SCP-596に接触したDクラスより採取されたヒトの神経組織に対してSCP-3966-Bを加える。組織を分析し、結合箇所の探索を行う。

結果: SCP-3966-Bは神経細胞上のN型カルシウムチャネルと弱い結合を形成した。結合はイオン輸送を慢性的に妨害するが、細胞電位の変化(神経細胞の電気信号伝達等)により解除される。生理活性は限定的。治療学的には、極めて軽度の麻痺と痛覚麻痺を発生させるのみであり、通常活動時には観察されない。

注意すべき点として、SCP-3966-Bは睡眠時痙攣を発生させない。つまり、基本的に無害だ。私に言わせれば不活性なタンパク質だ。- R.アージェント

実験3966-6

手順: SCP-596に接触したDクラスより採取されたヒトの神経組織に対してSCP-3966-Aを加える。結合箇所の探索を行う。

結果: SCP-3966-Aは外毒素として作用し、神経細胞上のN型カルシウムチャネルと強い結合を形成した。シナプス前終末では連鎖的なミスフォールディングが発生し、カルシウムチャネルが開いた細胞孔に組み替えられるように観察された。神経伝達物質、イオン、細胞質は孔を経由して急速に流出し、数秒以内に細胞死を発生させた。

サンプル重量は実験前の93.2%に減少。漏洩は検出されず。細胞外の神経伝達物質は検出されず、間質液のカルシウムイオン濃度も増加しなかったことが記録される。

またしても質量が大幅に変化したが、漏洩無し?神経伝達物質もイオンも消えたというのか?この再折り畳みの目的は何だ?- R.アージェント

実験3966-7

手順: 数理モデリングにより、SCP-3966-A及びSCP-3966-Bの折り畳み構造、N型カルシウムチャネルとの結合様式を解析する。

結果: カルシウムチャネルを孔化させる酵素による折り畳みに、SCP-3966-Aタンパク質構造のN末端寄りの部分が関与していることが確認された。この際、不在C末端は孔に差し込まれるように移動した。SCP-3966-Bの動作も類似したものであったが、C末端の突起部は孔に入り込もうとして失敗し、N末端の結合を不安定化させ、チャネルは本来の構造に戻った。

SCP-3966-Aの末端部分のタンパク質構造をモデル化する試みは、結論が得られなかった。

平たく言えば、プログラムがクラッシュした。出力は意味不明で、数字は爆散した。- R.アージェント

実験3966-8

対象: パウルコイック次席研究員

手順: 対象のCSFよりSCP-3966-Aを採取し、予備的な診断を行う。

結果: 時刻0015、対象が着用していた生命反応モニターがアラームを発し、同氏はベッドで死亡した状態で発見された。CSFの体液分析は5.1mg/dLのSCP-3966-A及び1.6mg/dLのSCP-3966-Bの存在を示した。死因はSUNDSと見られる。神経組織の分析により、SCP-3966-Aに由来する細胞孔と、体積の減少した神経細胞が多数発見された。

毒素分析はシクロベンザプリン及びゾルピデムの大量服用を示した。これらは強力な鎮痙剤・鎮静剤であり、副作用による麻痺が発生し得る点に注意が必要である。心肺機能が影響を受けた様子は見られないものの、骨格筋の活動は顕著に減少していたことが確認された。

主任研究員付記: 運が良かった。CSF試験体を一本落としたが、割れたりせず、結果としてSCP-3966-Bしか含まれていなかった。本当に仮眠が必要だ。 - R.アージェント

研究3966-ベータ

手順: SCP-3966に対応するゲノム配列の自動探索の継続。

結果: 完全な一致は発見されず。最も類似した(87%)のは、SCP-848の糸に含まれるタンパク質。

主任研究員付記: SCP-848が一体どこから獲物を捕まえて来ているのか、全く分かっていない。睡眠薬を使う訳にはいかない。蜘蛛と寝る必要があるなら、そうしよう。 - R.アージェント

実験3966-9

対象: ロデリック・アージェント主任研究員、D-51174(対照)

手順: SCP-848収容チャンバー内で睡眠実験を行う。

結果: 対象は計9時間、問題無く睡眠を取ることができた。収容チャンバーに入って5時間後に対象は一度目覚め、対照実験を中止し、D-51174を収容チャンバー内に移動させた。

主任研究員付記: 彼に延々と寝返りをさせておく訳にも行かない。私はよく眠れた。Dクラスは私や蜘蛛と一緒することに抵抗したが、もとより選択権は無い。彼は丸まって、私に掴まってきた。落ち着かせるのに結構な手間がかかった。本当に蜘蛛が嫌いなようで。目覚めると、一匹が顔の上を這っていた。エリーが蛹に包まれているのを見る夢を何度も見た。今日の巣は一際厚い。コーデリアに教えないといけない。きっと、治っているはずだ。 - R.アージェント

実験3966-10

手順: ガラスマイクロピペット格子のそれぞれにN型カルシウムチャネルを固定した試料を準備する。一本の光ファイバーを各ピペットの先端まで通す。器具は等張の25%SCP-3966-A溶液に浸される。カルシウムチャネルが孔に再構成される際、光ファイバーは孔に差し込まれ、視覚情報が記録される。

結果: チャネルの孔化は完了した。光ファイバーはピペットの先端から孔の中に10μm分差し込まれた。外部顕微鏡からは、光ファイバーがピペットより先を通過した様子は観察されなかった。手順に従い、画像の生成に成功した。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。