SCP-3973
評価: +4+x
resized.jpg

収容中のSCP-3973。

アイテム番号: SCP-3973

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3973は鍵の付いた箱に入れて、サイト-16保管室の標準的Anomalousアイテムロッカーに収容します。実験はレベル2以上のスタッフに許可されています。SCP-3973の実験を望むスタッフはサイト-16保管室にある記録簿にエントリを記入しなければいけません。

インタビュー3973-1とハーピー博士の要請を受け、SCP-3973の収容プロトコルは改訂されました。SCP-3973は鍵の付いた30×30×30cmのアクリルガラス箱に入れ、サイト-16のAnomalousアイテム研究室104に展示されます。SCP-3973をインタビューに応じさせ続けるためのインセンティブとして、ガラス箱内のジオラマに月1回変化を加えます。ジオラマの変更にはミニチュア・プラスチック製の枝葉・砂・プラスチック製の岩の追加が含まれる場合があります。これらはハーピー博士自身が提供した物であり、サイト-16の休憩室にあるラベル付きの箱に保管されています。

SCP-3973の実験またはインタビューを望む職員はセキュリティクリアランスレベル2以上でなければいけません。また、前以てハーピー博士から許可を受ける必要があります。

説明: SCP-3973は卓上戦争ゲーム“ウォーハンマー40,000”用の標準的なミニチュア模型です1。対象には物理的に目立った点は無く、プラスチック製で、高さ約3.3cmです。SCP-3973は███████ブランドの模型塗料の層に包まれています。対象の唯一明白な異常特性は、未知の手段による半径50cm以内で振られたサイコロの出目への干渉です。

収容当時、SCP-3973の半径50cm以内で振られた全てのサイコロは常に最も小さな出目を上に向けて着地していました。このため、SCP-3973は当初Anomalousアイテムとして分類され、完全なSCP指定は却下されていました。██ヶ月間にわたり、SCP-3973はサイト-16のAnomalousアイテムロッカーの一つに保管されていました。サイト-16の定期的なAnomalousアイテム点検において事案3973-FCが発生しました。詳細は以下を参照してください。

実験を通して、SCP-3973が知性の兆候を見せていることが明らかになりました。現在はSCP-3973との意思疎通システムが構築されています。SCP-3973は半径50cm以下のテーブルに配置され、質問者がその後20面および6面サイコロを1個ずつ振ります。SCP-3973はサイコロの出目を操作してアルファベットのどれか1文字に対応する数字を示します。示したい文字が20より小さい数字で表される場合、SCP-3973は6面サイコロをテーブルから落とします。両方のサイコロがテーブルから落下した場合は句点を示します。

補遺: SCP-3973は██州█████████の街で開催された戦争ゲームトーナメント、████████で回収されました。プライベートでこのトーナメントに参加していた財団エージェント(エージェントT████)は、対戦相手の一人(M████ C████)が複数のトーナメント戦で反則をした疑いがあるという噂を耳にしていました。トーナメントでの反則行為を理由に退場処分を受けたM████ C████は所持していた全てのミニチュア模型を箱に入れたまま放置して去りました。エージェントT████は反則の仕組みを解明するため、問題の箱を自宅に持ち帰りました。その後間もなく、SCP-3973の異常性質が確認されました。

SCP-3973が入っていた箱からは、以下を含む数点のアイテムが発見されました。

  • 他数体の“スペースマリーン”ミニチュア模型
  • 異なる数種類のサイコロ
  • 一緒に並べられたミニチュア模型の写真。この内の1体がSCP-3973だと思われる。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。