SCP-4003
評価: +12+x
アイテム番号: SCP-4003 Level 4/4003
オブジェクトクラス: Safe 機密

特別収容プロトコル: SCP-4003と暫定サイト-1200の周辺領域2kmは保護地域に指定されています。境界線内に立ち入った民間人は足止めされ、追い返されます。考古学、古生物学、地質学を専門とする職員のみが暫定サイト-1200に割り当てられます。

SCP-4003で発掘された全ての物品と化石は、目録にまとめた後、サイト-11の集中管理品保管庫に収容されます。非異常と判断された余剰分の化石は、財団フロント組織である南カナダ古生物学者会1を通してロッキー博物館に寄贈される場合があります。

歴史的文書や当時の日誌におけるテンペランスの町への言及は全て削除されます。

説明: SCP-4003は、モンタナ州ジョーダン近郊のヘルクリーク累層で発見された、テンペランスの町とその住民の考古学的遺物の総称です。SCP-4003で発見される化石、物体、遺体の年代は白亜紀後期まで遡ります。

この町のごく僅かな建造物には、酒場、保安官事務所、取引所、雑貨店、そして大通り沿いの家屋などがありました。テンペランスは専らミネソタ州からヘレナへ向かう隊商の休息地の役割を果たしており、永住者は少数でした。町民人口は40名で、10頭のウマとその他の家畜がいたと推計されています。町に関する情報は殆どありませんが、1859年~1866年にかけてゴールドラッシュ入植者たちの日誌で言及されています。町が消えた正確な日付は現在不明ですが、1866年の11月に消失したものと考えられます。

Temperance.jpg

テンペランスの大通り、1866年頃。

消失に続き、テンペランスとその住民たちは約6,600万年前の白亜紀後期に出現しました。当時、地球の大気に存在していた化合物は高濃度であったため、殆どないし全ての住民と家畜は酸素中毒で死亡したと考えられています。生存者がいた場合でも、その後に環境曝露、病気、飢餓、肉食大型生物によって死に至った可能性が高いと推測されます。

テンペランスの町は白亜紀後期における正確な地理的位置に再出現しました。SCP-4003と周辺地域の岩質は、当時の周辺地域の気候が、西部内陸海路への近接によって亜熱帯のそれだったことを示しています — これは乾燥帯である現代のモンタナ州とは明確に対照的です。

以下はSCP-4003で発見された化石や物品の簡易リストです2

fossil.jpg

サイト-11に展示されている、復元されたTyrannosaurus rex(ティラノサウルス)。標本はSCP-4003から回収された。

gun.jpg

SCP-4003から回収された回転式拳銃。

SCP-4003は1871年、近隣のエバーウッド鉱山で働く金鉱夫によって発見されました。新しく彫られた坑道の地下深くから人間の死体が発見されたという報告を評価するため、財団のフィールド工作員が発掘現場に派遣されました。当初はHomo neanderthalensis(ネアンデルタール人)だと考えられていたものの、発見された頭蓋骨の解剖学構造はHomo sapiens(現生人類)のそれと同一でした。レベルII催眠暗示剤3が全ての関与した民間人に投与され、財団はエバーウッド鉱山の所有権を買収しました。その後間もなく暫定サイト-1200がSCP-4003の近くに設立され、発見地域の発掘が行われました。

時間異常部門によるSCP-4003の調査、並びに考古学的・古生物学的な取り組みは現在も進行中です。

補遺1: 回収された日誌
2008/07/26、良好な状態と判明した金庫がSCP-4003から回収されました。内容物は異常に保存状態が良く、経年劣化の兆候を全く示していませんでした。金庫から発見されたアイテムにはマスケット銃と回転式拳銃の弾丸、ロザリオ、ダゲレオタイプの写真、そして日誌が含まれています。日誌はテンペランスの保安官代理であった“ペンドルトン・ツイード”という人物の所有物であることを示すラベルが貼られていました。

テンペランス消失以降の記述のまとめは以下で閲覧可能です。

注記: 以下の記述は、現代基準で容易に理解できるように改訂・編集されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。