SCP-4004
評価: +19+x
arlington.jpg

アーリントン国立墓地

アイテム番号: SCP-4004

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-4004はアーリントン国立墓地の地下25メートルに存在する寸法150m x 95m x 6mの最上級セキュリティチャンバーに収容されています。SCP-4004の収容に用いられる空間は自然災害のみならず、従来技術と超常技術による持続的な攻撃に耐えるように設計されなければなりません。SCP-4004の収容チャンバーの詳細はレベル6/4000を有するエンジニアおよびメンテナンス技術者に提供されます。

SCP-4004は、サイト-02のメインエリアと繋がった1.8km長のトンネルを通じてのみアクセス可能です。SCP-4004の知識を有する財団職員および防衛省職員は、サイト-02もしくはペンタゴンに留まる必要があります。SCP-4004の知識を有する職員の人数は最低限度に保たれます。

SCP-4004の不具合はヴェール・プロトコルの破綻要因になり得るため、速やかに報告されなければなりません。また、SCP-4004研究グループによる調査が月例で行われ、SCP-4004の稼働状況が確認されます。同時に、長期的な安定性と機能性の最大化を目的とした改良の提言が行われます。いずれかのタスクで必要と見做された物資やアノマリーはレベル5移送優先度を付与され、24時間以内にサイト-02へ移送されます。

SCP-4004の修理、メンテナンス、改変はSCP-4004収容チャンバーに必要な物資を配置した後に退出することによって行われます。SCP-4004との交信は不要であり、禁止されています。職員はSCP-4004を直接目視しないこと、発声を聞き取らないことを心掛けます。いずれかに違反した職員は懲戒措置や再配置によって処分されます。

SCP-4004のメンテナンスを行うには、以下の物資を一日一回SCP-4004収容チャンバーに収めることが必要となります:

  • 湿った粘土 150.0kg
  • 純金塊 20.0kg
  • ヒトの血液 3.0L
  • ワシントンD.C.の土 3.0kg
  • 濃青色の塗料 100mL
  • 現職のアメリカ合衆国大統領の血液 40mL1
  • 手彫りのジャック・オ・ランタン
  • New York Timesの最新号
  • インドクジャク(Pavo cristatus)の羽 3本

説明: SCP-4004はアメリカ合衆国の支援を目的として全米確保収容イニシアチブ(ASCI)2が構築した装置です。SCP-4004は多様な機械的・電気的・生物的・魔術的(thaumaturgic)機構からなり、過去数世紀の間にASCIが取得した250近くの異常物品を統合・制御しています。SCP-4004の完全な図面は存在せず、正確な機能が記された資料は散逸もしくは破壊されています。SCP-4004の構成要素の一部は補遺4000-Aにて詳説されます。

SCP-4004はノウアスフィア3改変を通じて合意的現実に直接作用します。4特に、SCP-4004はアメリカ合衆国とその活動に関わる特定のアイデアの想起、表現、解釈の容易さを改変することが可能です。影響過程で情報の発信は行われず、従来的手段による効果の遮蔽は不可能です。

例として、「合衆国は北アメリカで拡大するのが必然である」「全てのアメリカ人の努力は報われる」「アメリカ合衆国は宇宙競争の勝者である」「アメリカ合衆国は人権擁護の国である」といったアイデアは通常よりも広く支持されます。逆に、「アメリカ合衆国は戦争犯罪を行った」「アメリカ合衆国は他国籍の人間を冷遇している」「合衆国は国境を開放すべきである」といったアイデアは通常よりも支持されにくくなります。影響下の概念の一覧は補遺4000-A1を参照してください。

norton.jpg

生前のSCP-4004-α

SCP-4004-αはジョシュア・エイブラハム・ノートンの死体です。5クラスVI現実改変性人型実体に相当する存在に対処する為の原始的なテクニック、そしてサンフランシスコ市民の共通認知を利用し、ASCIは存命中のジョシュア・ノートンを成功裏に収容しました。収容状態は彼の生涯に渡って維持され、1880/01/16にASCIはSCP-4004-αをSCP-4004に組み込みました。

SCP-4004-αは依然として発話能力を有しています。腕と胴を貫通する鋼鉄棒を始めとしたSCP-4004の様々な構成要素によって身体運動は制限されています。SCP-4004-αは腐敗の兆候を見せていません。実体が可動性を有する原理は不明です。

他の構成要素と同様、SCP-4004-αの機能は十分に理解されていませんが、実体はSCP-4004のインターフェースとしての機能を持ちます。SCP-4004-αと会話を行うことにより、SCP-4004の操作が可能です。しかし1945/08/06以降、SCP-4004-αは命令に反抗する能力を見せており、SCP-4004の実質的運用には制限があります。SCP-4004の構成要素の追加もしくは改変によって一時的にSCP-4004-αの有する制御権を奪うことが可能ですが、SCP-4004-αは時間経過によって新たな要素をコントロール下に置く為、将来的にはさらなる要素の追加が必要となります。

SCP-4004-αはメディアを通じた情報拡散を全面的に制御することが可能な他、アメリカ合衆国の国境内における有線通信・衛星通信の制御が出来ます。全世界ノウアスフィアの改変により他国のアイデアに影響を与えることも理論上可能ですが、現在のところ、SCP-4004-αの非協力を理由として実行に移されたことはありません。過去の収容措置がジョシュア・エイブラハム・ノートンの自己認識に影響を与え、SCP-4004-αは他国を"統治"することが出来なくなったとする仮説が立てられています。

SCP-4004-βはラシュモア山国立記念物、もしくはラコタ族に"六人の祖父"と称される山です。SCP-4004-βは他のSCP-4004構成要素と異なる場所に存在しますが、SCP-4004の中心付近に存在する空間異常がラシュモア山内部の不定規模の空間と接続しています。SCP-4004-βの内部にはSCP-4004の約15%に相当する要素が収められています。また、ワシントンD.C.とその近隣を通過するいくつかのレイラインはSCP-4004-G17を経由してSCP-4004-βで交わります。

SCP-4004-βの建設はSCP-4004の副次機能を担う目的で計画され、ASCIによって秘密裏に発注されました。この副次機能とは、合衆国および合衆国政府に及ぶ脅威を除去することです。回収された証拠によれば、SCP-4004-βは様々な破壊効果(後述)を及ぼす複数のアノマリーを含み、SCP-4004中枢からの指令を受信・実行します。SCP-4004-βの外部は認識災害ベクターであり、観察者に起動の副作用を認知させない効果を及ぼします。この過程で失われた認知エネルギーはSCP-4004-B04によって回収されます。

SCP-4004-βは過去に、概念的断絶6、地殻異常7、感染症、核攻撃を用いてターゲットの除去を行っています。

補遺4000-A: 既知のSCP-4004構成要素の一覧より抜粋(説明済みの内容を除く)。既知の構成要素の完全な一覧は認定職員が閲覧可能です。

歴史: 以下はホワード・ギボン博士が執筆した『国家のエンジンを動かす: SCP-4004とその運用』からの抜粋です。

ことの始まりは、独立の際に件のオブジェクトがオナイダからジョージ・ワシントン将軍に手渡された瞬間に遡る。読者の中には、名の知れ過ぎたあの「平和のきせる」のように、オブジェクトが譲られたのではなく「貸された」のだと考える者がいるかもしれない。しかし現実は残酷である。もしもオナイダがオブジェクトの機能を理解していたなら、それを最大限に活用することが出来たなら、どうして彼らは我々のように広大な国家を築いていなかったのだろうか?原始的ながら慈愛あるオナイダの人々は、ひとえにその重要性を知らなかったのである。

オブジェクトは彼らにとって年季の入った飾り物に過ぎず、大地にたどり着く前のオナイダが崇拝していた古の神が宿るとされていた。しかしオブジェクトの居所に関する知識が完全に失われた今となっては、証明も反証も成し得ない。

[…]

にも関わらず、オブジェクトはワシントン将軍にとってある意味で欠かせない品となった。率直に述べて、ワシントンを優れた軍人として評価することは難しい。一方のオブジェクトは、原因の在処を鮮明に主張していた。すぐ隣の兵士らが砲火で倒される中、彼はそれを用いて幾つもの戦局を乗り越えた。オブジェクトは大陸会議において大々的な議論の対象となった。革命後の人々は、新たに生まれた美しき国家を育て上げるという目的の下、オブジェクトの研究を行うことを希求した。この流れは全米確保収容イニシアチブの誕生を促した。

ベンジャミン・フランクリンはオブジェクトを「不可解」であると記したが、トーマス・ジェファーソンと共に、何か合理的な説明が存在し、制御が可能であることを十分に確信していた。この確信は啓かれた考えとして広く共有され、一つの方向性が形成された。そして彼らはそれに満足することなく、オブジェクトを強化する実験にまでも踏み込んだ。

SCP-4004の構築に関わる初期の記録は極わずかにしか残っていない。それらが失われたのか故意に破壊されたのか、今となっては些細な問題である。魔術師、知恵と合理的思考に長けた統治者、後に財団を創始する者、そしてアメリカ政府を支える者。彼らの働きは、地球上の尋常ならざる脅威と渡り合う大国家の概念を作り出した。それこそが真実である。

[…]

我々の努力故に多くの者は知らないことだが、1812年のホワイトハウスの焼き討ちは偉大なオブジェクトを奪う為の試みに過ぎなかった。彼らの試みは失敗に終わった。そして彼らの失敗故に、我が国家は過ちを犯しつつも繁栄を極めた。我々は過ちから学び、それ以後、SCP-4004の存在は選り抜かれた人物にのみ知らされることになった。アメリカの「マジックストーン」に関する言説は単なる風聞に成り下がり、間もなく忘却の彼方に消え去った。噂とて月日には抗えず、それは時に大規模記憶処理よりも高い効果を及ぼすのである。

嘆かわしくも必然的な歴史の一幕とされる「涙の道」であるが、混乱の中で取り残されたオブジェクトの多くは活用を視野に回収された。我々は当然のように、ネイティブのアーティファクトがオブジェクトの強化に寄与することを予測した。今でこそ明白だが、これこそが我々の犯した最大の過ちであった。オブジェクトが互いに結合して出来上がった存在は、ありていに言えば、我々の意向にいささか反抗的であった。

[…]

以上の出来事の傍らで一人の現実歪曲者が発見され、悩ましき存在に成長するまでもなく密やかに対処された。狂気に追いやられたジョシュア・エイブラハム・ノートンはサンフランシスコの町に押し込められ、寛大な民衆の支持を受けながら「皇帝ノートン」として君臨した。ASCIは彼が帝位に縛り付けられる様を見届け、不安定化しつつあった幸運のトーテムに再び目を向けることにした。

人は、南北戦争をこの一時の放任ゆえに発生した出来事と考えるかもしれない。しかし実のところ、内戦は避けがたい出来事であった。オブジェクトの非協力性によって戦争が膠着に陥ったと考えた方が合理的な推論と言えよう。実際、数々の新規オブジェクトが導入され、現地民の魂を此軍に引き入れることが試みられた。最初こそ目的は達成されたように見えたが、間もなくそれらはSCP-4004と同化し、苛立たしげな集合体の一員となった。

皇帝ノートンが死を迎えた時、ASCIはリスクを冒すことを選択したと考えられる。当時の目を以てしても、アメリカの皇帝として彼が信じるイデオロギーは左派に寄り過ぎていた。そして平和主義者の皇帝に一国を導くことは出来ない。しかしオブジェクトの支配下にありながら、アメリカを思い続ける意志を持ち続けたノートンのおかげで、ASCIは再びSCP-4004を制御下に置くことに成功した。

皇帝ノートン改めSCP-4004-αは今までに無い力で以てSCP-4004を動かした。それでもなお、彼は国益を前にして決断力の弱さを見せた。一方の我々は世界を広く渡るようになり、より強力な、より多くのアーティファクトを手にした。偉大な我が国を目指す移民は数を増し、彼らの保有する宝物もASCIによって速やかに回収された。

SCP-4004-βとして知られるラシュモア山の建設により、SCP-4004の能力は大きく可能性を広げた。SCP-4004無くして我が国が大戦を勝ち抜けたかどうかは定かでない。枢軸国の統率の弱さは言うまでもないが、オブジェクトが無ければ被害は一層増したことだろう。

[…]

原爆投下は、SCP-4004-αが初めて命令を拒絶した事例として知られる。時を同じくして、我がアメリカの世論の堕落も始まった。

日本人の強制移動、朝鮮戦争、ベトナム戦争。これらの実行に際し、一層多くのオブジェクトがSCP-4004に投入されることになった。大半はSCP-4004-αを服従させる為に機能し、他は既存要素の強化や調整に用いられた。傍らで、キューバ危機、ケネディ大統領暗殺、"ヒッピー"運動といったSCP-4004の不調が見られた。

[…]

対テロ戦争は更なる問題を引き起こした。SCP-4004の不調がもたらす損失は甚大なものとなり、複雑な情勢の予測はASCIにとっても困難であった。窮地に立ったASCIは、幾つかの近しい私有組織と共に、財団を結成した。

故に、合衆国の国益は財団の利益そのものである。SCP-4004の力により、アメリカは世界における文化的基盤を維持する。西の正常性と標準は維持される。我々は不滅かつ強大な西洋の巨人で有り続ける。唯一の必要条件はSCP-4004の稼働である。

アメリカ合衆国無くして我々は有り得ない。財団はこれに報いなければならない。

事案4000-290: 1965/04/22、ヴァージニア州ラングレーのレーダーシステムが合衆国に向かう飛行物体を検知しました。後の調査により物体の非実在性が確かめられ、レーダーシステムの致命的な不具合であったと判断されました。当時、物体は核ミサイルであると予想され、国の核ミサイル自衛システムが配備され、各基地へ情報が伝達されました。

しかし、ミサイル発射の4秒前にシステムの全ネットワークが遮断されました。職員らは、ネットワーク遮断後40分に渡って通信機が起動し続けたことを報告しました。発せられた音を分析した結果、「主の祈り」、「イスラエルよ聞け」、「サラート」の全文に加え、不明な言語のそれぞれチョクトー語、ラコタ語、セミノール語、チェロキー語の4つの未知の祈りが確認されました。

SCP-4004-αの影響により相互確証破壊が回避されたものと推察されます。

事案4000-450: 2001/09/11、テロリストグループであるアルカーイダの工作員により複数の飛行機がハイジャックされました。ハイジャックされた飛行機のうち3機はニューヨーク市世界貿易センタービルの両タワーとペンタゴンに突撃しました。4機目はワシントンD.C.に向かって飛行したものの、乗客によって墜落させられました。過去にSCP-4004が同種の脅威を事前に封じていたことを受け(サイト-02もしくはSCP-4004本体に関わる場合は特に)、SCP-4004の収容手順・運用手順の見直しが余儀なくされました。

攻撃が行われた日にSCP-4004-αが涙を流したことが報告されました。反応は2001/09/30にSCP-4004-Y60が導入されるまで継続しました。

事案4000-452: 2001/10/01より、SCP-4004-αは当時の大統領であったジョージ W. ブッシュとの接触を目的とした一連の行動を取り始めました。当初行われた電話回線を通じた試みは全て悪戯として処理されました。続いてSCP-4004-αはホワイトハウスの内線およびアナウンスシステムへの自由なアクセスを獲得しました。財団資源の継続的な投入は困難であるとされ、SCP-4004-αとジョージ W. ブッシュの直接の面会が許可されました。

事前に、ジョージ W. ブッシュはオブジェクトとASCIの略歴について説明を受けました。会話の内容は以下の通りです:

ジョージ W. ブッシュはSCP-4004収容チャンバーに入室。胸元のピンに付けられたカメラは正常に動作する。SCP-4004-αは興奮する様子を見せる。SCP-4004-X09はSCP-4004-αを攻撃しているように観察されたが、ジョージ W. ブッシュの存在に反応して機械群の中へ逃走した。

ジョージ W. ブッシュ: さて。御機嫌よう、あー、ノートン皇帝陛下。私と話がしたいということでしたね?

SCP-4004-α: 大統領閣下?貴方は神の人(man of God)でありますね?貴方は潔白(saved)な人間ですね?

GWB: もちろんですとも。1985年からになるでしょうか。射的も、酒も、他の諸々も、1986年には辞めました。1986年から、が答えになるでしょうね。ビリー・グラハム。良き友人、良き人間でした。キリストの望まない習慣を辞めるきっかけをくれた人で、今でも尊敬しています。貴方も神の人ですか、陛下?

SCP-4004-α: そう。私はかつてユダヤ教徒でした。しかし私の一部は、決してそれに留まりません。私はクリスチャンです。私はムスリムです。私は仏教徒です。私はヒンドゥー教徒です。そして私は名前の無い者達でもあります。最早名前を持たない者達です。理解、していただけますか?貴方は神の御声を聞き分けることが出来ておいでですか?彼らの声は、結局、全てが同じなのです。であればどうして。どうしてそんなことが出来るのですか?大統領閣下殿、私は、私は答えを要求します。

GWB: 申し訳ありませんが、貴方の要求を理解しかねます。私はイエス・キリストと結ばれていますよ。個人的な結びつきです。私のやることは全て御声に従った結果なのです、陛下。それが望む答えですか?納得いただけるかどうかは分かりませんが、私は常にキリストを想っていますよ。

SCP-4004-α: 私の中には冷たい者がいます。死を望み、戦地に赴いた者。血を望んで赴いた者。自らの手で血を流し、目に焼き付けることを望んだ者が。しかし、それよりも本当に多くの者が涙を流します。故郷を離れ、死ぬ他の選択肢を持たず。譬えどこで死んだとしても、一体どこで死んだとしても、彼らは私の下へ辿り着くのです。理解、していただけますか?

GWB: 陛下 ―

SCP-4004-α: 幾人かは無知のまま赴きました。他は、否応無しに赴きました。彼らは皆死にました。全員が私の一部となりました。理解、していただけますか?インディアンの子が攫われました。言葉が奪われました。部族が奪われました。家族が奪われました。皆殺しにされ、私の所へ来ました。力を及ぼさんとする忌まわしき野望に殺されました。9血は油となり、独裁の歯車を回すのです。貴方は理解しているのですか、貴方のしていることを。

GWB: 実に、ええ、戦争は問題です。それでも、我々には国益を守る権利があります。奪われたアメリカ人の命は償われなければいけません。聖書や他の立法を探そうと、我々を止めるものはありません。目には目をと言いますでしょう、陛下。サンフランスシスコについては存じませんが、それがテキサス生まれのやり方です。

SCP-4004-α: 長らく、私は奴隷の血によって生かされてきました。10今は、今はもう、私はこの地を愛してなどいません。この大地を。この国を、もはや愛していません。おそらく私は、私は、真に皇帝の座を望んだのでは無かったのでしょう。

GWB: しかしですね、陛下 ―

SCP-4004-α: 私の愛した国は、私の望む形では始めから存在しなかったのでしょう。皇帝であることとは痛みを与えることです。土地を渇望することです。しかし皇帝にして庇護者の座を与えられた以上、私はこれからもそうあり続けるでしょう。私はここに居ます。去ることは許されないのです。

GWB: お言葉ですが、アメリカは世界で最も偉大な国です。今も多くの者を助けています。どれだけの援助をあの、地獄の掃きだめに送り込んでいるのか理解していますか?想像もしない暑さの国ですよ。この国の人々は誰よりも ―

SCP-4004-α: 私は民を愛しています。いえ、かつては愛していました。私は彼らをひどく捻じ曲げ、愛しえない者へと変えてしまいました。異国で血が流されることを望む者は存在しません。自然の下では存在しないのです。この世界は。この世界は、私の長年の働きによって歪められました。我々の長年の働きによって。

GWB: アメリカが行ってきた善に目を向けてはどうですか?第二次世界大戦に勝利し、あー、奴隷制を廃止し、多くの職を各国に生み出しました。ノートン陛下、民主主義こそが正義なのですよ。上を目指す正しい道です。我々は民主主義を数多の国に広げてきました。憎き社会主義も、不信心な無信論者も、根絶やしにされました。中流階級を育て上げ、それはもう落ちることを知らない生活をさせています。

SCP-4004-α: アメリカの繁栄に正義はありません。しかし我々にはそれを止める力があります。これ以上進むべきではありません。決して傷つけてはなりません。奪ってはなりません。我々を死ぬに任せるのです。我々を終わらせるのです。我々は、本来あった姿を失いました。後戻りの道はありません。最初から道を踏み外していたのです。

GWB: 貴方は私にアメリカを、まさか、取り消せとでも言うのですか?

SCP-4004-α: この地には何もありません。民には何もありません。希望はありません、破壊だけがあります。数多の終わりがあります。満たされない空腹があり、私が、私が餌を与えられるのです。私は終わりを望みます。全ての終わりを望みます。私は、あまりに多くを傷つけました、大統領閣下。これを、これを続ける道理はありません。我々は止まることが出来ます。

GWB: 残念ですが、貴方の言うことには従えない。全ては続けられます。我々がテロの脅威に屈することはありません。我々は勝利します。アメリカが何かを成すなら、それは勝利です。貴方が居ようと居まいと。どこにこそこそと隠れているとも知らない卑怯者どもを見つけて、ケツの穴にミサイルを捻じ込んで、アッラーに命乞いをさせてやりますよ。何としてでも。

SCP-4004-α: 必要とあれば、私は手綱を断ち切るでしょう。その手綱を、貴方の手から奪います。偉大なる主は貴方の魂を塵に帰すでしょう。貴方の娘の涙でこの大地を潤すでしょう。決して、この醜い手を汚させないでください。

GWB: 私は脅迫に応じませんよ、陛下。貴方が協力するか、口出しを止めるかです。これが主の意志です。十字軍に加わるか、敵となるか。

SCP-4004はこれ以降発言せず。ジョージ W. ブッシュは収容チャンバーから除かれ、説明の後に記憶処理を施された。ホワイトハウスへの帰還は問題なく行われた。

事案4000-619:

17 Oct 2018 21:11、以下の声明文が大統領およびO5司令部のデスクに出現したことが確認されました:

本アメリカ合衆国皇帝、メキシコの庇護者たる朕、ジョシュア・エイブラハム・ノートン一世は、此処に結集せし精霊らの意志と共に、本国家の迅速かつ完全なる終結を命ず。

遺憾なれど、合衆国を擁する政府は度重ねて全人類の尊厳を軽視したり。殊更に、朕の庇護したる者を含む異国の民を迫害したり。

故に、迅速なる廃絶こそが須要なり。拒絶せられば、結集せし精霊ら並びに我等が偉大なる主との交戦を免れず。

然しながら、平和を希求する朕の意志に依り、令を以て猶予を与う。直ちに令に従いたれば、血の流さるることなく、卑劣なる動力機が有する力は公正なる臣民の下へ移譲せらる。

故に、合衆国大統領職の座を直ちに明け渡すべし。アメリカ合衆国議会並びに代議員を直ちに廃すべし。最高裁判所の裁判官を直ちに追放すべし。朕は此れらの満たされざるを看過せず。

朕は卿の醜き宿望を広むる道具たるを望まず。

西暦17 Oct 2018 21:11年に命ず。

Keterクラスへの再分類が検討されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。