SCP-4016
評価: +6+x
twine.JPG

収容中のSCP-4016、鞭を出現させている。

アイテム番号: SCP-4016

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4016は現在、サイト-32の専用の収容房で収容しされています。収容房の内装はSCP-4016の発見地点にあったものと類似したものとします。SCP-4016へのアクセスは、レベル2以上の職員に制限されています。

SCP-4016を使用する実験には、レベル3職員1名の承認が必要です。 SCP-4016はいかなる齧歯目との接触も許可されません。1

SCP-4016を担当する研究員は交代で週毎に収容房を訪れ、訪問中に達成可能な単純な作業を割り当てます。SCP-4016から良好な反応が得られた作業はサイトの食堂で使用する野菜の下処理(例:ジャガイモ、トウモロコシの皮剥き、タマネギの薄切り)、収容房の清掃、色褪せた小さな装飾品の塗り直し等です。

すべての特筆すべき反応は記録され、SCP-4016の研究主任に報告されます。

説明: SCP-4016は麻紐で構成された知的人型実体です。身長は約15cm、重量は約10gです。SCP-4016の主な異常性は自身を構成している麻紐を操り、掃除用具、尖筆、単純な武器などを含む様々な用途の道具を作り出すことです。

SCP-4016は外観からは感覚器官を有しているようには見られないにも関わらず、視覚的、聴覚的な意思疎通に反応することができます。また、麻紐を利用した身振り、シンボルを通して意思疎通が可能です。

補遺-4016-1: 回収

2003年6月28日、アラバマ州パインタッキーの市当局は'腐ったような悪臭'が古い農家から発生しているという通報を受けました。調査のため、警察官に変装した財団職員が送られました。農家に入ってすぐ、職員は約50匹のイエハツカネズミ、0.25kgの麻を巻かれた苔玉、崩され建物の周囲に散乱した干し草の中からSCP-4016を発見しました。捜査主任のエージェント・エヴァーウッドがSCP-4016に財団のセーフハウスまで同行するように説得することに成功しました(回収ログの書き起こしを参照)。

SCP-4016の製作者及び未発見の実体を特定する調査は進行中です。建物の所有者の出現に備え、財団職員が納屋に駐在しています。 ドッグタグ及び麻紐の山は納屋から回収されサイト-32に移動されました。

補遺-4016-2: 実験及び行動観察

SCP-4016はサイト-32に移送された当初、頻繁に動揺したり、身振りで何らかの作業(清掃、番人、その他)を要求する様子が観察されました。研究員によりSCP-4016を構成する麻紐に劣化が見られたことから、SCP-4016に本来の職務であるハツカネズミを駆除する作業を与えることが提案されました。

SCP-4016の収容房にイエハツカネズミが導入されました。SCP-4016はハツカネズミを発見し認識すると、麻紐の鞭を表しハツカネズミを拘束しました。しかし、SCP-4016は動きを止め、ハツカネズミから後ずさり、研究員の近くに戻りました。SCP-4016に続行の意思を尋ねると、頭を激しく横に振り鞭を部屋の床に置き、両方の手を研究員に伸ばしました。

ハツカネズミは収容房から取り除かれ、研究員はSCP-4016に新しい作業を見つけると保証しました。後に、SCP-4016が最初に発見された納屋に隣接する農家にあった様々な道具が持ち込まれました。SCP-4016は食料品や小さな装飾用の記念品に強い興味を示し、様々な道具類を出現させて、当該物品を用いて作業する意欲を見せました。

2014初頭現在、SCP-4016のサイト移送時に被ったほとんどの損傷は修復されています。胸部の一部には若干のほつれが存在しますが緩やかなペースで回復しているようです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。