SCP-4031
rating: +11+x

次のファイルはサイト-82の研究棟で発見されました。

アイテムナンバー: SCP-4031

オブジェクトクラス: Euclid

脅威レベル: 未定

特別収容プロトコル: N/A

説明: SCP-4031は構造、量、由来が不明な、強力で即効性のある記憶処理用品1です。

視覚的、嗅覚的、味覚的、聴覚的、触覚的、およびミーム的な範囲内の対象は、短期間の記憶喪失、解離、および酸性の後味を持続します。 この記憶処理用品の使用は男性の人間が起源の発声をもたらします。 また暴露した被験者から、尋問に際して発声の存在に関する確証を得ることは不可能です。

実験記録: 以下はSCP-4031との一連の相互作用とされるもののリストです。相互作用はリアルタイムでログに記録されませんでした。未知の対象(ら)が記録場所で相互作用を記録しました。インプットには異なる人物、物体、概念的構成物が含まれます。結果には、複数のレベルの概念的想起が含まれます。

インプット 実験結果
D-5548 忘却された。
D-5547の想起 N/A
D-5548 対象は死亡した。
D-5549によるD-5548の想起 忘却された。
ストロベリールバーブパイ 忘却された。
パイ N/A
味覚の感覚 N/A
忘却された。
肉質的な構造。起源不明 消費された。
失血 忘却された。
失血 N/A
N/A
対象は死亡した。
新しい実験 想起された。
想起された。
研究室の鉛筆 想起された。
D-5549 N/A
ウェストリン博士 忘却された。
ウェストリン博士 N/A
オルテガ研究助手 忘却された。
オルテガ研究助手 N/A
スモールズ研究員 N/A
プロジェクトリーダー・シュウラン 忘却された。
発声 N/A

補遺: 研究職員はSCP-4031を検査する目的でクラスW記憶補強薬を投与されました。記録場所では死亡した白人男性が裸体で出現しました。対象は裂傷、皮膚の変色、衰弱、脱毛、左鎖骨の骨折、および口腔内の失血を有していました。特に、対象は重大な頭蓋損傷を受けていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。