SCP-4048
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-4048

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団はニューオーリンズ市とシカゴ市のフォークリフト検定プログラムのスポンサーです。これらのプログラムは安全に関する誤った情報や不十分な教習のような誤りを意図的に含みます。これらのプログラムに参加する市民は以前取り消されたフォークリフト検定の認定について、その背景を確認する必要があります。これらの条件を満たす対象にはSCP-4048-1に関係する可能性のある情報についてインタビューが行われ、その後Aクラス記憶処理が施されます。

説明: SCP-4048は直径約37メートルの円盤形物体です。SCP-4048は不定期の飛行と完全に不可視状態になることが可能です。このように、デルタイベント外でSCP-4048を観察することは非常に困難です。SCP-4048は多数の地球外生命体が搭乗していると考えられています。

時々、SCP-4048はデルタイベントを発生させます。デルタイベント中、SCP-4048は対象上を浮遊します。全ての対象は以下の共通する特徴を持ちます。

  • 対象はニューオーリンズ市、もしくはシカゴ市の倉庫に雇用されている。
  • 対象は仕事の一環として定期的にフォークリフトを使用している。
  • 対象はフォークリフト検定認定者である。

一度対象がレム睡眠に入ると、30分から1時間の間自宅から自然に消滅します。これはSCP-4048が肉眼で観察できる唯一の時間であり、対象の居住地の上に存在します。その後、彼らはベッドの中に再出現します。

対象は尋問室の内部で目を覚ましたことと、フォークリフト操縦者としての任期を質問されたことを覚えていると主張します。この質問には通常、仕事場における彼らのフォークリフトの能力、効率、使用法、そしてフォークリフト操作の知識に関する質問が含まれます。この質問の後、対象はベッドに再出現します。

デルタイベント後、対象の約63%は未知の原因によってフォークリフト検定の認定が取り消されます。加えて、対象が今までフォークリフト検定を認定された証拠は全てこのイベント中に何らかの方法で取り消されます。

追記01: インタビュー記録

追記02: 事案4048-09

実験の一環として、財団はSCP-4048との対話を試みました。複数の言語、2進数、ピクトグラフがSCP-4048に送られました。SCP-4048はピクトグラフに応答し、以下に記録される一連の返答を送りました:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。