SCP-408-JP
評価: +40+x
IMG_20160224_123933[1].jpg

SCP-408-JP

アイテム番号: SCP-408-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 回収されたSCP-408-JPは低危険物ロッカーに保管してください。未回収のSCP-408-JPの出現を予測する方法は確立されていませんが、出現の際オブジェクトを可能な限り特異性未発揮のまま回収するため、プロトコル“無差別郵便テロ警戒キャンペーン”を継続してください。プロトコルの成果により警察に持ち込まれたSCP-408-JPは、財団の潜入エージェントを通して偽造品と交換・回収してください。

説明: SCP-408-JPは特異性のないビニールで包装された、各100枚組の長形3号サイズの封筒セットです。SCP-408-JPは通常、「何らかの組織・団体」のオフィスもしくは代表的人物の自宅に、近隣の文房具店名義で商品として配達されます。対象団体に関連や法則性は確認されていません。SCP-408-JPのどの一枚にも、その封筒を通常の方法で発送した場合に「送り主」と自然に見做される位置・大きさで、当該団体名がプリントされています。団体のメンバーは、いずれもSCP-408-JPを注文した記憶がありません。しかしかなりの確率で、受領者はその封筒を使用してしまいます。これは単に外観上の自然さから、別のメンバーが注文したものか、あるいは自ら注文して忘れてしまったのだと錯覚するためです。

SCP-408-JPの特異性は、オブジェクトを一枚でも通常の方法で使用し、発送を有効に行うことで発揮されます。具体的には以下の行為が欠けている場合、オブジェクトは特異性を発揮しないことが分かっています。
・宛先の明記。
・正当な料金の支払(切手の貼付など。着払いや料金後納も、手続きを問題なく行えば可能です)。
・有効な方法での配達依頼手続(ポストへの投函のみでも成立)の完了。
なお、受取人転居などの理由で、結果的にSCP-408-JPが相手方に届かなかった場合でも、特異性は妨げられません。

特異性が発揮されると、SCP-408-JPにプリントされていた「送り主」団体の全構成員は、その団体名の文言を忠実に体現した存在になるように改変されます。部署名や代表者名を書き加えていた場合でも、特異性の有効範囲がそれに応じて縮小されることはありません。
以下はSCP-408-JPを受領した団体の一部に関する記録です。

団体名:██高校写真部
実態:クラブ活動としての実態はほとんどなし。同校では校則上いずれかのクラブの参加が義務付けられており、部活動に不熱心な学生のたまり場と化していた。
曝露結果:幽霊部員が皆無となり、全員が熱心な写真撮影の愛好家となった。

団体名:█大ソフトテニス同好会
実態:テニスを掲げているが、実際にはメンバー同士、または他大学の学生と広範な性的交流を持つことが主目的のグループ。
曝露結果:全員がソフトテニスに熱心に打ち込むようになった。数年後に国際大会に出場し有名になった████選手は、本サークルでテニスを始めた代表的人物である。

団体名:███大アニメ研究会
実態:上記大学のアニメファンサークル。メンバーの一部は、年2回ほど既存のアニメキャラクターを用いたポルノグラフィックな短編漫画集を創作・発表するのが通例であった。
曝露結果:メンバー全員の参加のもと、最新の同人誌が発行された。内容は技術面、経済面、美術史、女性学、記号論、ポスト構造主義等様々な観点からアニメーションについて考察した全584ページの論文集(上下巻)であった。ほとんどが売れ残ったにも関わらず、メンバーは同誌の出来栄えに深い満足を示した。

団体名:祖国を愛する日本人同盟
実態:外国人移民排斥を求めるデモとヘイトスピーチを主な活動内容とする団体。
曝露結果:メンバーは外国人への敵意を大幅に喪失した。代わりに遺跡発掘ボランティアの参加、伝統芸能の習得などに余暇時間の多くを割くようになった。

団体名:海のいのちを奪うことを許さない市民グループ
実態:反捕鯨団体。
曝露結果:多くのメンバーが海岸にて釣り客に対し暴力行為を行い、逮捕された。その他のメンバーは鮮魚店、寿司屋を襲撃し、同様の結果となった。なお、河川や湖沼で釣りをしていた人物を襲った者はいなかった。

団体名:痴漢冤罪被害者の会
実態:痴漢冤罪で無実を勝ち取った元被疑者と、現在係争中の被疑者が計8名。及び彼らの家族と支援者で構成される人権団体。
曝露結果:冤罪被害者本人たち以外の、家族・支援者のメンバーが立て続けに痴漢で逮捕された。メンバー最年少で、代表者の息子である13歳の少年だけが逮捕を免れていたが、半年後になって逮捕された。逮捕当日は彼の14歳の誕生日であり、刑事責任年齢に達すると同時に特異性が発揮されたものとみられる。なお「冤罪被害者」8名のうち2名のみ、新たに痴漢の疑いを掛けられたことは、彼らの事件が実際には冤罪でなかった疑いを生じさせる。
201█年█月█日現在、メンバー中28%の者の無罪が確定。残りは係争中である。

団体名:いじめ殺人被害者の会
実態:いじめによって家族を失った被害者遺族の団体。主な活動は、いじめの被害児童や保護者の相談受付、学校に対する勧告など。
曝露結果:[削除済]

団体名:有害ゲームに子どもを殺された親たちの会
実態:強姦殺人の被害少女の両親が中心となった、ゲーム規制のための圧力団体。同事件は加害者がTVゲームファンであったことを大々的に報道された。
曝露結果:メンバーは全員、様々な原因で1人以上の子を失った。多くがスポーツ試合 ゲーム中の事故死であった。数名の児童は一見不可解な原因で死亡し、所持していた携帯電話やスマートフォンからSCP-████のデータが確認された。
なお、すでに長女を殺されているため条件を満たしていると思われた代表者夫妻の次女も死亡した。これについて、財団職員D-5963081から当時の事情を聴取した。D-596308は「あの女子中学生は可愛かったから襲っただけだよ。別にゲームは関係なかったぜ?」と回答。ポリグラフ検査で偽証無しと判定された。

団体名:SCP財団日本支部
実態:省略。
曝露結果:曝露せず。サイト-81██の表の顔であるフロント企業宛てに届けられた小包から発見される。秘密組織としての性質上、財団名を明記した封筒を使用する機会がなく、██事務員が不審に思いながらも引出しに死蔵していたもの。SCP-408-JPの存在を財団が把握した後、関連を疑った██事務員が提出し、収容された。送付元は財団の存在を知っていると判明。

団体名:██川のほたるの会
実態:██川流域の自然環境回復につとめ、蛍の自然繁殖を試みる市民のグループ。
曝露結果:メンバー全員が行方不明となった。相当数のメンバーについて、「河原に向かって歩いて行った」という目撃証言がある。同年の夏、周辺地域にてゲンジボタル(Luciola cruciata)が急増した。特異性の結果である蛍とそうでない蛍を判別することはできなかった。

団体名:ちゅーりっぷの会
実態:児童福祉団体。
曝露結果:メンバー全員が行方不明となった。彼らの自宅やよく行く場所にそれぞれチューリップ(Tulipa gesneriana)の花が各一輪ずつ落ちていた。本人達の消滅およびチューリップの出現について、その途中経過についての記録及び証言はなく、すべて目撃者及び録音録画機器の存在しない場所で発生したと考えられる。

団体名:にこにこヒマワリの会
実態:障害者福祉団体。
曝露結果:「ちゅーりっぷの会」とほぼ同様であるが、通常ひとつのヒマワリ(Helianthus annuus)と見なされている花の集合体が各一組ずつ残されていた。特筆すべき点は、一部の筒状花2が黄色ではなく黒色であった。黒の筒状花は3本の弧状に並んでおり、研究者たちは「人間の微笑んだ顔に見える」と報告した。DNA解析の結果、遺伝子異常に起因することが判明。色彩異常以外の特異性は認められない。
-「なんで福祉団体ってのは花の名前を付けたがるんだ?」(██研究員)

団体名:███チーターズ
実態:少年野球チーム。
曝露結果:午後0時50分頃、メンバーが通う小学校において15頭のチーター(Acinonyx jubatus)が出現。記憶処理の上、カバーストーリー「動物園からの猛獣の脱走」を適用、児童が襲われて死亡したものと発表した。実際にはチーターらは捕食活動を行っておらず、襲われたと発表された消失児童はチームメンバーだった少年達である。発生時刻から、給食の直後であったことがチーターの空腹状態に影響した可能性が高いと考えられている。

団体名:龍神会
実態:広域指定暴力団██組傘下の暴力組織。
曝露結果:同団体の活動する市内各地にて、巨大な爬虫類様生物██体が出現。機動部隊に-8("地域猫")を初めとする数チームの部隊が出撃。 [削除済]の犠牲を出しながらも事態の収拾に成功した。それぞれの特異性発現地において、カバーストーリー「集団幻覚」「特撮映画ロケ」「連続爆弾テロ」及び「下水に棲んでいた大型爬虫類」が適用され、目撃者の記憶処理が行われた。

団体名:世界オカルト連合(GOC)
実態:省略。
曝露結果:曝露せず。GOCはオブジェクトを既に焼却済とのこと。曝露を免れた理由は財団と同じであると推測されている。なお、GOCにオブジェクトが送付された事実は、GOC側から財団に連絡があり判明。財団も既に送付を受け収容済みである旨を伝えると「諸君らが超常存在の大集団とならなかった幸運に感謝しよう」との回答を得た。

団体名:██民主主義人民共和国
実態:国際的に孤立した軍事独裁国家。指導者崇拝を国民に強要しており、政治犯への苛烈な弾圧で知られる。
曝露結果:民主化運動の急激な盛り上がりにより体制が崩壊。議会制民主主義に基づく新政府が樹立され直ちに国政選挙が行われ、民定憲法の下にそれまでの法律の殆どが撤廃・改正された。同国の経済は急速に回復し、言論は西欧諸国のレベルと同等もしくはそれ以上に自由化されている。曝露前の同国政府が自他国民に為してきた暴虐について、関係者の裁判が進行中である。
-「これで我々はDクラス補充のための気前のいい供給元をひとつ失ったわけだ。彼らが提供してくれる最後のDクラス職員は、彼ら自身となるだろう」(O5-4)

補遺1: 特異性発揮済の封筒の残りを、団体名を書き換えて使用し、別団体に対し特異性を発揮させようとする試みは全て失敗しています。特異性未発揮の封筒による同様の実験は、物理的文字消去によって本来プリントされた団体に対する特異性が消去できる保証がなく、現在保留中です。

補遺2: SCP-408-JPを届けた文具店を調査した結果、全てのケースにおいて、SCP-408-JPを商品として取り扱った記録は存在しませんでした。ポリグラフを併用した尋問でも、店員にその記憶はないことが確かめられています。このため、単純に真の送付元が文具店の名を騙っているだけと考えられていますが、真の送付元について手掛かりは掴めておらず、目的等も一切不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。