SCP-423-JP
評価: +28+x
Ice01.jpg

非活性状態のSCP-423-JP。

Ice02.jpg

伸長期末期のSCP-423-JP。上端部の発達が始まっているのをはっきりと確認できる。

Ice03.jpg

開花期のSCP-423-JP。

アイテム番号: SCP-423-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-423-JPの全個体はサイト-8173の収容室に収容されます。収容室内の気温は常に-0.31℃以下に保たれていなければなりません。SCP-423-JPに関する全ての実験は、サイト管理者の許可を得た上で、断熱材と防弾用の補強材が備え付けられた実験室内で行われなければなりません。SCP-423-JPを実験室に運搬する際には、必ず実体を冷凍容器に収容した状態で運搬し、SCP-423-JPの活性化を防止してください。また、人の体熱による活性化を防ぐため、SCP-423-JPの容器からの出し入れは、必ず専用の装備を身につけた職員が行うようにしてください。

説明: SCP-423-JPは、非活性状態では直径1cm程度の大きさの球状の結晶で、二酸化ケイ素、水、[編集済]から構成されています。検証によって通常の水と同一の構成原子・構造を持つことが示されるにも関わらず、SCP-423-JPを構成する水は異常な振る舞いを見せ、少なくとも███℃の高熱の環境下でも個体の状態を保ちます。また、SCP-423-JPは非活性状態・伸長期・開花期のいずれにおいても高い自己再生能力を有しています。上記の再生能力、水の振る舞い、及びその特殊な結晶構造を除き、非活性状態のSCP-423-JPは特に異常性を示しません。

SCP-423-JPは-0.31℃以上の環境に晒された際に活性化し、伸長期へと移行します。伸長期に移行したSCP-423-JPは隣接する物体に完全に定着1し、鉛直上方向に向かって1時間あたり約3.5cmずつ伸長していくようになります。この伸長に従って、SCP-423-JP周囲の気温は徐々に低下していきます。この気温の低下速度はSCP-423-JPの個体数に依存しており、個体数が多いほど気温の低下も速くなることが明らかになっています。加えて、SCP-423-JPは██℃以上の環境に晒されたとき、その伸長の速度を飛躍的に増加させることが確認されています(実験記録423-JP-03を参照)。なお、一度SCP-423-JPが活性化すると、周囲の気温が-███℃を下回るまでこの伸長が停止することはありません。周囲の気温が-███℃を下回った場合SCP-423-JPの伸長は一時的に停止しますが、その場合でも気温が-███℃を上回ると直ちに伸長を再開します(実験記録423-JP-02を参照)。

SCP-423-JPは体高が██.█cmに達した時点で鉛直方向への伸長を停止し、開花期へと移行します。この状態に移行する際、SCP-423-JPは自身の上端部分を急速に発達させ、植物の花と外見的に類似する器官2を生成します。開花期に移行してから█時間が経過すると、SCP-423-JPは自身の茎に当たる部分の一部を球状に膨張させます。膨張した部分はやがて1~3体の非活性状態のSCP-423-JPに変化して母体から切り離され、時速約██~███kmで無作為な方向へ射出されます。その時点で母体となった個体は一切の異常性を喪失します。


  
 

 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。