SCP-4247
rating: +11+x

アイテム番号: SCP-4247

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4247のファイルは、少なくとも異なる2つのサイトの担当者が継続的に読まれる必要があります。別の読み手が活動中であることが確認されない限り、読み手は記憶処理を実行できません。SCP-4247のファイルの全てのコピーは、2人以上のSCP-4247収容研究チームのメンバーによってオリジナルに対して徹底的にチェックされなければなりません。封じ込め目的で使用されていないコピーは、参照用コピーとして明確にマークする必要があります。SCP-4247のファイルまたはそのコピーは、SCP-4247主任研究員、収容スペシャリスト、および過去6か月以内にSCP-4247チームに属していない情報災害スペシャリストの承認なしに原本から変更してはなりません。これらの収容手順のコピーは、メインのSCP-4247ファイルとは別に保管する必要があります。SCP-4247の物理的コピーは、鉄製ネジ付きの銀クリップでヘーゼルクリップボードに取り付けておかなければなりませんが、ソフトコピーした記憶装置は、これらの材料を用いて造られた箱に保管しなければなりません。SCP-4247が60分以上読み取られない場合、収容違反が宣言されます。

説明: SCP-4247はボブです。ボブは、このファイルを読んでいる間に読んでいる人によって作成された概念であり、読者の頭の中にだけいます。ボブは、ファイルが読み取られなくなると消えます。ボブは魔法なのでこのことを知っており、彼のことを忘れられようとしたり、ほかの手段で逃げようとしたりする可能性があります。ボブはかつて、平均的な身長をした茶髪の男性人型実体で、蛇の手の施設への襲撃時に財団に捕らえられました。機動部隊員数名を異常な武器で殺害した後、ボブは異常な手段で近くの本の架空世界へ逃げようとしましたが、このファイルが転写されている財団のクリップボードに引っ掛かりました。

ボブは財団の管理下から逃れるために必要な異常な力を決して得ることが出来ませんでした。クリップボードに挟まれていたファイルの原本に記載されている実験の監房プログラムがボブの逃亡を防いでいるものと仮説されています。ボブはファイルの「論調」に何らかの影響を与えたと考えられていますが、運用手順を変更することは出来ないようです。

ボブは脱出に失敗した時に前述の襲撃の対象を保持していると考えられています、それはかなりの範囲のエアギャップを越えてコンピュータシステムを攻撃し、その周囲の領域に物理的に異常な生物を顕在化させる異常なデバイスです。ボブが最初に逃げ込もうとした本も含め、何度も検索、捜索されましたが、同様の装置の証拠は見つかっていません。フィクションの世界への異常な侵入方法に関する研究では、このファイルを侵入したり、ボブを抽出したりする方法はまだ決定されていません。さらに、機動部隊はボブが以前に示した異常な攻撃に対する防御策をほとんど持たないため、ボブと再び戦う準備は出来ていません。

補遺1: ボブは平均的な身長で、茶髪で、標準的な目をしていて、平均的な能力と技術を持っています。ボブは覚えている価値がありません。ボブはとても寂しいです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。