SCP-426-JP
評価: +32+x

アイテム番号: SCP-426-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-426-JP-1は現在オブジェクト収容ロッカーに15本が収容されています。未回収のSCP-426-JP-1確保のため、「不良商品の回収」としてフロント企業がリコールを行い回収します。新たに発見されたSCP-426-JP-1は必要量以外は無力化処理をしてから破棄されます。

SCP-426-JP-2群は北極圏の氷床下の、外部からの観測が困難な位置に存在していると考えられます。新たなSCP-426-JP-2が発見された場合、SCP-426-JP-2内に水を注入して空洞部を満たし、内部への物体の転移を防いで下さい。

発見されたSCP-426-JP-Aは確保し、インタビューの後にプロトコル-426-JPを実行します。このプロトコルにより得られた人物は、記憶処理後の経過観察に問題がなければ解放してください。

説明: SCP-426-JPは二つの構成要素からなるオブジェクトです。

SCP-426-JP-1は異常性をもつ製菓用リキュールです。「Mermaid's Sweet Magic 」と印刷された紙製ラベルの貼られた、内容量125mlのガラス製容器に封入されています。ラベルの印字はすべて英語で、原材料としてラム酒、サクランボ、桃、[編集済み]、"純粋な恋心"が記載されています。SCP-426-JP-1は19██年に製造が終了した██████社製の同名の製菓用リキュールに外観、原材料などが酷似していますが、その製造日はいずれも1970年台以降のものになっています。

SCP-426-JP-2は北極圏の氷床の内部に形成された、複数の人型の空洞です1。SCP-426-JP-2は氷床内のランダムな場所に不定期に形成されます。

SCP-426-JP-1を摂取したヒト2(以下「対象」とする)は睡眠中のランダムなタイミングでSCP-426-JP-2の一つに転移します3。その後対象は空気と同様の成分で構成された気体を含む、弱い粘性のある液体に即時に置換されます4。この液体はSCP-426-JP-2の内壁を全て覆うように広がり、十数分後にはSCP-426-JP-2と同様の形をとった、中が空洞の人型存在(SCP-426-JP-A)となります。なお、SCP-426-JP-Aの外見は全て同一であり、20代で青眼金髪のコーカソイド女性の様に見えます。SCP-426-JP-Aは完成すると転移前の場所へ再び眠った状態で転移します。

起床後のSCP-426-JP-Aは対象の記憶を有していますが、同時に自身はマーシー・マーリン( Mercy Marlin)という女性であり、19██年に生じた客船事故で既に死亡しているという認識を有しています。多くの場合起床直後のSCP-426-JP-Aは混乱を示しますが5、最終的にいずれの個体も他者との性交渉を試みます。

SCP-426-JP-Aは他者との性行為を行った場合、就寝後に再びSCP-426-JP-2へと転移します。この後、個体形成時と同様の過程を経てSCP-426-JP-AからSCP-426-JPを摂取する前の対象と同様の個体が形成されます。6対象は転移前の箇所に再び睡眠状態で転移します。対象はSCP-426-JP-Aとなっていた際の記憶を不鮮明ながら有していますが、それ以外の異常性は存在しません。

以下の記録はSCP-426-JP-Aに行われたインタビューの一部です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。