SCP-432
評価: 0+x
scp-432.jpg

保管されているSCP-432

アイテム番号: SCP-432

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-432はセクター25の標準的な保管エリアに収容します。常時施錠した上で、その鍵は隣接するセキュリティステーションに保管され、レベル3職員3名の管理下に置かれます。それ以外の特別な収容措置は不要です。

説明: SCP-432は2ドアのスチール製収納キャビネットで、寸法は高さ2m×幅1.2m×奥行き1mです。このキャビネットは外側が艶消しの緑色で塗装されており、狭い範囲の腐食と軽い引っかき傷以外に目立った特徴はありません。これらは長い時間で様々な要素に晒されたことによる損傷だと思われます。キャビネットのドアには基本的なスライドボルトと南京錠用の掛け金が取り付けてあり、外側からドアを施錠することが可能です。

SCP-432の内部の寸法は、外部から測定した寸法と著しく異なります。SCP-432のドアは明らかな余剰次元的空間に通じており、内部には現在も全貌が不明な通路群で構成された巨大な迷路構造物が広がっています。この通路の壁、床、天井は激しく錆びた鉄で構成され、SCP-432の外形寸法(高さ2m×幅1.2m)と同じ高さと幅を維持します。

SCP-432内部の通路は不規則な間隔で設置された標準サイズの家庭用電球によって照らされ、金網保護ガードで壁に固定されています。電球の多くは点滅する様子が見られ、それ以上に多くの電球が切れているか、または破損しています。ところどころに複数の大きな規格のスチールパイプが存在し、トンネルの壁にボルトで留められているのが発見されています。これらのパイプは触れると非常に冷たく、内部に水が流れていますが、パイプと水の出元と行き先は不明です。パイプの多くは明らかに修理の必要があり、冷たい(平均3°C)水を漏出させています。この水を分析したところ、酸素含有量は低く、微量の酸化鉄が検出されました。しかしその点を除けば飲用が可能です。

SCP-432と接続する迷路構造物の規模は、キャビネットのドアを閉じてから再び開く毎に”入り口”が迷路内の異なる地点に移動するため、正確に測定することが困難です。ドアを閉じた際に迷路の内部にいた人物がどのような状態に置かれるかは不明ですが、結果的に迷路内で餓死したと思しき複数の遺体が発見されています。その他の遺体と、探査時に収集された付加的証拠から、迷宮内に住む未知の種の大型肉食生物(以後SCP-432-1と呼称)の存在が示唆されています。

SCP-432の内部でGPSユニットは使用できず、携帯電話も使用できません。SCP-432へ持ち込んだリモコン装置は同様に機能を損ない、迷路を平均で20m進んだ時点で停止します。このため、内部構造のリモートマッピングは不可能です。高利得無線通信は迷路内の職員との交信に使用することが可能です。しかし、迷路の内部へより深く侵入するほどに深刻な通信障害が発生します。キャビネットのドアを閉鎖した場合、SCP-432内部の職員に対するあらゆる形式での通信は途絶します。

追加記録: SCP-432はイギリスの██████に存在する放棄された工業団地で発見されました。T. Small博士がこの地域の団地に住み着いた数名のホームレスが姿を消しているという報告を耳にしたことによって財団が着目しました。調査開始から間もなく、Small博士は放棄された製鉄所の中央に置かれたキャビネットを発見しました。その周囲には複数の寝袋と、衣類や他の所持品の入ったバッグが見られ、幾人かのホームレスがつい最近そこで野営していた事実を示唆しました。SCP-432は解錠されていましたが、発見した時ドアは閉じられていました。入口付近のエリアを探査した後、Small博士はSCP-432から退出し、財団職員を現地に呼んで分析のためにキャビネットをセクター25へ輸送しました。

現在█チームの探査部隊がSCP-432へ送り込まれ、内部の地図の作成が試みられています。現在まで██人のDクラス職員が迷路の内部で消息を絶ちました。追加探査は少なくともレベル4職員2名以上の特別許可が必要です。

塗料のサンプル、金属疲労と製造技術から判断し、SCP-432は1950年代前半に製造されたものです。しかし、SCP-432の内部から回収される人工品は、明らかにそれよりも以前の年代の品であることが判明しています。

探査記録 :
下記は現在まで行われたSCP-432内部の探査記録です。T Small博士と████████博士によって承認された標準的な任務用装備パックは以下の通りです。

使用可能時間が3時間の懐中電灯1本と、最高で6時間電力を供給する追加電源
管制部と通信可能なヘッドセット・マイク1機
肩に装着する無線通信型映像装置1機
0.5リットルの水入りボトル2本
高カロリーのエネルギーバー2本
8本の蛍光マーカーチョーク

SCP-432探査記録1
SCP-432探査記録2
SCP-432 Expedition 3 [FILE LOCKED]
SCP-432探査記録4
SCP-432探査記録5

回収された物体

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。