SCP-4416
rating: +5+x
アイテムナンバー: SCP-4416 レベル 3/4416
収容クラス: EUCLID 機密

撹乱クラス: vlam


4416.png

SCP-4416に参加したグループによって撮影されたプロモーション写真。件名: サメ殴りが頻繁に行われることで有名なビーチ。


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
USNCW サイト-42 セロン・シャーマン ニコ・デ・カストロ N/A

特別収容プロトコル: SCP-4416の特性のいかなる側面も干渉されることはありません。組織的なサメ殴りは、ノースカロライナ州では当たり前のことです。州外で発生したサメ殴りの実例は、異常性がないか監視されます。異常が現れない場合、活動は緩和されずに続行されます。

書面、絵、または口頭でのコミュニケーションにおいて、SCP-4416-Aに言及されたものはすべて、可能な限り信用されません。


説明: SCP-4416は、最近のノースカロライナ州でのサメ(Selachimorphic fish)に対する人間が仕掛けた攻撃の増加です。

SCP-4416は、パンチでサメを攻撃する意図を持つ人の行動を指します。これらの攻撃は、夜間に2、3回の頻度で発生するように調整されています。SCP-4416に参加している人々は、自らの行動を「軟骨魚拳闘」および「シャークボクシング」と呼んでいます。

SCP-4416は、活動に専念する様々なグループ(8人から15人の規模)の結成につながりました。様々なグループの間で競合する哲学は、SCP-4416はスポーツのため、またはサメから民間人を保護するために存在すると主張しています。

SCP-4416に異常性はありませんが、ノースカロライナ州東海岸でのサメの出現の著しい増加につながりました。そのため、財団アナリストは、この活動の性質について主な3つの異なる仮説を立てています。

  1. 未登録の異常現象が出現を引き起こした。
  2. サメ殴りグループは別の異常現象と関連している。
  3. 別の異常現象の影響を回避または軽減するために繰り返しサメを殴る活動が存在する。

さらなる調査が進行中です。


補遺資料



I. 発見

SCP-4416タイプの現象への最初の重大な言及は、2010年7月26日に月曜のアレックス・ジョーンズ・ショーで放送された陰謀論者のラジオ放送に由来しています。当時、この番組では、人間がサメを攻撃する典型的な重要性に関するコーナーと、「ノースカロライナの隠れたサメ殴り集団の怪異」を取り上げていました。その放送は、既知のサメ殴りグループを明らかにし、それらのグループをオカルトと結びつけました。それはまた、人間をサメ嫌悪者に変える神話上のトリックスターの化身の存在に言及しました。

財団WebクローラーUZ413H(”多すぎる支払い”)は、放送にフラグを付け、いくつかのキーフレーズの相互参照を試みました。それにもかかわらず、財団の諜報エージェントらは東海岸でそのような現象を発見できませんでした。

2016年9月16日、ニューハノーヴァー群の地元ニュースネットワークは、組織化されたサメ殴りの話を放送し、「アモスのシャークスレッシャー」というその活動に専念したグループを特集しました。サイト-42の司令部に転送される前に財団のメディア監視機関がこの記事を取り上げ、サイト-42の司令部に転送したところ、2010年の放送で同グループの言及が確認されました。他の手掛かりがなかったため、アモスのシャークスレッシャーに接触して潜入することに尽力が向けられました。

内部会議


注意: 以下は、SCP-4416の潜在的な異常特性に関する異常分類の議論からの抜粋です。


[ログ開始]


フィールドエージェント ニコ・デ・カストロ: 次に、この新しい「サメ殴り」現象についての総意です。お二人とももう聞いたことがあるでしょう。

アダモ・スモールズ研究員: 待ってください、いつそれがまた取り上げられたのですか?思うに-

ジャスティン・エバーウッド研究員: [彼女が割り込む。] ええ、それは異常です!人々にサメを殴らせるミームエージェントですよね?そうでなければなりません。

スモールズ: これはミーム的なものですが、異常な意味ではありません。サメ週間を見たことはありませんか?

エバーウッド: [彼女は立ち止まる。] 私は実際にそれをする機会はありませんでした。

スモールズ: [彼は息をひそめて呟く。] 最近サメの攻撃で死なない人が増えていることに驚いているよ…

エバーウッド: 問題は、どうやって見つけるのか?私はこれを調査する根拠がないと思っています。倫理委員会から許可を得ない限り、はっきりと異常とはならないから。

スモールズ: そうだと言わなかった?

[エバーウッドの顔が赤くなる。]

エバーウッド: ああ、違います!

スモールズ: [彼は皮肉な口調で。] わかった、ギャング。この違法な隠れたシャークボクシングのリングのバックにいる人物を探そう。私たちが探しているのは、悪の隠れ家、邪悪な終末論、そして怪物の秘密の正体だ。そうすれば、当局に見せるものがやっと手に入る。

デ・カストロ: これがいかに馬鹿げているか、皆さんに色々お聞きしていると思いますが、でも大げさに言うのはやめましょう。

エバーウッド: 私はすべて縮帆係のいたずらの1つだということに賭けます。

デ・カストロ: これは100%合法的なものです。いずれにしても、メディアのリーク情報は、アモスのシャークスレッシャーと呼ばれる関連グループに関するかなりの情報を報告している。ああ、いくつか名前の違うグループがありましたが、2回出てきたのはこれだけです。これを見てください。 [次の引用文をコンピューター画面に表示する。]

アモスのシャークスレッシャーは、いつもサメを殴っています。常にです。論争が起こったのは、メディアに取り上げられてからでした。そして、それは等しく、公平でもなく、彼らは私たちの生活やそのようなものを恐れました。彼らは私たちがサメにしていることを非人道的だと思っていました!ハリケーン・サンディの後、私の義理の兄のダニは腕をかまれましたが、今では彼が悪人です!

—マデリン・クルス
ウィルミントン居住

エバーウッド: バックトレース出来ますか?

デ・カストロ: いえ…そのことにどう思いますか?

スモールズ: あまり説得力がないように思えるが。

デ・カストロ: わかりました、ここにもっとあります。彼らが攻撃地点の写真を撮った、もし見つからなければ、まあ…

スモールズ:: 来るのを待ってもいいかもしれない。

デ・カストロ: その通り。

エバーウッド: [彼女は興奮して声を張り上げた。] 張り込み任務みたいな?

デ・カストロ: [彼は頷く。] それだ。二人で調査している間に、戦術的な対応チームを立ち上げましょう。サメの異常について出来る限り見つけて、関連があるかどうか確認してください。国際的なネットワーク、異常な物品の記録、何でも。許可があるものは全て。

スモールズ: 私がこれまで取り組んできた中で最もばかげた仕事だな。

エバーウッド: でしょう?!それに、私たちはサメを殴ることさえできません!


[ログ終了]


II. 最初のインタビュー

写真と一致する場所を特定してから6日後の9月22日午後7時35分、対応チームはアモスのシャークスレッシャーに遭遇しました。フィールドエージェントのニコ・デ・カストロは、地元のサメ殴り愛好家を装い、潜伏場所を出てグループと遭遇しました。

ビデオログ


注: フィールドエージェントのデ・カストロには、標準的な全身水着と防水視聴覚記録装置を装備していました。


[ログ開始]


[フィールドエージェントのデ・カストロが岸に向かって歩いている。9人の人間が浅瀬に集まっている。]

デ・カストロ: やあ、すみません!

[混乱した声。恐らくグループのリーダーである女性が水から離れ、デ・カストロの方向に歩く。]

正体不明の女性: 誰ですか、道に迷ったか何か?

デ・カストロ: 迷っていません、私は-

正体不明の女性: [彼女は遮る。] そんなことは知らない!あなたは誰だ?

デ・カストロ: あー、私の名前はニコです。道に迷ったわけではなく、私はここに-

正体不明の女性: [彼女は口をはさむ。] 道に迷ってないのなら、私たちの縄張りで何をしているんですか?

デ・カストロ: 私はここに- [彼はためらう。] サメを殴りに来ました。

正体不明の女性: [彼女は笑う。] まあ、そうですか。すみません、あなたがメディアのネズミだと思ってたわ。私はマデリンだけど、マディーって呼んで。

デ・カストロ: ええ、お会いできて光栄です、マディー。アモスと一緒ではないですか?

マデリン・クルス: アモスは数年前に亡くなりました。ホホジロザメが彼を捕まえたと言う人もいますが、実際にはわからない。 [彼女は身を乗り出す前に辺りを見回した。] 私に言わせれば、まだ彼は外にいて、私たちが話している時でさえ、やつらを破壊していると思うわ。

デ・カストロ: はあ。まさか?

クルス: ううむ。

デ・カストロ: あなたたちは、それで、サメを殴るのですか?

クルス: 私が狂ってると思う?ジーザス、いいえ。

デ・カストロ: では、なぜやるのですか?

クルス: ねえ、ニッキー–

デ・カストロ: [彼は割り込む。] ニコです。

クルス: ニコ、いったいどのくらいのアマチュアなの?

デ・カストロ: 今までサメを殴ったことがありません。

クルス: ニコ、率直に言うわ。サメを殴る理由を知る唯一の方法は、自分で殴ることです。


[ログ終了]

フィールドエージェントのデ・カストロは、マデリン・クルス(現在はPOI-3732)と初めて接触した後、アモスのシャークスレッシャーとの親交を深めるためにさらに努力しました。彼はグループの総意によって「サメプロボクシング」に従事することを期待されていましたが、彼は成功して管理しました。デ・カストロは当時、精神的、肉体的な衝動はなかったと報告しています。事件後の医療分析では、平均よりも高いテストステロンレベルを除いて、身体的な異常は見つかりませんでした。


III. 更なるコミュニケーション

9月23日の夜、フィールドエージェントのニコ・デ・カストロは、現在SCP-4416-Aと呼ばれている異常実体と接触しました。当時、彼はノースカロライナ州シーブリーズで単独の海岸線観測を受けており、SCP-4416現象の潜在的な実例を調査していました。プロジェクトチームの他のメンバーは、そのイベントについての知識も、その地域の特定の組織や人物についても知識がないと主張しています。

デ・カストロは、一言コメントで、このコミュニケーションを「神の介入[と]サメの神格」と呼んでいました。以下は、彼のボディーカメラによって記録された、想定される約束の記録です。

インシデントログ


[ログ開始|07:33 PM]


«07:33:» デ・カストロは、地元のカロライナ・ビーチ・フィッシング・ピアで録音を開始。彼は真北に出発する前に暗視を開始する。

«07:48:» 岩だらけの露頭が見えてくる。デ・カストロは接近する。露頭は近くの入り江から突き出ている。

«07:49:» デ・カストロは浅瀬に入り、よく確認する。岩だらけの露頭の中には、ビーチから見えない部分と内部に洞窟があることが明らかになる。彼は洞窟に入る!

SCP-4416-A: 見つけたぞ!

«07:51:» 記録のこの時点で、デ・カストロが異常な実体が浮上してきたと主張している。デ・カストロは実体の形を「定義できなかった」と主張し、記録中にその実体を隠そうとしたと述べている。ビデオログにはそのような実体は表示されていないが、音声は拾っている。

beach-cave.jpg

07:51 — フィールドエージェント デ・カストロが実体が浮上したと主張する記録の地点の静止画(マウスホバーで拡大)。

[デ・カストロが驚くとカメラが揺れる。彼は戦闘用の拳銃を取り出すが、下げたままにする。]

SCP-4416-A: 非常に恐ろしい思いをさせるためにここにいるのではない。

デ・カストロ: どうやって喋っている?

[大量の泡が領域を満たす。]

SCP-4416-A: 貴様が見た中で最も狂ったものではない。

デ・カストロ: お前は誰だ?

SCP-4416-A: トゥビ-ティは多くの名前で知られている。

デ・カストロ: どうしてここにいるんだ?

SCP-4416-A: トゥビはここで大きな警告をする。約束するのだ、いいか?

デ・カストロ: 自分にはどんなものでも君に合意をする権限はない。 [デ・カストロはその場所を離れようとする。]

SCP-4416-A: いや、取引ではない。ただこれだけ言う「エージェントの男はもうサメを殴らない。」

デ・カストロ: 何だって?

SCP-4416-A: 少しの約束だ、少しの約束!「エージェントの男はサメをもう1回殴るかもしれないが、それっきりだ。」

デ・カストロ: 私の後をつけてきたのか?

[実体は応答しない。デ・カストロはピストルのホルスターに掛ける。]

デ・カストロ: 私は君が誰かを知っていると思う。あの…クソ女 が君のことを教えてくれた。彼女は、自分の国の人々には海に対する最高の義務があって、彼らが排除しようとしている本当に執拗なサメ男がいると言っていた。あの時はわからなかったが、君を追い払おうとしているんだろう。

SCP-4416-A: トゥビは殴ることが恐ろしい、とてもだ。殴っている人間は、いつも大嘘つきだ。そして、トゥビはサメの、男ではない。

デ・カストロ: 彼らのやり方には賛成できない。彼らが原因でこれまで以上に多くのサメが浜辺にやってくるようになった、事実、境界線を気にしていない。でも、理由があると思っている。例えば、アモスという男はただで死んだわけではない。彼は食べられただけで、今は実質的に彼らの救世主になっている。

[泡が数秒間、領域を満たす。]

デ・カストロ: だから、私が足りないものは何だろうか?なぜ君は存在するんだ?

SCP-4416-A: トゥビは人間をサメ人間に変えて大軍を作りたいと思っている。上手くいけば、トゥビはフルパワーになれる。分かるか、良いビジネスザメだ。優れた起業家の人間が輝く箱を見せるように。 –と、何と言うのだ?

デ・カストロ: テレビの?えっと、何だ、シャークタンク1

SCP-4416-A: ああ、とても楽しそうだ。サメは他の魚とは違う。海でのサメ最大の企業心。分かるだろう?

デ・カストロ: 何故このようなことを私に教える?何故話しかける?お前の言うことが本当なら、お前は今まであった中で最もばかな神だな。

SCP-4416-A: 人間がサメ人間ではないなら、人間はサメを恐れなければな。

デ・カストロ: それで、なんでお前はそんなに変なことを話す?

SCP-4416-A: サーフボードを食べたからだ。

デ・カストロ: 記録のためだ、他に言いたいことはあるか?

SCP-4416-A: トゥビは大きな警告を発する。サメを殴ることを止めろ。

デ・カストロ: [彼は笑う。] 馬鹿げている。

SCP-4416-A: 深刻だ。やめろ。サメに人間を食べさせよう。私たちは空腹なんだ。

デ・カストロ: 分かるか?これは皆の時間の無駄だ。あの馬鹿野郎たちがサメを殴ろうとするなら、それでいい!お前を追い出すためなら何でも。

SCP-4416-A: 頼むやめろ、やめろ!

[洞窟が揺れて、波が壁にぶつかる。]

デ・カストロ: あいつらが100匹のサメを殴るのを願う。1000でもいい!それで、お前が最後の殴りまで全て感じることを願うよ。

SCP-4416-A: 私の力を疑うな、エージェントの男よ。

«07:56:» この時点で、実体からの音声はそれ以上検出されなかった。デ・カストロは録音を終える前に、次の10分間SCP-4416-Aを探した。


[終了ログ|8:06 PM]

通信の後、デ・カストロがサイトに戻る前に、不正な荷物がサイト-42に到着しました。問題の荷物はAmazon Primeパッケージの入った箱でした。セキュリティ担当者が荷物の安全性を確認した後に開封されたところ、人間の歯と微量の血液が見つかりました。

パッケージの上には、乾燥した血液で次のメッセージが印刷されていました。

これ あなた sharko しんじる りゆう




rating: +5+x
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。