SCP-4456
rating: +18+x
Item#: 4456-D
Level1
Containment Class:
Decommissioned
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
{$disruption-class}
Risk Class:
{$risk-class}

4456.jpg

初期回収及び調査中のSCP-4456-D。

特別収容プロトコル (アーカイブ版): SCP-4456はサイズ4水用異常搭乗物保管ユニット(Size 4 Anomalous Aquatic Vehicle Storage Unit, S4-AAVSU)に収容されます。複製インシデントのたびに、新たなSCP-4456実例には2,500ポンドの純銀が与えられます。

説明: SCP-4456-Dは無人の16世紀スペインのガリオン船で、"ソイ・ミ・アマンテ (Soy Mi Amante)"1という名前でした。 外観上は、SCP-4456-Dは1500年代の同モデルの他の船との違いはありませんでした。

4~6日ごとに、SCP-4456-Dの正確な複製が存在可能な周辺水域に生成されました。新たなSCP-4456-D実例は約$519,0002の金、銀、宝石が供給されると直ちに消失しました。

出現から24時間以内に十分な資源が供給されなかった場合、SCP-4456-D実例は動き出し敵対的になり、体当たり及び搭載された大砲を用いて収容を破ろうとしました。

補遺 4456.1: SCP-4456-Dの起源の調査中、財団研究員は以下の紀元1500年頃まで遡る文書を発見しました。

補遺 4456.2: SCP-4456-Dに積み込まれた物品の行き先を究明するため、正確な複製品として設計された銀貨10枚が作成され、各コイン内部に極小追跡装置が設置されました。SCP-4456-D実例にコインが置かれた後、追跡受信機が作動し、即座にプラド国立美術館内にて全ての財団製コインを検出しました。調査の結果、プラド美術館は1827年からコインを保管していたことが明らかになりました。

異常年代学部門による追加研究は、新たなSCP-4456-D実例に十分な資源が提供され消失するたび、実例内に置かれた資源の価値に従って、スペイン政府の財力が遡及的に増加することを突き止めました。財団による行動の影響は不明確ですが、財団がスペインの価格革命3に少なくとも部分的に関与していたのではないかと広く推測されています。

多額の資金がSCP-4456-Dに消費されることに加え、FIR条約4にて規定される法律に違反している可能性があることから、SCP-4456-Dの解体Decommissioning5が提言されました。

以下の提言が新設された解体部門により提出されました:

補遺 4456.3: SCP-4456-Dは解体を承認されました。解体はSCP-4456-Dの完全焼却から成り、灰や炭といった形の残滓も全て自然消滅しました。SCP-4456-Dの解体は正式に成功を宣言されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。