SCP-447-JP
評価: +9+x
bvJX_BnGXo1W9mj1422708175_1422708193.jpg

エージェントによって撮影されたSCP-447-JP-A。

アイテム番号: SCP-447-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-447-JPが記載された書物、メモ等はサイト-71█0のB-33715収容室で保管されます。無許可でのSCP-447-JPの持ち出し、量産を行った職員は処分の対象となります。SCP-447-JPに関する実験を行う場合はレベル3職員の承認を得たうえで行ってください。

現在、事案447-JP-00の発生によりSCP-447-JPの実験は禁止、または凍結されています。これらの申請はいかなる理由があろうとも承認されません。
また、サイト-71█0が立地していた地点はサイト-71█0の損壊により、現在サイト-71█0区画として管理されています。担当職員はサイト-71█0区画の周辺20kmを封鎖し、財団の所有するフロント企業の「特殊実験場」と言う名目で一般人の侵入を阻止してください。サイト-71█0に存在していていた物品などは同区画内の緊急収容用倉庫にて保管されています。それらの物品に関する実験などの申請は承認されません。

SCP-447-JP-Hangarは事案447-JP-00の発生地点にて管理されています。また、サイト-71█0区画への無許可の侵入は禁止されています。セキュリティー担当者は仮設サイト内部の管理区画にてSCP-447-JP-Hangarの動向を監視し、異常が発生した際はサイト-7100にまで報告してください。

以下の項目は事案447-JP-00以前のSCP-447-JPに関する概要です。事案447-JP-00、現SCP-447-JPについては同表記の項目からアクセスし、参照してください。

サイト-71█0は事案447-JP-00の発生により甚大な被害を受けました。現在、施設の約98.32%が機能しておらず、今後のSCP-447-JP-Hangarの収容に関する更なる検討が求められます。また、全SCP-447-JPの影響下にある人間が何らかの影響で生存した場合に発生する事案447-JP-00に関する被害を想定したプロトコルの作成も検討されています。

補遺: SCP-447-JPはエージェントの自宅物置で発見されました。当時、エージェントは自宅の大掃除をしており、物置の中を整理しようとした際にSCP-447-JPが記載されたノートを発見。その後、エージェントがSCP-447-JP-Aを視認したことによりその異常性が発覚、財団に回収されました。エージェントはSCP-447-JPに関しては一切記憶に無いと証言しており、現在、これらの混入経緯について調査が行われています。

追記:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。