SCP-450
評価: +1+x
SCP450.jpg

SCP-450

アイテム番号: SCP-450

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-450は下記の事情により、毎月の保守点検と清掃時を除いては常時施錠し、管理下に置かれる必要があります。他の時間にSCP-450に入る民間人および職員は失踪したと見なされ、救助の試みが行われることはありません。

説明: SCP-450は██、█████████の██████████連邦刑務所跡地にある死刑囚監房棟で、入口から死刑執行室までは約166.5mの距離があります。電気椅子の背後の壁面には、人間の血液を吸ったことによる複雑な模様が現れています。この模様は通常の環境的腐敗によって時とともに徐々に風化しており、定期的に保全する必要があります。

独房棟には1体ないしは複数の、敵意ある霊的存在が棲んでいます。これらの存在の注意をひくことは常に生命に関わり、以下の基準により起こったり起こらなかったりします。

  • 独房棟に、何らかの方法で正面扉以外から入ること。
  • 毎秒0.25m以上の速度で移動すること。
  • 1度に25分間以上、独房棟に留まること。
  • 24時間以内に2回以上独房棟に入ること。
  • 何らかの電子機器を使用すること。
  • 約25デシベルより大きな音を立てること。

収容された模様の保全作業担当となった職員は、廊下の中央をゆっくり、かつ確実なペースで静かに歩くことを指導されます。最も安全な移動速度で死刑執行室まで歩くと11分ほどかかるため、職員は模様に対する作業を行った上で建物からほぼ安全に脱出するだけの時間を確保するのに、3分間しか猶予がないことになります。

幻聴および幻覚(霊的な声、血を流す壁、ポルターガイスト現象を含む)は通常のものと考えられています。似たような事例が認められていないことが、関心の原因となっています。職員たちはいかなる死体や超自然現象、腐敗した残留物に関して調査を行わないよう推奨されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。