SCP-451-JP
評価: +17+x

アイテム番号: SCP-451-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-451-JPはサイト-81██に隣接した排水機能つき専用倉庫へ栓を抜いた状態で収容してください。倉庫内への立ち入りは原則として禁止されています。立ち入る必要のある場合は倉庫に設置された除湿機を用いて倉庫内の水分を完全に取り除いてから入室してください。

説明: SCP-451-JPは陶器で作られた██社製のバスタブに酷似したオブジェクトです。SCP-451-JPは行方不明となった細胞生物学者███ ██の自宅から発見されました。SCP-451-JPの排水口からは他の製品に見られない1mほどのパイプが底面を伝うように伸びており、水の排出を行います。またパイプの排出口に螺旋状の溝が彫られていることから、SCP-451-JPには未発見の接続先部分が存在していると考えられています。

非活性状態のSCP-451-JPには特筆すべき異常性は存在しません。SCP-451-JPはオブジェクトの内壁表面に0.1mL以上の水分が付着した際に活性化状態となります。

活性化状態のSCP-451-JPはオブジェクトの半径2m以内に存在する、オブジェクトを視認した人物(以下:被験者と表記)に「SCP-451-JPを液体で満たしたい。」という強い衝動を抱かせます。この衝動について被験者は口を揃えて「母から諭されているようだ。」と供述しています。

この衝動は実験によって、時間経過とともに強くなること、年齢に比例して初期症状が強くなることが確認されています。また、SCP-451-JPの非活性化、被験者へのAクラス記憶処理、オブジェクトの影響範囲内からの移動のいずれかが生じることによって衝動が消滅する事も確認されています。

活性化状態のSCP-451-JPへ184L1の液体が入ると、被験者の持つ衝動は「SCP-451-JPの中に存在する液体に浸かりたい。」というものに変化します。
その衝動に従い、被験者がSCP-451-JPの中へ入ると、腰まで液体に使った時点で被験者は意識を失います。そして全身に筋弛緩が起きた結果、液体内に沈んでいきます。この時点では被験者は溺死をしないという点に留意してください。完全に液体に水没した被験者は両脚を折り曲げ、胎児のような姿勢をとります(この状態をSCP-451-JP-1とします)。

SCP-451-JP-1状態となった被験者は時間経過によって若返ります。外的観察実験及び被験者の解剖実験によると10分間で1年分の若返りが見られることがわかっています。
SCP-451-JP-1状態の被験者を液体から取り出すと、意識を取り戻すことなく、肺に入っている液体で溺死します。液体除去の処置を施した被験者も未だ意識を取り戻していません。

SCP-451-JP-1状態を継続し、被験者が受精卵の状態まで若返ると、排水口の蓋がパイプ内からの圧力によって外され、液体を排水します。防水テープ等による蓋の固定や異物投入による排水口の閉鎖をする試みはパイプ内から働く圧力によって、今のところ成果をあげていません。
パイプの排出口から排出された受精卵はDNAが海洋生物であるベニクラゲに酷似した構造へと変化しています。
受精卵の培養実験については実験記録029を参照してください

実験記録01█ - 日付20██/██/██

被験者: D-4391。25歳男性。
実施方法: 水道のない密室で活性化状態のSCP-451-JPへの接触
結果: SCP-451-JPとの接触後20分の時点で失血死により死亡。D-4391の体液でSCP-451-JPの1%ほどが満たされた。

実験記録02█ - 日付20██/██/██

被験者: D-4461(27歳男性)。D-4462。(30歳男性)。D-4463(32歳男性)。D-4464(25歳男性)。
実施方法: 水道のある部屋で活性化状態のSCP-451-JPとの集団接触。
結果: SCP-451-JPとの接触後30分でSCP-451-JPが活性化。SCP-451-JPの活性化後20分近くの乱闘が発生。D-4461がSCP-451-JPに入水した時点で実験終了。

実験記録029 - 日付20██/██/██

実験対象: SCP-451-JPによって生成されたD-4470由来の受精卵
実施方法: 母胎内の環境を再現した培養器にて受精卵の培養を行う。
結果: [SCP-451-JP-029実験培養レポート]を参照してください

補遺: 細胞生物学者███ ██について調査した際、彼女の戸籍に不審な点が見受けられました。更なる調査の結果、彼女の母親、祖母、とされている人物の死亡記録が存在せず遺体が発見されていないことが明らかになりました。引き続き失踪した██の捜索を行い続けてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。