SCP-4577
評価: +3+x
trash.jpg

SCP-4577-Aの写真
(クリックで拡大)

アイテム番号: SCP-4577

オブジェクトクラス: Safe1

特別収容プロトコル: ミズーリ州██████の町2は財団職員によって占拠され、周囲に5kmの立入禁止区域が設けられています。死者は速やかに町から除去し、焼却処分します。全ての消費財廃棄物は毎週2回収集して外部に移送します。過去の全ての町民はSCP-4577-1実例に変化する可能性を監視されます。立入禁止区域への侵入を試みる人物は徹底的に尋問し、記憶処理を施してから解放します。

説明: SCP-4577は、ミズーリ州██████町の死後間もない住民のうち、約20%が自発的に動き始める現象の指定名称です3。SCP-4577に影響された死体を以後SCP-4577-1とします。記録上の発生において、SCP-4577-1実例の選択にはパターンが観察されておらず、全ての事例は無差別です。いったん動き始めると、SCP-4577-1実例は直近にある町の廃棄物の集積地点に向かって移動します。主な目的地となるのは、SCP-4577-Aに指定される町の埋立地です4。目的地に到着したSCP-4577-1実例は廃棄物の中に身体を埋め、一切の異常活動を停止します。非異常になった実例は、この時点で本来の埋葬地へ戻すことが可能になります。今日までに、95件のSCP-4577発生事例が記録に残っています。

██████の町民たちはSCP-4577-1実例を“彷徨える魂”ロストソウルと呼び、その蘇生を平凡な出来事として扱っています。死者への敬意と思われるもの、もしくはSCP-4577-1実例と生きている歩行者を区別できないという理由から、町民はしばしばSCP-4577-1実例を無視します5

SCP-4577は町内での発生のみが記録されているため、財団職員は現在、██████を隔離して町民を他地域へ移動させる手順を策定しています。

インタビューログ4577/1:

インタビューログ4577/2:

補遺: 15/██/██現在、ミズーリ州██████の全町民は記憶処理を施され、移転されています。町は解体され、エリア-102に再指定されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。