SCP-458
評価: +7+x
scp-458.jpg

収容中のSCP-458

アイテム番号 SCP-458

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-458は安全であると考えられます。したがってアクセス制限が不要とされ、サイト-17の社員食堂に格納されます。

説明: SCP-458はピザチェーン店リトルシーザーで使用されている、HOT-N-READYタイプの大型ピザボックスです。材質はシンプルなダンボール製でサイズは25.4cm x 25.4cm x 2.54cm (10in x 10in x 1in)と測定され、トッピングに応じて20-20.49gの重量が測定されます。SCP-458の持つ異常な性質により、重量の測定値に一貫性がありません。

SCP-458の奇妙な部分は、一見普通のピザボックスであるように見えるものの、それが人間の手に接触した瞬間、生地、ソース、チーズ及びトッピングまで、触れた人間の潜在的な好みに合ったピザが生成されるという点です。生成されるピザはシーザーブランドのものに限定されず、主要なピザチェーンのものからローカルチェーンのもの、さらには手作りピザまで制限なく作り出されます。SCP-458はピザ以外のものを作り出せないという点を除いて、その能力に制限がないものと見られます。またトッピングについては普通の人間が食べられる食材が使われます(補遺1aを参照)。ボックスについては破壊する、または分解するテストに成果が見られず、解体不能とされています。

SCP-458は一定の知覚能力を有しており、ピザに関する所有者の個人的選択を感知するためのテレパシーや共有感覚の能力を持っているものと思われます。

SCP-458の恐らく無限にピザを生成する(ただし他に使い道のない)力が一定のテストにより明らかになった後、サイト-17の食堂にて職員に無料で利用されることとなりました。なお当オブジェクトの使用が許可された後、職員の士気が急激に向上していることが示されています。

補遺1a: SCP-458とSCP-███とのテストでは、ウィート生地のガーリックフリーソーセージとオリーブのピザが生成されました。SCP-███は一口食べた際、「これは素晴らしい。だが私は別のソースの方が好みだ」との反応を示しました。これによりボックスが人体が消化できない物質を使用できない事が推論され、後の試験でこれが確認されました。

補遺1b: 文書#458-1aを参照してください。

文書#458-1a: 私たちが無限にピザを生成することのできるボックスを持っているからといって、ただボックスを囲んでピザを食べて午後中を無為に過ごしても良いという訳ではないことを、私はすべてのスタッフに思い出させたいのです。このままボックスの乱用が続き、メンバーの不健康な体重増加の報告がなされれば、昼食時間後に義務的なダイエットの訓練をするようにしなければならないかもしれません。

- デル・モリーノ博士

文書#458-1b: 単純な好奇心と、もしかしたら一部のSCPの考え方をより良く理解できるであろうという考えの下、私は感覚能力を持つSCPがボックスを使った時の反応のリストを収集しました。

SCP 結果
SCP-040 スモールサイズ、エクストラチーズ、チーズ詰め生地
SCP-056 ミディアムサイズ、スライスピーマン、アルフレドソース、薄い生地
SCP-073 ミディアムサイズ、フェタチーズとジャックチーズ、ソース無し、薄い生地1
SCP-076-02 特大サイズ、ミートボール、ペパロニ、ベーコン、カナディアンベーコン、ソーセージ、ハンバーグ、厚い生地
SCP-105 スモールサイズ、オリーブ、小麦の薄い生地
SCP-108 ビッグサイズ、ペパロニ、厚い生地
SCP-134 スモールサイズ、玉ねぎ、アンチョビ、オリーブ、薄い生地
SCP-181 ビッグサイズ、ペパロニ、ソーセージ、マリナラソース詰め生地2
SCP-182 ミディアムサイズ、オリーブ、マッシュルーム、プレッツェル生地

このテストをより一層行うことでSCPたちに関するいくつかの奇妙な特性を明らかにできる可能性があり、推奨されます。
- クレイン博士

更新:
さらなるクロステストは許可されますが、安全のため上層部からの承認と監督が要求されます。
- ███████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。