SCP-461
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-461

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-461は窓のない施錠された部屋にディスプレイが扉に向かないように収容します。レベル3警備員1人が扉を警備し、その姿はカメラで監視されます。入室にはレベル2のセキュリティ権限が必要です。追って告知がされるまで、グリニッジ標準時(GMT)0300時から0305時の間、いかなる人員の入室も許可されていません。

説明: SCP-461は25インチのブラウン管テレビです。その出所は不明ですが外見上は1980年代初期にゼニス社で製造された物に似ています。型番は"ZT-035"ですが、知られているどのゼニス社のテレビとも一致しません。1日1回、グリニッジ標準時で0300時にSCP-461は自動で活性化し正確に5分間ビデオ映像を表示します。映像の種類は多岐にわたりますが、一般に放映されているものはありません。SCP-461は、標準的なテレビ番組の代わりに、商業用・住宅用を問わない有線監視カメラの映像を配信します。全ての映像は同時刻のものであると思われ、"ライブで"放送されています。

SCP-461はその活動に外部からのエネルギーを必要とせず、電源ケーブルは存在しません。また、アンテナもありません。活性化するとチャンネル切り替えは機能せず、調整不可能なオーディオからは低い空電雑音が流れます。色、シャープネス、色合い及び他の画面設定用のダイヤルは機能せず、おそらく接続されていません。

内部構造への物理的な侵入の試みは、全て実を結びませんでした。装置には継ぎ目、ねじ、ボルト他一切の侵入箇所や留め具が見つかりませんでした。X線によるスキャンはSCP-461の内部を明らかにすることはなく、超音波による検査でも決定的なものは得られませんでした。この装置はブラウン管テレビとしては異常に重く、この型の標準からみておよそ50kg以上の重量があります。

補遺 461-A: 事例記録、20██/03/08

今日、我々は全ての信号を遮断するためにSCP-461をファラデーケージ内に設置した。しかし、SCP-461はGMT0300には通常通りの振る舞いを見せた。内部のデータ記憶部から送信しているのか?

████博士

補遺 461-B: 事例記録、20██/09/04

今日、この装置は自身が収容されている室内のドアの丁度真上の角からの映像を表示した。カメラや他の録画装置の類も設置されていないのに、だ。この部屋には少なくとも2人以上で入るべきだな。それと異常な現象をモニターするのに監視カメラも欲しいな。その映像はSCP-461-1としよう。

████博士

補遺 461-C: SCP財団内部文書、20██/09/12

君の要請通りSCP-461-1を検査したよ。最初は何も浮き出ちゃ来なかったが、ガンマ値に明度、コントラストだのあれやこれやと格闘したら、どうも向こうの角に誰かが立ってるように見えるな。ただ、その日の入室ログを調べたが誰かが出入りした記録はないし、廊下のカメラにもそんな映像は映ってない。誰か長期の接触実験でもしてたのか?

Robert ██████

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。