SCP-466-JP
評価: +35+x

アイテム番号: SCP-466-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-466-JPは電池を抜いた状態で低危険度物収容ロッカーに保管してください。SCP-466-JPを実験以外の目的で使用する事は出来ません。SCP-466-JPを用いた実験にはレベル3以上の職員2名以上の許可が必要です。

説明: SCP-466-JPは一般的に「テレビのリモコン」と形容されます、大きさ、形の異なるボタンが合計で24個配置されています。ボタンに文字や記号は記されていませんが、特定の機械に赤外線センサー部分を向けると適切な文字や記号が浮かび上がります。
ここで言う特定の機械とは、
 ・通常のリモコンでの操作を受け付ける
 ・十分な電力が供給されている
の二点を満たす機械で、テレビやエアコンなどが該当します。

SCP-466-JPは機械に設定された上限や下限を無視した操作が可能です。例えば暖房の上限温度が30℃に設定されているエアコンでも、31℃以上の温度を指定する事が可能です。SCP-466-JPを用いて機械の制限を無視した場合でもその機械の消費電力に大きな変動は見られず、熱暴走なども確認されていません。SCP-466-JPは通常のリモコン同様に電池を必要とします。

SCP-466-JPは20██/██/█、石川県██市で「リモコンの文字が出たり消えたりする」との通報が発生し、財団エージェントが介入して調査した所発見されました。通報主及び販売店の責任者はSCP-466-JPの流通元への有効な情報を有しておらず、記憶処理を行って解放されました。SCP-466-JPとおおよそ類似しているデザインのリモコンは多数の製造会社にて確認されましたが、そのどれもが外観、ボタンの配置などにオブジェクトとの差異があり、オブジェクトと一致するデザインのリモコンは発見されていません。SCP-466-JPの製造元は明記されておらず、分解作業においても異常な箇所や製造元の情報は発見されませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。