SCP-467-JP
評価: +13+x

アイテム番号: SCP-467-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-467-JPは、サイト-81██に存在する6m×6m×3mの保管室の中央に安置されています。実験の際はlevel3以上の職員2名の許可を取り、室外に職員数名を待機させた上で、Dクラス職員1名またはSCP-467-JP-2を用いて行われるようにしてください。実験の結果SCP-467-JP-2が発生した場合、老化現象が確認された際はクラスA記憶処理を施した上で、標準的な人型収容室に収容してください。なお、SCP-467-JP-1が第4段階である期間はDクラス職員を用いた実験は禁止されています。

説明: SCP-467-JPは木製の一般的な学習机です。素材となった木材に物質的な異常はありません。SCP-467-JPは、██県██市に存在するマンションの一室の住人が、短期間で定期的に失踪することに疑問を抱いた警察機関に潜入中のエージェントによって発見、収容されました。発見当時、SCP-467-JPの上には多量の灰が積もっており、回収して検査を行った結果、人体が風化したものであることが判明しました。

SCP-467-JPは、その上で被験者が娯楽的な作業を行うことにより活性化状態へと移行します。作業開始から30分後、被験者は自らの右肩近辺に人型実体(以下、SCP-467-JP-1とします)の存在を認知します。SCP-467-JP-1の姿を確認する試みは今のところ成功していませんが、被験者はその姿を視認できないにも関わらず、外見的特徴を認知することが可能です。このことより、被験者はSCP-467-JPより何らかの精神汚染を受けていると推測されます。なお、被験者に認知されるSCP-467-JP-1は現在女性のみです。

SCP-467-JP-1には、成長サイクルがあることが判明しており、4つの段階で構成されています。第1段階では6歳の女児、第2段階では18歳の女子高生、第3段階では30歳の女性、第4段階では老婆の姿を取ることが確認されています1。このサイクルは3ヶ月の経過で次の段階に移行し、1年で1周します。

SCP-467-JP-1の発生の15分後より、時間が経過するにつれて被験者の肉体が徐々に老化していく場合2があります。このとき、被験者をSCP-467-JPより引き離すことで被験者の肉体年齢は元に戻ることが確認されていますが、被験者はそれらに抵抗することが明らかになっています。この反応は被験者の老化現象が起こらない場合でも確認されています。SCP-467-JPより引き離すことに成功すれば、被験者は抵抗をやめます。

そしてSCP-467-JP-1の発生より30分後、老化現象が発生していた場合完全に終息し、被験者はSCP-467-JP-1を自らの子、あるいは孫として扱うようになり、外部からの音声に一切反応を示さなくなります。この状態と化した被験者は、以降SCP-467-JP-2として扱います。SCP-467-JP-2は老化現象の終息前と同じ手順でSCP-467-JPの影響下より脱することが出来ますが、肉体年齢は元には戻りません。以降、SCP-467-JP-2がSCP-467-JPに接触する度、即座にSCP-467-JP-1を認知し家族として振る舞います。

補遺: 現在、████博士によって詳細な調査が行われている音声ログです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。