SCP-469
評価: +6+x
scp%20469.jpg
SCP-469の羽の一枚

アイテム番号: SCP-469

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-469は、終了させる方法が確立するまで、15.24m×15.24m×15.24m(50ft×50ft×50ft)の防音で密閉された部屋に収容してください。SCP-469の部屋に入る全ての職員(Dクラスのみ)は、必ず防音反共振服(Sound-Proofing Anti-Resonance,SPAR)を部屋にいる間常に着用し、会話は筆談、手振り、文書を用いたものに限定してください。絶対に、SCP-469に触れる、もしくはその他道具を用いての同様の行為は行わないでください。

SCP-469の部屋に入っている際に用いる道具は全て、騒音が極力小さいもの、もしくは全く音を発しないものにしてください。職員間の通信のために携帯電話を使用する場合、それをミュートにしている限り許可されます。

説明: 一見して、SCP-469は、直径8.84m(29ft)、重さは数トンの白い羽毛でできた巨大な山に見えます。しかし、近くでよく見ると、巨大な山のように、莫大な量の白い鳥類の翼がきつく渦巻いているのが分かります。それぞれの翼は大きさがまちまちで、数センチメートルから数メートルの間ですが、全ての羽は白く光沢があります。

X線撮影により、翼は他の鳥と同様に、下部に含気骨の構造を持っていますが、その骨はとても柔らかくしなやかで、他の鳥や脊椎動物が不可能なほどに、とぐろを巻くように曲げることが可能であると明らかになりました。塊の中央には、胎児のように体を丸めた人型生物がいて、全ての翼はそれの脊椎から生えています。

SCP-469はもっぱら音と音波を餌としており、音によりエネルギーを高め、新しくより大きく翼や羽毛を成長させます。音が大きい、もしくは音の周波数が高いほど、SCP-469の成長は早くなります。SCP-469は持続した音、リズミカルで音楽的な音、特にベルによって作られた音を好物とします(追記参照)。しかし、SCP-469自身は、羽が吸音構造をしているため、何ら音を発しません。

人間や動物が生物の羽に触れる、もしくは極端に近付くと、拡張された翼によって包まれ、内部に引っ張られます。羽毛の柔らかな見た目にもかかわらず、毛の一本一本は鋭く、素早く衣服を突き抜け、皮膚へ突き刺さります。すると直ちに神経毒を注入し、犠牲者の痛覚受容体を刺激し、あまりに早く気絶しないようにします。これにより、犠牲者は大きな声で叫び、したがって、SCP-469は犠牲者がショック状態に陥るまで、より一層食事をとることができます。SCP-469のこの方法が原因で、4人の職員を失っています。すでに死んでいるもの、生命のない物体がSCP-469に触れても、何も反応はありません。

SCP-469への全ての終了させるための方法は成功していません。最初に火炎放射器を使用しましたが、燃料が放つ音と、炎の爆ぜる音による成長が、火炎放射器による破壊よりも速かったです。道具を用いて切る方法は、SCP-469の射程内に入った結果失敗し、2人のエージェントを失いました。酸に浸す方法を提案中です。

追記: SCP-469の近く(15.24m以内)では、絶対にベルを鳴らしてはいけません。それは、録音されたベル音や、アラーム音も含みます。ベルの音が鳴ると、中央の人型生物が“起床”し、翼が発展し、さらに進んで[データ削除済]。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。