SCP-470-JP
評価: +8+x

アイテム番号: SCP-470-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル: SCP-470-JPは、常にサイト-8141にある標準人型存在収容室に収容され、モニターにより24時間監視されています。SCP-470-JPの収容室内には、毎朝7時に、指定された匂い物質の混合気体を、20分間散布してください。
SCP-470-JPからの要求があった場合、1週間に1人まで、SCP-470-JPの能力の影響を受けた事のない男性のDクラス職員を、最低8時間入室させてください。この間、職員及びSCP-470-JPになんらかの異常が見られた場合、一酸化炭素等の有害な気体の発生を考慮し、指定された酸素ボンベ付き装備を着用した職員2人で、入室していたDクラス職員を退室させてください。
接触終了後、接触していた職員は専門スタッフによるカウンセリングの後、必要であれば記憶処理を行ってください。

追加プロトコル:SCP-470-JPの存在を維持するために、毎日2時間のカウンセリングを繖(きぬがさ)博士、もしくはセキュリティクリアランス2以上の男性職員が行ってください。カウンセリングの内容は全て録音してください。

説明: SCP-470-JPは霧のように見える不透明の白い人型のもやであり、もやの中心には直径2cmの乳白色の球体(SCP-470-JP-A)が浮かんでいます。SCP-470-JP-Aについての直接の物理的干渉を用いた研究は、SCP-470-JPの存続に関わる可能性があるため、現在行われていません。SCP-470-JPの体のもやは、風により拡散することはありませんが、時間経過で少しずつ拡散していきます。この拡散する匂い物質の補給のためSCP-470-JPは1日に1度、最低5種類以上の匂い物質を必要とします。固形物に対する接触はその性質上不可能で、移動の際は漂うような動きをします。SCP-470-JPのもやを構成する気体の成分は様々な系統の匂い物質で、ほとんどが人々に心地よいと感じさせるものです1
SCP-470-JPは嗅覚と味覚を持たず、怒りと嫉妬の感情を示さないことを除いては極めて人間的です。また、若い女性の声を発し、日本語で自身を██県の██████高等学校に通う█████という名の16歳の女性だと主張し、「カオリ」と呼称するよう要求します。SCP-470-JPはコミュニケーションに対し若干の恐怖心を抱いているように見えます。また、常に人に顔を向けないよう俯きがちで、気分が高揚した時を除き大半はたどたどしい話し方をします。ただし、カウンセリングに対しては通常より積極的です。心理分析により、SCP-470-JPは幼少期から重度の虐待を受け、周囲への強い劣等感を抱いていたことが判明しています。

SCP-470-JPと外気を介して接触した場合、接触した人物はなんらかの匂いを感じます。しかし、その匂いを発する匂い物質は、検証の結果、必ず収容室内には存在しない事が判明しています。また、この匂いはそれぞれで変化し、一度嗅いだ匂いはSCP-470-JPと何度外気を介して接触しても変化しませんが、いずれも状態が変質した際はこの限りではありません。この匂いの決定されるプロセスは現在も調査中です。また、SCP-470-JPと収容プロトコルの際のような長時間の接触の後、接触した職員はSCP-470-JPに対して慈しみや同情といった感情を強く持つようになります。これはこのオブジェクトの能力によるものではなく、自発的にそういった感情を抱くという事が心理分析の結果判明しています。しかし、実験により短時間接触した職員にはそのような感情は見られませんでした。これはSCP-470-JPの性格が大きく影響していると考えられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。