SCP-474-JP
評価: +42+x
%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3.jpg

捕獲用ドローンによる再収容直前のSCP-474-JP

アイテム番号: SCP-474-JP
 
オブジェクトクラス: Safe
 
特別収容プロトコル: SCP-474-JPは専用の飼育ケース内で飼育されます。飼育ケースは小静物オブジェクト収容用個室内に安置され、監視カメラとサーモグラフィーによる間接的な監視を行ってください。給餌や給水、清掃や設備の点検と新設は遠隔操作のロボットによって行い、収容用個室内にいずれの人間も立ち入らないようにしてください。
SCP-474-JPを用いた実験はセキュリティクリアランスレベル1以上の職員ならば誰でも申請が可能ですが、担当研究チームの承認を必ず得た上で、2名以上の担当研究員の立ち会いのもと行ってください。
 
説明: SCP-474-JPは体長約9cm、体重33.4gの一般的なジャンガリアンハムスター(学名:Phodopus sungorus)です。SCP-474-JPは同種の通常個体と比較した場合、通常の食性と生理機能、感覚能力、情動反応を有します。しかし睡眠を一切取らない点と、老化も成長も一切進行していない点で異なっています。
また、常時やや興奮状態にあると見られており、飼育ケースに対して攻撃的な行動に及ぶ例も報告されていますが、現在まで飼育ケースの破損による収容違反は発生していません。
 
SCP-474-JPの視界内に覚醒している状態の人間(以下"被験者"と呼称)が入った時、被験者に対して異常が発現します。被験者は外部からの刺激に一切反応しなくなり、SCP-474-JPを常に凝視した状態で踊り始めます。踊っている最中もSCP-474-JPへの凝視は維持され、可能な限り頭部を同一空間地点に固定したままで踊り続けます。
SCP-474-JPは被験者に対して特に関心を持つような素振りを見せませんが、踊りの最中は非常に興奮した様子を見せます。これが異常性質によるものなのか、正常な動物的本能によるものなのかは判明していません。
 
被験者による踊りの形式やパターンは被験者によって異なりますが、同一の被験者を複数回SCP-474-JPの異常性質に曝露させた所、それぞれで異なる形式やパターンの踊りを実行しました。
踊りの様式は部分的に既存の近代舞踊、民族舞踊との共通点が見られますが、全体的にはそれら既存の舞踊と無様式の舞踊が混在した無秩序なものです。しかしこれまでの例全てに於いて、必ず右手第三指を立てたまま激しく腕部を動かすという動作を複数回実行するという共通点が存在します。
 
踊りは4〜26分間継続され、踊りが終了するのと同時に被験者は昏倒します。この昏倒は、脳に対して非常に強いストレスが短時間でかけられた事による本能的な防御反応であると結論付けられています。
被験者は踊りの記憶を有しており、何故踊りに及んだのかについて訊ねた場合、必ず以下の文章をそのまま発言します。

だってげっ歯類の知識は月の丘陵線に至るディリディリディリダが夢の音楽を奏でてたからだよ

その他の精神活動については、異常性質に曝露する前となんら変わっていません。
 
補遺: 担当研究主任蕾家博士の手により、被験者による踊りの中で、第三指を立てている間の右手首から先の軌道をSCP-474-JPの存在する地点から観測し、二次元的な線として捉え、描かれた順番で繋ぎ合わせる事によって何らかの法則性のある図形・数式、または文章が構成可能であることが判明しました。
以下は、これまでの実験記録の見直しによって発見された図形・数式、または文章の一覧です。

  • 月の表側に存在する"海"の模様外縁図
  • アラビア語訳された『植物雑種の研究』書籍タイトル
  • 無向グラフの定義式
  • アメリカ合衆国カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州を含んだ西海岸域海岸線図
  • 『神話的突歯類』という架空の書籍タイトルと序文と思われる文章。文章は84字の中国語繁体字で書かれていると思われる
  • 「宇宙だ宇宙がくるネズミがわらっている」という日本語で書かれた文章
  • 塩基対の化学式と「参拾壱万万」という文字
  • 「imperium」という文字
  • 『dididada dideda dididalu dido』という文字と、ロシア語で構成された論文調の文章。文章では高脂肪有機物を低脂肪タンパク質へと変成する方法が論じられていると推測される
  • ██████の証明式
  • 「raediness」という文字

これらの図形・数式、または文章は、一度の踊りの中で必ず一つ表されており、全ての被験者はこれらの構成パーツを描き切ってから1分以内に昏倒していたことが発見されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。