SCP-474-KO
評価: +1+x
474-KO.jpg

SCP-474-KOの実

アイテム番号: SCP-474-KO

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 大田広域市の██山で民間人の出入りを禁止し、対象の苗木や実は現在サイト-███に保管された標本以外に██山外部へと搬出することができず、実験以外で対象の実を摂取した人員は射殺されます。実験はセキュリティクリアランスレベル3以上の人物の許可無しでは行う事が出来ません。

説明: 対象は██山、またその周囲で発見された桑の実と似た実が生成される植物型のオブジェクトであり、常に実が生成されています。対象の果実は非常に強い香りを出し、この香りを感じた人物は実を摂取したい強い欲求を感じるようになります。また、この実を摂取した場合摂取した人物(以下SCP-474-KO-1)は、解決されない深刻な飢餓を持つようになり、時間が経つにつれて判断力が薄れます。これは実が調理された状態でも発生します。個人差がありますが、摂取から8〜9時間程度が経過した後に、[削除済]後SCP-474-KO-1は出血で死亡します。SCP-474-KO-1が死亡した後、1時間以内に、SCP-474-KO-1の体から新しい対象が発生します。

補遺
事件記録474-01: 19██年3月2日、大田広域市██区██山で6人の中年男性が█時間ほど暴動を起こした後お互いの腕を[削除済]。█分後、財団が周辺人物にBクラス記憶処理を行い男性の遺体から育ったSCP-474-KOを回収した。サイトに戻った後、D-47██、D-632██に対象を摂取させる。

こう言うのもあれですが、死体で育った物を食べたいですか? - █博士

実験機録474-A: 対象の効果が起きる過程を知るためにSCP-474-KO-1を何人かのDクラス職員と共に実験用隔離施設に投入した後観察した。

対象: SCP-474-KO-1(D-8645), D-27██, D-36██, D-94██, D-35██, D-64██
方法: 対象にCクラス記憶処理を行った後D-8645に実を摂取させて█番実験用隔離施設に隔離した。
13:00 D-8645(SCP-474-KO-1)に対象の実を摂取させる。
13:30 他のDクラス職員に腹がへると呼び掛け始める。その後隔離施設内の食糧を食べ始める。
15:00 施設内の食糧を全部食べてしまう。
16:00 他の対象に「D-94██が食糧を隠している」と述べる。これは事実ではないことが確認された。
18:00 D-94 ██とD-35██を暴行、D-94██とD-35██は死亡し[削除済]
18:30 言語使用がどもりがちになる。 SCP-474-KO-1を除いた残り人員は逃走、すぐ警備員に捕まり月末処理日に処理される。
19:00 言語表現が不可能になる。 近くにあるすべての物体を食べようと試みる。
20:30 [削除済]
21:30 [削除済]
22:32 大量出血で死亡する。
23:27 新しい対象が成長し始める。実験終了。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。