SCP-475
評価: 0+x
SCP-475.jpeg

収容を解除した際のSCP-475

アイテム番号: SCP-475

オブジェクトクラス: Euclid (元Safe)

特別収容プロトコル: SCP-475はセクター19の保管ユニット45-C内にある0.5m×0.5m×0.5mの密閉された金庫に入れて施錠してください。調査が完了するまで、最低3人のレベル4以上のスタッフの同意と監督なしに金庫を開けてはなりません。実験中は、決してSCP-475のいかなる部分も機械油との接触を起こすことのないようにしてください。

SCP-475の催眠暗示能力により、既知の宗教関係団体に接している、もしくはプロテスタントの職員はまず悔い改めなければなりません。これらの手順に従わなかった場合、即時終了という結果に繋がります。

ローマ・カトリック教会、壊れた神の教会、あるいは第五教会のあらゆる信徒は、決してSCP-475の存在に関する知識を与えられるべきではありません。

説明: SCP-475は一般的なローマ法王の姿を模した石鹸製の華美な彫刻です。分析によると、質量の89.7%を占める長鎖飽和脂肪酸(CH3-(CH2)n)と、残り10.3%の親水性頭部として付加された███████-████で構成されています。███████-████はSCP-475に特異な性質を与えていると考えられますが、SCP-475を再作成する試みは失敗しており、インシデント475-A以来はさらなる作成の試みは行われていません。

SCP-475を水に濡らして皮膚に擦りつけると、蓄積された外部からの汚染物質がすべて除去されます。実験済の物質には死んだ皮膚細胞、汗、████████████████、土、洗剤等があります。実験後の検査で、統計的に異常ながら外部からの汚染物質が100%除去されたことが分かりました。この過程は人間の皮膚に使用した場合にのみ起こります。SCP-475を人間以外のものに使用する試みは[データ削除済]という結果になり、すべて失敗しました。

インシデント475-Aは、それ以外の異常が被験者の則る宗教に従って起こることを実証しました。ローマ・カトリックを信奉する被験者は、表情と血色がいくぶん良くなるとともに、彼らの信仰をいっそう確固たるものにする体験をしたと報告しています。███████████ █████を信奉する被験者は[データ削除済]を報告し、膝の靭帯に深刻な損傷を負う結果になりました。拘束した壊れた神の教会のエージェントは、1名にのみ実験を行うことができました。この実験は、7名の教会エージェントの死亡と2名のDクラス職員の回復不能の喪失を伴う[データ削除済]という結果になりました。これ以来、他の実験の試みは行われていません。それ以外のすべての信仰は洗浄過程に起因するものを除いて異常を引き起こしませんでした。

補遺: レベル3以上のセキュリティクリアランスを持つ職員には、インシデント475-Aに関するドキュメント#475-1を閲覧することを推奨します。

ドキュメント#475-1: インシデント475-Aはローマ・カトリック教会の信徒を公言しているD-234の実験中に起こりました。以下の音声記録が録音されています。映像記録は█████████に分類され、O5-█の権限のもとに秘匿されました。

██████博士: オーケー皆さん、あらかた終わりました。ローマ・カトリックはこれで最後になるでしょう。'Safe'分類の申請を提出するのに十分なデータを得たと思います。始めろ、D-234。
D-234: なんだよ、この石鹸で体を洗うだけか?
██████博士: そうだ。カメラは切っておいたから、気にしなくていい。
████博士: (ひそひそ声で)博士、カメラは切ってな――
██████博士: しっ。あいつがそれを知る必要はないよ。
(数分の間、何の変哲もないノイズが記録されている)
██████博士: まだか? 君、D-234を今すぐ止めてきてくれ。
████博士: 私には、うーん……彼が貴方の言うことを聞いているようには見えません。
██████博士: D-234、実験を終了する。475を置いて除染に向かえ。これは命令だ。

(D-234からの反応がない)
██████博士: 聞こえているのか?
████博士: 彼が何か言っているように思いますが……?
D-234: (くぐもった声で)……汚れてる……まだ汚れてる…
██████博士: これは一体……。警備員! D-234を抑えつけろ!
D-234: 俺は汚らしい。俺はまだ汚れてるんだ。
████博士: なんてこった、彼の肌が!
██████博士: それを捨てろ!
D-234: (ヒステリックに)汚れてるんだよォ!

被験者D-234は自らの皮膚と眼球を[データ削除済]したのちに終了されました。のちに、D-234はある宗教法人からの軽微な窃盗とメタンフェタミン所持のかどで投獄されたのちにローマ・カトリックに改宗し、洗礼の儀式を受けていないことが判明しました。さらなる実験が██████博士から申請されましたが、D-234の遺体の調査中につき拒否されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。