SCP-475
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-475

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-475はサイト-36の貯蔵ユニット45-Cの防水収容ロッカーに保存されなければなりません。超常宗教を用いた全ての実験はサイト管理者の許可が必要です。

宗教的要注意団体にオブジェクトの存在を知られる事を防ぐために、SCP-475の情報はレベルIII情報保障プロトコルに従います。

説明: SCP-475は、身元不明のローマ教皇を象った華美な石鹸の彫刻です。像の底部には"清潔は敬神に次ぐ美徳"というフレーズが彫り込まれています。分析によると、質量の89.7%を占める長鎖飽和脂肪酸(CH3-(CH2)n)と、残り10.3%の親水性頭部として付加された███████-████で構成されています。███████-████はSCP-475に特異な性質を与えていると考えられますが、この化合物を再現しようとする全ての試みは失敗しています。

水に濡れたSCP-475が皮膚に塗布されると、蓄積されていた外部からの汚染物質が全て除去されます。実験済みの物質には、死んだ皮膚細胞、汗、身体寄生虫、カビ、垢、及び洗剤が含まれます。実験後の検査では統計的に異常ながら、外部からの汚染物質が100%除去される事が分かっています。このプロセスはヒト皮膚に使用する場合にのみ発生します。SCP-475を非ヒト対象に使用しようとするこれまでの試みは全て、異常な効果を発生させませんでした。SCP-1845SCP-2050などの異常動物での実験は承認待ちです。典型的な石鹸と異なり、SCP-475が使用によって減少することはありません。

SCP-475の二次的な異常効果は組織化された宗教の信者に使用された時に明確に表れます。被験者は普遍的により強い精神的明晰さを報告し、教会の教義へのより強い忠実さを示し、またブランドン=スペクター信仰心尺度において少なくとも15 センチアキヴァ以上の点数を取得します。これらの効果は被験者がオブジェクトを使用する時間が長くなるにしたがって増大し、ピーク時には局所的な現実改変を引き起こします。この改変を特徴付ける要素として、半径5メートル以内の全ての水が被験者の属する宗教において「神聖」と見做される液体に変化します。これらの変化の事例は実験ログ-475を参照して下さい。

補遺: SCP-475は境界線イニシアチブの反乱分子がSCP-475のコントロールを放棄した際に財団の封じ込め下に入りました。構成員らは、団結の維持および内紛の防止を望むためにオブジェクトを保持できなくなったと述べました。SCP-475は "逆さ十字と一致する"1傷による死亡と診断されたカトリック枢機卿████ ███████の居住地から回収されたと伝えられています。以下の資料も提供されました:

補遺: SCP-475は超常宗教を伴う広範な実験が認可されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。