SCP-480
評価: 0+x
emf.jpg

SCP-480収容チャンバー

アイテム番号: SCP-480

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: アメリカ合衆国ワイオミング州の██████南南西142kmにあるサイト-415がSCP-480の発生する位置に建設され、その収容のために使われています。SCP-480は変動現象の兆候を常にモニタリングする必要があります。

SCP-480は、電磁放射スペクトルセンサーを含む早期警戒システムが追加されたタイプ-3標準観測チャンバーに収容されます。ワークステーションと研究スタッフは、観測されたSCP-480の中心から最低25mの距離を取ってください。SCP-480エリアの顕著な拡大が認められた場合は、D-クラス被験者が直ちに用意され、第一収容ユニットに隣接した観測室に留置されます。

補遺28-マイク: 研究スタッフの間で広がる不安に対処するため、現在SCP-480の影響下にないことを証明するミーム的なパスフレーズシステムが導入されました。サイト-415での勤務を終えた全ての職員は、退勤の前にミーム的現実確認プロトコルを実行しなくてはいけません。

説明: SCP-480は不可視で不明な発生源から生じる局所的な電磁場であり、人間の意識と生理機能に対し重大な変化を誘導する能力があります。

chamber.jpg

被験者が導入される前の観測チャンバー

電磁場のサイズと強さは変化しますが、SCP-480は多くの場合約450m3の体積を占め、2.4Tから4.6Tの間の値を示します。しかし、SCP-480は収縮・拡張することができ、記録されている最小の値は38.1μTと18m3であり、最大の値は14.9Tと792m3です。知能のある生物が現在その影響下にいない場合、SCP-480は62%の確率で拡張現象を起こす可能性がありますが、この現象はSCP-480の中に人間や物体がいるかどうかに関わらず常に発生する可能性があります。

知能のある生物がSCP-480のエリアに入ると、それは知覚と精神機能に急激な変化をもたらします。SCP-480に位置した被験者はレム睡眠中に夢を見ているのと似た精神状態に陥り、外部からの刺激にほとんど反応しなくなります。この状態では被験者は一定の時間の反復を知覚し、それは最近の出来事か近い未来と思われる時間のどちらかです。それぞれの反復は同じ場面から始まります。例えば、もし被験者の反復の始まりがハイウェイのある地点で車を運転していることに気付くというものだったなら、被験者は連続する反復において常に同じ状況に遭遇するでしょう。しかし、それに続く出来事は被験者が体験するそれぞれのシナリオにおいて異なっていきます。

SCP-480内で体験するそれぞれの反復は、被験者に強い恐怖の感情を引き起こす一つあるいは一連の出来事からなります。いくつかの反復は被験者が死を感じることで終了し、それ以外の場合は不明な理由により被験者が単に意識を失うことで完結します。どちらの終わりを迎えたかに関わらず、被験者が経験するシナリオは同じ状況で再スタートします。被験者はそれ以前の反復の記憶を保てないようです。既知の反復シナリオの一部のリストは、補遺480-3を参照してください。

被験者はSCP-480のエリア内にいる間は、その影響を受け続けます。SCP-480の影響のため、エリア内にいる被験者は強烈で絶え間ないストレスレベルの上昇を示し、生理的に有害な結果をもたらされます。SCP-480に影響されている対象を範囲外に移動させた場合、被験者は必ず脳からの出血を引き起こし(大抵は脳幹で起こります)、数分で脳死します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。