SCP-485
評価: +11+x
11063_GermShieldClickPen_CP_med.jpg
SCP-485の画像

アイテム番号: SCP-485

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-485は安全な場所にある鍵で施錠された貸し金庫に常に仕舞われています。

説明: SCP-485は異常にボタンを押しやすいだけの、標準的な格納式ボールペンに見えます。そのボールペンはDahij(?)博士が生命保険更新時に、うっかり盗んでしまったものです。ボールペンは以前、████生命保険会社のエージェント████████の物でした。ボールペンの先端を伸ばすたびに、使用者の知っている人が無作為に原因不明の死を遂げます。ボタンの動きが異常に滑らかなので、起きている事に理解や特に考えはなかった被験者達が、試験中忙しなくペンをカチカチしていたことに注目が集まりました。

Dahij博士がぼんやりとデスクでペンをカチカチと押していた時に、話の途中で████████博士が倒れて死亡したことが最初の発見でした。Dahij博士は、職場先を含めた、通常連絡がとれる場所にいるはずの彼の妻に電話をかけ、応答がないことが分かりました。管理者█████は少し驚いた顔のまま死亡していました。そのボールペンは、簡単な追跡試験をして、SCPと認められました。

ペンの作用は、基地の█████ █████で、彼が収容されて以来出会った、生存中の人間は全部で39人しか知らない孤独なDクラスにより確認されました。前述の人員が残りの試験の被験者たちの90%以上を手のひら上で上手く片づけました。彼らは全て基地の同じ宿舎から選ばれていました。試験用の生きた人員を獲得する手続きは、選択過程でさらにランダム化が必要とされるように更新されています。

付録: 最近、Dahij博士の友達、家族ほぼすべてが巻き込まれた個人的な悲劇が原因で、SCP-485はこれにより非個人の貸し金庫内に管理されることになりました。

メモ: アイツはずっと、あのいまいましいクソッタレたカチカチを一応デスクではやっちゃあいねえ。今度はアイツが泣き叫ぶのをやめてくれりゃあな。 -ブライト博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。