SCP-486-JP
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-486-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-486-JP及びSCP-486-JP-1はサイト-8120の標準型収容ロッカーに保管されます。実験はレベル2職員の許可を得て、Dクラスもしくは前頭前皮質の自己抑制指数が規定値以上の職員のみを対象に行ってください。SCP-486-JP-1の影響により業務に支障が出ていると判断された職員には、Aクラス記憶処理が施されます。

説明: SCP-486-JPは███社の製品と思われる金属製の煙草入れです。9.0cm×5.5cm×2.2cmのステンレス製で、スライド式の内部に約20本の煙草を収納する事ができます。完全に閉じられたSCP-486-JPが人の手によって開けられた場合、内部を満たす20本の煙草が生成されます。実験結果から、生成されたSCP-486-JP-1はSCP-486-JPを開けた人物の欲求に対応した性質を持つと推測されています。

SCP-486-JP-1は一般的なタバコの葉のみならず様々な素材によって構成されます。その素材がたとえ人体に極めて有害な物であったとしてもSCP-486-JP-1を使用した人物には長期的、短期的を問わず一切の健康被害が発生しません。しかし喫煙後、使用者はSCP-486-JP-1の素材に関連した強い欲求を訴えます。その欲求が満たされた場合、使用者は通常よりも大きな満足感や多幸感を感じます。その経験は過去に喫煙歴があるか否かに関わらず、喫煙への欲求を強める傾向にあります。使用者はまずSCP-486-JP-1の使用を求めますが、それが達成できない場合通常の紙巻き煙草や消費したSCP-486-JP-1と同一の素材で構成された煙草を要求、消費し、結果的にニコチン依存症や複数の合併症に陥ります。初期の喫煙欲求はニコチンへの中毒症状ではなく精神的な願望であるため、意識的な自己抑制かAクラス記憶処理によって対処できます。

SCP-486-JPは█████下級研究員が██県の骨董品店にて、私用の煙草入れを購入しようとした際に発見されました。骨董品店の店主にSCP-486-JPを仕入れた記憶が存在しないため、その特性がいつ発現したのかは不明なままです。

実験記録486-JP-1

日付: 20██/08/19
対象者: D-651
実験方法: D-651がSCP-486-JPを開き、生成物をD-651が消費する。
生成物の素材: 胡椒を含む数種類の香辛料
被験者の要求: D-651はステーキを要求した
結果: D-651は与えられた400gのビーフステーキを食べきり、「人生で一番美味い」と評した。

日付: 20██/08/19
対象者: D-651、D-882
実験方法: D-882がSCP-486-JPを開き、生成物をD-651が消費する。
生成物の素材: 日当たりの良い地域に生息する、数種類の野草
被験者の要求: D-651は青空の下で走れる環境を要求した
結果: 警備員の監視付きで職員用運動場の利用が許可され、D-651は200mトラックを11周走った後に嘔吐した。D-651は警備員により問題なく再拘束された。

日付: 20██/08/20
対象者: D-241、D-507(どちらも性犯罪の前科あり)
実験手順: D-507がSCP-486-JPを開き、生成物をD-241、D-507が消費する。
生成物の素材: [削除済]
被験者の要求: [削除済]
結果: 実験後、両者の脳からは過剰な量のβエンドルフィンが検出された。

日付: 20██/08/25
対象者: ███研究員
実験手順: ███研究員がSCP-486-JPを開き、生成物を███研究員が消費する。
生成物の素材: 細断された一般的なコピー用紙、およびインク
被験者の要求: なし
結果: ███研究員は自らのデスクに戻り、5時間で72枚のレポートを書き上げた。

メモ: 職員の意欲向上にSCP-486-JPを利用する提案は、現在保留中です。

日付: ████/██/██
対象者: D-1192
実験手順: D-1192がSCP-486-JPを開き、生成物をD-1192が消費する。
生成物の素材: 亜麻、三原色の顔料、乾性油
被験者の要求: D-1192は絵筆と画材を要求した
結果: D-1192は3日間休息を取らずに一枚の絵画を製作した。製作後、D-1192は「やっと自分が何のために生まれてきたのかわかった」と述べた。D-1192の解雇後、絵画は「死刑囚の描いた芸術」展に出展された。

メモ: どうやらこいつには、秘められた才能を開花させる力もあるらしい。しかし、奴がもっと早くそれに気付いていたらと思わずにはいられないよ。-███博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。