SCP-4904
rating: +9+x
disc.jpg

SCP-4904-03 ("ソニックアドベンチャー"バージョン)。

アイテム番号: SCP-4904

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4904の全7実体はサイト-15の環境制御型Safeクラス保管ロッカーに保管されます。SCP-4904実体の長期実験(1時間以上)はディスクの変形や爆発を防ぐため、補強改造されたハードウェア上でのみ行われるべきです。

説明: SCP-4904は1997年から1999年の間に、セガによって製造された改造GD-ROM("Gigabyte Disc Read-Only-Memory")保存ディスク群です。各ディスクは家庭用ハード戦争の最盛期に、セガ・ジャパンの詳細不明である"R&D-0"部門によって作成された、著作権侵害防止用プロトタイプディスク群としてのものであり、その起源を識別するシリアルナンバーを除いて、非異常性のGD-ROMと視覚的に区別することはできません。このようなディスクが推定60~100枚作成されたことが知られていますが、財団の所有する7枚のみが残されており、これらのディスクには1990年代後半にリリースされたセガのゲームのコピーが含まれています。1

読み込みを行うと、SCP-4904実体は光学ドライブのリーダーを予測不可能な方法で動作させ、一見無差別にディスクデータへアクセスします。各ゲームは想定通りに起動しますが、最初のロード画面後に何らかのアクションを行うと、数秒以内に画面に無秩序なパターンが発生します。スプライトやアセットはそれぞれを非対称のチャンクに混ぜ合わせており、マップは再帰的に他のマップ上にレンダリングされ、音声は数秒以内に絶え間なく振動するノイズに変化します。これらは1990年代のハードウェアにはコンピューター的にレンダリング不可能である、元のゲームの内容と非常に矛盾した背景や図形の複雑なレンダリングに安定します。

dream2.jpg

ゲームプレイ01:02:23時点のSCP-4904-03映像のサンプル。

R&D-0の元主任ハードウェアプログラマーであるケン・マツヤ氏によると、ディスクの著作権侵害防止暗号化方法─独自のチェックサムのエンコードを可能にするための、ディスクの溝に沿ったナノメートルスケールの可変深パターンを実装するには多くの困難があったとされています。実験ディスクは終始セガのハードウェアで読み込みやすいものでしたが、ポインターへのアクセスにおける回析誘導の不正確さは、ロケーション参照のおよそ95%でポインター自身を読み込むことを引き起こしました。これにより、故障するまで光学リーダーが再帰的にディスクのセグメントをロード、及びアクセスするように、不規則にディスク上の前後へスキップしました。結果的にそれはプレイ不可能なものでした。暗号化プロジェクトは中止され、プロトタイプディスクは密かに破壊されました。

二重溝のあるGD-ROMプロトタイプ7枚は、彼らの破壊の前にマツヤ氏によって保存されていたことが判明しています。即席のセガのハードウェアの助けにより、マツヤ氏はディスクの不規則な挙動の原因を理解しようとするのにその後4年を費やしました。彼のアパートから回収されたノートブックには、目の形状に回転するディスクと一致する、ゲームデータ外部の場所から描かれたような、背景や図形のフラクタルな組み合わせを描写する、ディスクが生成した視覚表現の多数のスケッチが含まれています。

dream3.jpg

ゲームプレイ03:17:52時点のSCP-4904-03映像のサンプル。

2003年8月、マツヤ氏は後に、人間もしくは非人間の侵入の証拠が存在しないにも関わらず、彼のアパートにおいて脳幹や辺縁系の大部分が消滅した状態で、心不全によって死亡していることが発見されました。彼の死亡時にテレビに再生されていた奇妙な映像は、死因の可能性があるとしてSCP-4904の調査が行われ、その後結果としてクラス分類と収容に繋がりました。

実験ではそのような影響は観察されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。