SCP-4947
評価: +7+x

特別収容プロトコル: SCP-4947は未収容です。財団フロント企業のサニー・スカイズ分析は、赤痢による日間死者数の集計並びに広報を担当します。財団は実際の死亡者数にかかわらず、死亡者数を2025/06/06以降の日数をnとした際のフィボナッチ数列におけるn番目の値として報告しなければなりません。

第三者による報告書によって検証可能な赤痢による死亡例が提示された場合、その報告書は総数に加算され、SCP-4947はNeutralizedとして再分類されます。

説明: SCP-4947は、赤痢による死亡者届出件数にて観測される確率論的異常です。

2025/06/06より、報告される1日あたりの赤痢による合計死亡者数は、2025/06/06以降の日数をnとした場合のフィボナッチ数列におけるn番目の値となっています。これらの死亡者についての研究の結果、標準的な統計的誤差を別とすれば、現行の収容プロトコルが制定される以前の全ての死亡事例は上記の点を除いて非異常の赤痢によるものであることが判明しています。

SCP-4947が赤痢による実際の死亡者数を表すものではないことは留意すべきです。SCP-4947は単に公表された報告値の総計を表します。

現行の収容プロトコルは2025/07/02に開発され、施行されました。結果として、赤痢による実際の人間の死亡は根絶されたものと思われます。致命的な赤痢症例の消滅について一般市民を誤誘導させるため、財団諜報部ƟU-4947が割り当てられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。