SCP-498-JP
評価: +30+x

アイテム番号: SCP-498-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-498-JPはサイト-81██の特別収容室に収容されます。SCP-498-JPには1か月に1度、機械により絵を描き加えてください。この絵の記録は必ず行わなければなりません。

SCP-498-JPの収容違反が発生した場合、直ちに捜索を行ってください。人目につく場所で発見された場合、すぐさまカバーストーリー『新型液晶の実験』を流布し、回収してください。

説明: 現在のSCP-498-JPはコンクリート製の壁です。現在サイト-81██の特別収容室に収容されています。現在の大きさは高さ2m幅4m厚さ0.3mです。SCP-498-JPの片面には簡易な絵が描かれており、この絵はSCP-498-JP-1群と指定されています。SCP-498-JPは一定期間SCP-498-JP-1群が存在する方の面に絵が描かれない場合、同程度の大きさをしたコンクリート製の壁に特異性が転移します。SCP-498-JPの目の前で『海』『町』『砂漠』といった簡単な場面を発声することで指定した場合、SCP-498-JP上に描かれたSCP-498-JP-1群は消え去り、指定した場面に合致するSCP-498-JP-1群へと変化します。また、同様に発声することで特定のSCP-498-JP-1を追跡することも可能です。この特性により、SCP-498-JPはある種のモニターのような役割をしていると考えられています。SCP-498-JP自体には軽度な損傷しか与えることができません。しかし、異常性の範囲外は破壊が可能なため、くり抜いた後クレーン等で移動させることが可能です。

SCP-498-JP-1群はそのほとんどが最初からSCP-498-JP上に存在します。動くものをモチーフとしたSCP-498-JP-1群ならばSCP-498-JP上を自由にフェードイン、フェードアウトすることで出現します。SCP-498-JP-1群は描かれたものに対応した常識的な挙動を示します。しかし、異常存在を描いたと考えられるSCP-498-JP-1群は例外となります。SCP-498-JP-1群はこちら側を認識していないような挙動を示しています。SCP-498-JP-1群により描かれる世界の環境は現実世界と酷似していることが判明しています。また、描写された世界には異常存在らしきものが確認できる場合と確認できない場合があります。
我々はSCP-498-JP上にSCP-498-JP-1を描き加えることが可能です。チョークや鉛筆で描き加えるほかにも、石ころなどで表面に軽い傷をつけることでもSCP-498-JP-1を描くことはできます。描き加えたSCP-498-JP-1の共通した傾向には何らかの異常性をSCP-498-JP上で見せる点です。また、描き加えたSCP-498-JP-1はSCP-498-JP上から突如として消え去る場合があります。この原因は判明していません。

SCP-498-JPは動く落書きという噂を調査した際に発見されました。この時、何人かの小学生が描いた後だったため、SCP-498-JP上には怪獣と思しきSCP-498-JP-1が暴れまわっていました。その後、SCP-498-JP-1に描かれた世界は完全に再生が不可能なものと思われましたが、SCP-498-JP-1の消失後、新たに人類が生活している世界を映し出しています。この描かれた世界には怪獣は存在せず、同一の世界なのかは不明です。

付録1: 以下はSCP-498-JPの実験記録を抜粋したものです

付録2: 以下は事件記録498-JP及び生存者のインタビュー記録です。


 
 

 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。