SCP-503
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-503

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-503は保持保管セルに常時保たれる事になっています。4台以上の防犯カメラをセル内に設置しなければなりません。SCP-503は恒常的に監視下に置いてください。いかなる異常行動、及びカメラ映像を不鮮明化する試みは、全面的緊急事態とします。全SCP-503研究員は、セル内に進入する前に危険物所持チェックを受けなければなりません。セル内に潜在的危険物が置かれていないか毎日確認されます。

手順注: チェックは省略不可能である。これを時間を空費であると思おうが、私の知った事ではない。SCP-503-B事故報告を何と思うまい人に任せん。 ──████博士

説明: SCP-503は63歳の白人男性です。対象は禿頭(以前は黒髪であった)で、瞳の色はブラウンです。対象の下顎は、503-A事故の結果として人口器官になっています。対象の胸部には、503-5実験記録の結果として、広い傷痕あります。

SCP-503は、短期的幸運及び長期的不幸に関し注目に値する傾向を示します。対象が11歳の時に、対象の家族とともにに巻き込まれた事故からもその特性は明らかです。対象は生存しつつも、その両親並びに2人の兄弟は死亡しました。なお、対象は救助までの██日間、車で動けない状態にありました。

対象は、三度結婚しています。最初は離婚で終わり、二度目は自動車事故によって対象の妻が死亡、三度目は主題の妻の自殺という結果となりました。この間対象は、十人子供得ましたが、そのいずれも現在まで生存していません。対象が認識する限り、生存している家族は居ません。

対象は34階の窓からの転落、北大西洋での飛行機墜落、2重自動車事故、さらには2001/9/11のワールド・トレード・センターの陥落から生き残りました。対象は、縊首、過剰薬物、焼身、火器(503-A事故参照)を用いた自殺を試みています。対象は二度、別の機会に宝くじに当選しているのにも関わらず、財団が対象を保護下に置いた時には、高額の医療費によって重い負債を負っていました。

SCP-503は████████博士に、対象の特性が緊急時のフィールドエージェントの生存確率を向上させる事にリバース・エンジニアリング出来ないかどうか研究されています。

503-A事故報告: 財団保護下に入る6日前に対象はショットガンによる自殺を試みました。ショットガンを胸部に沿うように凭れかけ、顎部を通過するように発砲したため、顎部が爆発の大部分を辛うじて吸収した結果、顎部の破壊、広範囲に及ぶ頭蓋部外傷を負いました。発砲音を聞きつけた隣人が対象を発見し、対象を病院に担ぎ込みました。当病院で、SCP-███のアウトブレイクの可能性をモニタリングしていた財団エージェントによって発見され、回収されました。

503-B事故報告: 503-█実験記録に記録される実験の間、研究助手B████は対象のセルに進入する前に保安によってチェックされませんでした。実験の間、研究助手B████はボールペンを放置し、実験31分後、SCP-503はこれを用いて自殺を試みました。対象は生き残りましたが、6日間にわたって重体となりました。研究助手B████は、規律に従い再割り当てされました。

503-1実験記録
実験内容: カード透視
結果: 100%成功

503-2実験記録
実験内容: ルーレット
結果: 100%成功

503-3実験記録
実験内容: ポーカー
結果: 最後まで毎回勝ち手であったが、「ウェント・オール・イン」(全額の賞金を賭けた)してゲームに負けた。
付: よろしい、彼はゲームが御得意だと確認できた。だが吾々が彼に興味を持つ理由は他にあるのだ。さらに大きい事をせねば。──████████博士

503-4実験記録
実験内容:至近距離で頭部に銃口を向ける。
結果:17種の異なる武器による60回にわたる連続的な不発。検査室で試験したところ、不発の理由は、破片による目詰まり、パーツ故障、機械全体的な故障によるものと、多岐にわたる事が判明した。特筆すべきは最後に用いた武器、リボルバー[信頼性の高さで有名な武器の一種]は███回試射を試みたのにもかかわらず、軽度な障害によって動作不全し、その動作不全は実験室での254回目の再現実験で一度起きた以降発生していない。503-4実験記録に於いて、リボルバーは8回連続燃焼不全した。

503-5実験記録
実験内容:「ロシアンルーレット」、空の薬室1つで対象の胸を狙う。
結果:重度の胸部外傷、弾道は心臓の中心を通る、房に孔は開かなかった。肋骨骨折。対象生存。
付: ████████博士は罰せられ、再割り当てされる。███博士は、更なるテストを行う。──O5-█

更なる実験について、503-███-█実験記録を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。