SCP-504-JP
評価: +88+x

アイテム番号: SCP-504-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 小林氏邸宅跡を覆うように仮設サイト-81██が建設されます。SCP-504-JPに対する給餌は必要ありませんが、1ヶ月に1度、耐火性の高い金属にプリントされた画像データ504-JP1が与えられます。SCP-504-JPが収容に対し著しい抵抗を示した場合、機動部隊により一時的に活動を停止させて下さい。

説明: SCP-504-JPは異常な性質を持った人型実体です。SCP-504-JPの性別は見かけ上女性であるように見受けられます。SCP-504-JPの顔は著しく損傷しており、両目と口部以外の顔の部位は存在しません。また、財団により行われた標準的知能テストを含む9項目の検査の結果はSCP-504-JPの皮膚感覚を除く全ての感覚及び理性が無いことを示唆する結果となりました。

SCP-504-JPの全身は常に摂氏1,000度を超える火によって包まれています。SCP-504-JPを包む火は時間経過とともに火勢を増し、1日につき火面長は約300m増大することが確認されています。火面長増大の限界値の確認実験については現在保留されています。SCP-504-JPは平常時のたうち回る、呻き声を上げるなどの行為を繰り返しているため、SCP-504-JPは自身の異常性により常に痛覚を刺激されていると考えられています。しかしながらSCP-504-JPの熱傷の深度は確認されている限りでは深達性II度までであり、また収容後に行われた耐久実験に於いても人体にとって致命的な箇所への損傷が3-42時間程度で治癒することが確認されていることから、SCP-504-JPは低-中程度の再生能力或いは不死性を保持していると推考されています。

SCP-504-JPの異常性を唯一封じ込める方法は小林██氏の関連物品2をSCP-504-JPの存在する半径10m以内に持ち込むことです。小林氏の関連物品を範囲内に持ち込むことでSCP-504-JPは不明なプロセスでそれを認識し、入手しようとします。この動作を妨害するものに対し、SCP-504-JPは極めて攻撃的になります。小林氏の関連物品を入手することでSCP-504-JPの異常性の発露は自身の皮膚を覆う程度に留まります。しかしながら、SCP-504-JPは小林氏の関連物品を肌身離さずにいるため、大抵の場合極めて短い時間で小林氏の関連物品は焼失することとなります。SCP-504-JPが大半の感覚を失いながらも小林氏の関連物品を感知するプロセスは不明であり、一部の研究者は未知の感覚器官を保持しているとの仮説を立てています。

補遺1: インタビュー記録SCP-504-JP

インタビューログ


日付: 2016/07/██
対象: 小林██氏
質問者: エージェント・荒川
注記: 当インタビューは火傷により入院中の小林氏に対し「警察による尋問」という名目で行われた。


[重要度が低いため割愛]

エージェント・荒川: つまり貴方は自宅に自分で火を点けた、ということですね?

小林氏: ああそうだよ。やったのは俺だ。だがな、これは正当防衛っつーか不可抗力っつーか……兎に角、別に俺だって理由なく自分の住んでる家燃やしたりしねえよ。

エージェント・荒川: 何が起きたのかお聞かせ願えますか?

小林氏: [沈黙]

エージェント・荒川: どうかしましたか?

小林氏: なああんた、本当に俺の言うことを信じるか?

エージェント・荒川: ええ、約束しましょう。

小林氏: [溜息]本当だな……。あの日、俺は丁度病院から退院したところだったんだ。自転車乗っててトラックに突っ込まれてな、一時は呼吸もしていなかったらしくてよ、医者には後遺症もなく生きてるのは奇跡だって言われたな。

小林氏: そんなことがあって家に1ヶ月振りに帰ったんだが、居間に入ると知らない女が床に全身を擦りつけてたんだよ。そいつと目が合った時のことは今も忘れられねえ。顔がぐちゃぐちゃで、それでいて焦点の合わない目だけがギラギラ光ってた。

小林氏: 怖くなった俺は取り敢えず家から出て警察を呼ぼうとしたんだが、急にその化け物が俺目掛けて突っ込んできて俺はそのまま押し倒された。その時は今度こそ死を覚悟したね。化け物は矢鱈力が強くて力一杯殴っても声こそ上げてもビクともしねえ。

小林氏: このままだと殺されるって思った俺は、隙を見て咄嗟にポケットに入っていたライターを取り出して奴に火を点けた。自分も燃えるかもしれねえって思ったが、少なくとも化け物に襲われて死ぬよりはマシな死に方が出来るって思ったね。

小林氏: 火が奴の体に触れると奴が怯んで俺から少し離れた。火ならこの状況をどうにか出来ると思った俺は奴に灯油をぶち撒けて燃やした。そんで俺は消防を呼んで、後はあんたらの知る通りだ。……なあ、俺の言うことが信じられるか?

エージェント・荒川: ええ。というのも、貴方の自宅の燃え跡から貴方の言う化け物が生きた状態で見つかりましたので。

小林氏: クソ、あいつ生きてるのかよ……。あんな化け物とまた遭遇するかもって考えると、ブタ箱の中の方がまだマシってもんだな。

[以下重要度が低いため割愛]


終了報告書: 小林氏の供述により、SCP-504-JPの火に関する異常性は後天的に獲得されたものと推測されます。また、何故小林氏の邸宅にSCP-504-JPが存在していたかについては不明です。


補遺2: 全焼した小林氏の邸宅跡から燃え残った以下の物品が発見されました。
  • シャネルの鞄、財布など数点
  • 『ホノリウスの誓いの書』の写本
  • 鶏、蛇などの複数の小動物の死骸
  • 女性用下着
  • ファンデーション

小林氏は1人暮らしであり、これらの物品について見覚えはないと供述しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。