SCP-512-JP
評価: +66+x
xxx12.jpg

SCP-512-JPをファミリーコンピュータに接続したときの画像。SCP-512-JP部分は編集されている。

アイテム番号: SCP-512-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-512-JPは、保管サイト-8123の標準収容ロッカー中に施錠保管されます。SCP-512-JPをハードウェア機器に接続、及びプレイする実験を行うときは、クリアランスレベル3以上の職員2人の許可、及び同伴が必要です。

SCP-512-JPの物体出現現象によって出現した物体は、同サイトの標準収容ロッカーへ施錠保管の上、保存されています。こちらの参照には、クリアランスレベル3以上の職員の許可が必要です。

説明: SCP-512-JPは任天堂の家庭用据置型ゲーム機;ファミリーコンピュータ(HVC-001)の規格に対応するロムカセットです。SCP-512-JPの外見は、[編集済]社から発売されたロールプレイングゲーム;[編集済]と全く同一のものです。しかし、SCP-512-JPは通常のゲーム[編集済]とは異なり、セーブ機能が存在しません。また、キャラクター"主人公"のスプライト1について、通常のものから異なる姿;服装や髪型の変化したスプライトへと変更されています。

SCP-512-JPは、これがハードウェア機器に接続されてゲームとして起動されるたびに、ゲーム中に登場する様々なオブジェクト2が通常のロムカセットのものから変更された状態でゲームが開始します。SCP-512-JP自体に記録されているロムデータは、そのたび未知の手段によって実際に改変されていきます。これについて、一度発生した改変は次回の起動時にも引き継がれています。また、セーブ機能が存在しないことと、キャラクター"主人公"のスプライトについて本来設定されている通常のものから異なるただ一種のスプライトへ変更されていることは、最初期の起動試行から発生している改変現象です。

またSCP-512-JPは、ゲーム内に登場するオブジェクトと形状が相似した実体をプレイヤー周辺へ出現させます。この実体は未知の組成のものも含まれます。この実体の発生は、財団の確認したところでは、ゲーム中でプレイヤーの操作するパーティが"全滅"し"ゲームオーバー"となった際に発生しています。なお、その形状やふるまいから想像されるその物体におけるごく一般的な処置方法によって、対象の物体は終了させることが可能であることがわかっています。

SCP-512-JPの改変現象が終末期を迎えると、それから数度の起動の内に"REBOOT"現象が発生します。"REBOOT"現象が発生した際、起動直後のゲームタイトル画面にはタイトルロゴとあらゆる文字列は表示されず、代わりに"REBOOT"とのみ表示されます。"REBOOT"現象の後、あらゆる改変事象はリセットされ、最初期のSCP-512-JPへとロムデータが修正されます。その後数秒して、SCP-512-JPの起動したハード機器の電源は自動的に切断されます。"REBOOT"現象が発生しようと、セーブ機能と"主人公"のスプライトについては依然通常のものと異なるままであり、また、現実世界に発生した未知の物体が消失することはありません。

SCP-512-JPの異常現象の発現結果はこれの起動の度に僅かずつ変動しています。以下は、起動試行とその特筆に値する現象のログについての記述です。

SCP-512-JPは、199█/██/██に██県在住の[編集済]氏が同氏の自宅の居間で西洋式の長剣に貫かれ死亡している旨が近所の住民より警察へ通報され、これを傍受した財団エージェントが警察官を偽装し調査に向かい、その際に現場に存在していた当オブジェクトの異常性が推知され、回収に至りました。関係者にはカバーストーリー「深夜の強盗殺人」が適用されました。

エージェントが現場に到着した際、SCP-512-JPは起動中でありエンディング終息画面を維持していました。事案当時、[編集済]氏は試行Iで出現した"十字架を模した装飾の施されている長剣"が同氏の肝臓を貫通した状態で床に留められており、その死因はこれによる失血死であると推定されています。[編集済]氏のテレビ側前方には未知の種の微生物を含んだ土が残されていました。これらの物体はいずれもSCP-512-JPの物体出現現象によるものであると考えられていますが、出現した長剣が同氏に死傷を与える形で出現した理由は判明していません。また、居間の窓は当時の季節が冬であるにもかかわらず完全に開け放たれていました。この事象はSCP-512-JPによる異常現象では説明がつかず、[編集済]氏が窓を開いた如何なる痕跡も未だ発見されていないことから、これに関する更なる調査が求められます。

SCP-512-JPの回収元となった[編集済]氏は、ビデオレンタルや中古ゲームなどを取り扱う店舗[編集済]にてSCP-512-JPを中古ゲームとして購入していました。店舗側の販売記録にはSCP-512-JPの販売ログは存在していましたが、SCP-512-JPの買取りの記録は存在しませんでした。同店舗にSCP-512-JPがいつから、どのような経緯で存在していたのかは未だ不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。