SCP-517-JP
評価: +24+x

アイテム番号: SCP-517-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-517-JPはサイト-81██の医務室内のロッカーに保管され担当の職員により管理されています。精神的な病・記憶に関する障害を発症した財団職員は申請を行うことによりサイト-517内の特設仮眠室でSCP-517-JPの利用を行うことが可能です。利用後は自身に起こった変化をレポートとして提出してください。担当の医療スタッフが適切であると判断した場合のみ、監視下でのSCP-517-JP使用が許可されます。

未収用のSCP-517-JPが発見された場合はただちにエージェントを送りSCP-517-JPを回収するとともに、施設内及び施設の近隣の監視カメラの記録の確認・SCP-517-JPの入手方法の調査を行った後に関係者に対し記憶処理を行ってください。

説明: SCP-517-JPはハンドメイドの枕カバーです。現在財団は██個のSCP-517-JPを回収しています。SCP-517-JPの素材・デザイン・サイズに統一性はなく、また内部に使用される芯材の種類はSCP-517-JPの持つ異常性に影響を与えません。

SCP-517-JPの異常性はSCP-517-JPを使用した枕で人間が睡眠をとった時に発生します。SCP-517-JPを使用している人間の脳波がレム睡眠状態となった時、SCP-517-JPは自身を人間の体の一部、または複数の部位(以下SCP-517-JP-1と表記)へと変化させます。この時生成される人間の部位は主に使用者の年齢が0~13歳であった年代当時の使用者の実の父親、または母親の肉体を再現したものです。父親・母親がすでに死亡している、もしくは使用者の両親に対する記憶が欠落している場合であっても、問題なく肉体の複製は行われます。

生成されるSCP-517-JP-1は使用者によって異なります。また過去にSCP-517-JPの使用経験がある人物であっても、再使用時には以前と異なるSCP-517-JP-1が生成される可能性があります。SCP-517-JP-1の大きさは一般的な成人の肉体よりもはるかに大きく、おおむね大人の肉体と子供~乳児の肉体の比率(生成された部位・当時の使用者の年齢にもよりますが平均的な体格であれば約130~800%)と同じ程度の差が存在します。SCP-517-JP-1は通常の人間の肉体と同様の方法で破壊することが可能です、SCP-517-JP-1から切り離された体組織は異常性の終了と共にSCP-517-JPや使用された芯材と同様の物質に変化します。

出現したSCP-517-JP-1は使用者が快適な睡眠をとることが出来る位置へと自身、または使用者を未知の手段で浮遊させ移動を行います。自身と使用者を睡眠に適切な位置へと移動させた後も、使用者に対して撫でる・揺さぶる・移動させるなどといった行動を取る場合も存在します。SCP-517-JPの使用者は共通してその使い心地をとても良いものであったと述べ、「懐かしい感じがした」「子供の頃を思い出した」等の報告が多く行われます。使用者によっては「父が吸っていた煙草の匂いがした」「母親の子守唄を聞いた」などの報告がありますが、外部からの検査ではそれらの存在は確認されませんでした。

SCP-517-JPは使用者に対して安心感やリラックス感を与え、不安感や恐怖感を取り除きます。また継続してSCP-517-JPを使用することで軽度のうつ病などの治療に効果があることが判明しています。しかしSCP-517-JPの使用者が過去に夜尿症(寝小便)・夢遊病・夜驚症などを発症していた経験がある場合、現在すでに症状が改善していたとしても使用者にそれらの症状が現れる可能性があります。この現象からSCP-517-JPの影響下にある使用者が一時的な精神・記憶的な幼児退行を起こしているものと推測されていますが明確な証拠は発見されていません。

SCP-517-JPは全国の孤居老人の住居を中心に老人介護施設・精神病院などで発見されています。多くの場合SCP-517-JPは自宅や施設の郵便ポストなどに放置、もしくは「おばあちゃん」と言う名義の寄贈品として各対象に送られます。監視カメラの映像やいくつかの事例では老婆のように見える人型実体がSCP-517-JPを対象の元に送り届ける、対象に手渡すなどの行動を行っていることが確認されています。この老婆に関する詳細は現在調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。