SCP-519
評価: 0+x
2199236004_bbae873028.jpg

SCP-519

アイテム番号: SCP-519

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-519は5m×5mの標準的な収容室に収容されます。実験の実施中以外は電話回線に接続させてはいけません。

説明: SCP-519は大量に落書きされたSouthwestern Bell社Model 7型、シリアルナンバー███████████の公衆電話です。表示されている番号は、仮に運用中なら割り当てられているだろうものと一致します。しゃべる公衆電話の噂に続いて、ミズーリ州█████████の放棄されたショッピングモールから回収されました。

受話器を取ると、利用者は音声により挨拶され(季節や時刻によるバリエーションあり)、通話先の名前または番号をたずねられます。大半の利用者は異性のものであると認識するものの、声の性別は曖昧です。受話器に話しかけるかわりに目的の番号をダイヤルする行為は音声をいらだたせます。目的の人物に対し合理的に電話接続が確立できる限り、どのような人物でも要求できます。問題の人物が日頃使う唯一の電話機であれば、ブラックリスト入りした番号や、受信しないはずの電話機なども通話先に含まれます。(1-8001、9112などの例外を除き)番号または人物が要求されれば、さらなる活動の前に適切な(19██年時点で正しいものであり、これはショッピングモールが放棄された時期です)料金が要求されます。音声の語彙と会話のパターンは大きく変動しますが、いくつかの例外を除いておおむね利用者のものと類似しているように思われます。

通話の間、利用者は決して通話先の人物の声を直接聞くことはなく、代わりに音声により相手方の発言を伝えられます。SCPに宛てられた発言は通話先には伝わらず、相手側からは会話は正常に見えます。しかしながら、聞こえた内容は話し手の言葉を正確に反映したものではないかもしれません。しばしば音声は相互の話し手の意図について大量にコメントし、「肩の上の悪魔と天使」的なやり方で利用者をあざけりさえします。声の総体的な個性は、嫌味で誤解を生じさせる伝え方をするものから陽気なもの、ばかばかしいほど通話先を信頼しようとするものまで多岐にわたります。音声自身と対話する行為は、聴覚に障害を与える音量で「通話中」の音が鳴らされて会話が中断されるまで、どんどん攻撃的に回答を拒絶(常に「私はみんなが言うことを繰り返すためだけにここにいるんだ!」3という文を含む)させるようになります。電話機に打撃を加えるか傷つける行為も同様の結果になりますが、オブジェクトは話者がこうした行為に責任があるかどうか区別する能力を示しました。

受け付けられるのは明確に定義された番号のみです。ランダムあるいは意図的につながらないように作り上げられた名前(しかし例えば、電話帳から無作為に抜き出した名前の場合は異なります)は無効です。名前ではなく続柄で家族にかける(「私の母」、「私のいとこ」)ことは可能であり、候補者が複数存在する場合ですら意図した通話先につながります。「昨日会ったあの女の子」のような要求は、名前または番号が知られていない限り鼻であしらわれます。架空のキャラクターを要求すると、その役を演じた主な役者、同姓同名の人物、キャラクターの創作者などといったさまざまな通話先につながります。家庭用電話、携帯電話、企業といったその人物にとって「正常」と形容できる電話回線にのみかけることができますが、ブラックリストは障害になりません。いくつかの機会では厳密に内部向けのシステムにつながりました。同様にSCP-519は、番号のみが与えられたにもかかわらず企業の目的の部門に直接接続する程度の、自動応答システムを迂回する能力を持つようです。また、信号が一切届かないであろう場所にある電話にも接続することができます。

補遺01 SCP-145にかけるよう要求された際、オブジェクトは「話し中だよ。いつもそうだった」と回答し、さらなる説明を拒みました。

事件519a: ██/██/██、エージェント・█████が意図せずSCP-400-ARCを要求し、その際おそらく接続を確立する前に音声が「おー、これは…」とコメントしました。███████博士が即座に実験を終了し、両者は後日接続確立と同じ時刻にSCP-400-ARCが鳴り始めたことが明らかになったのち懲戒処分を受けました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。