SCP-529
評価: +10+x
SCP-529.jpg
SCP-529

アイテム番号: SCP-529

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 特別に警戒する必要はありません。"ジョーシー"はとてもおとなしく、現段階では低レベル施設なら自由に移動させてもかまいません。ただしチーズを与えてはいけません - 欲求を満たすのに不十分な量のチーズを与えると悲しむためです。

説明: SCP-529は灰色の波模様のある小さな家猫(イエネコ)です。

胸部から尻尾までの部位が失われているように見えます。あたかも真っ二つに切断されたような外見をしています。

そのような状況にもかかわらず健康問題は無く、まるで四肢が全て揃っているかのように動きまわります。例えば、歩行や食事後の排泄物なども身体が欠けていないかのように動きます。

断面図から身体の中を覗くことはできず、代わりに可視光線をすべて吸い込む黒い綺麗な穴が見えます。触れるとゆるやかに曲がっています。この箇所を優しく撫でるとポジティブな反応(喉を鳴らすなど)を示しますが、長く続けるとエージェントに対し爪を出して襲い掛かります。引っかかられても特に異常はありません。

下半身が見えないわけではありません - 実験により下半身は存在しないと判明しています。DNA検査により雌と判明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。