SCP-537-JP
評価: +32+x

アイテム番号: SCP-537-JP

オブジェクトクラス: Keter

Object.jpg

SCP-537-JP。前回の「目的地」はナポリ。

特別収容プロトコル: その特性上、SCP-537-JPを完全に収容する事は現状不可能であり、対象の動向は常に担当職員によって監視されます。SCP-537-JPの出現が確認された場合は「通り魔事件」をはじめとした適切なカバーストーリーを適用し、直ちに周辺のエリアを封鎖・民間人を避難させてください。その後、出現地点に最も近いセーフハウスで待機しているエージェントを現地へと派遣してください。当該オブジェクトの出現に対応するため、世界各地へエージェントが配置されます。

派遣されたエージェントはSCP-537-JPが消失するまでエリアから出ることのないよう誘導してください。SCP-537-JPが実験対象以外の人物へ「質問」を行った場合、質問内容を伝え切ってしまう前に攻撃あるいは威嚇を行い中断させてください。この攻撃や威嚇とは一般的に想起されるあらゆる手段で問題ありません。また、出現地点の閉鎖が完了した時点でSCP-537-JPを対象とした実験の施行が許可されます。

対象の消滅が確認された後は周辺の民間人にクラスA記憶処理を施してください。

説明: SCP-537-JPは世界各地で非周期的に観測される、およそ全長1.8mほどの幻影です。SCP-537-JPの出現条件は現状判明しておらず、これといった法則性も確認されていません。その姿はしばしば「影が浮き出たような」と形容される黒い人型を基本形とし、大抵バックパックやスーツケース等の鞄を所持しています1。この鞄に内容物は存在せず、SCP-537-JPが手放した時点で消失します。

SCP-537-JPは人間と遭遇する事でその特異性を発揮します。SCP-537-JPは周囲に人間(以下、被害者と表記)の存在を認めるとそれらに接近し、おおよそ「[任意の場所]に行きたいので道筋を教えてほしい」といった内容の文言を伝えます。この際に使用する言語は原則として、出現地点が日本国内であれば流暢な日本語2、それ以外であれば発音や文法がやや不自然な英語です。
この時に被害者が「目的地」へ向かうための最適なルートを知らない場合、被害者は一瞬にしてそれを理解します。この現象によって挿入された情報は記憶処理による抹消を受け付けず、内容と情報量によっては被害者の思考へ混乱を齎します。情報を伝達する原理は不明ですが、「質問」を何らかの方法を用いて中断させる事で伝達の阻止自体は容易に可能です。また、被害者がSCP-537-JPの話す内容を理解できない場合、上記の特異性は発揮されません。
 
被害者から質問に対する回答を得た場合、その実否に関わらずSCP-537-JPは被害者へ感謝の意を示し、その場から即座に姿を消します3。その後、実際にSCP-537-JPが「目的地」を訪れているかは不明です。被害者が質問に答えない場合、何らかの理由で答えられない状況に陥った場合、日本語・英語以外の言語を用いて道案内を行った場合は被害者との会話を停止します。この時、周囲に他の人間がいる場合はその人物へ再度同様の質問を行い、そうでない場合は即座に姿を消します。SCP-537-JPの発する言葉に強制力や精神操作の要素は見られず、質問に答えるか否か、正しい道筋を教えるか否かは完全に被害者の任意のようです。

幻影であるという特性上SCP-537-JPには如何なる物理的接触も無効ですが、殴打や発砲をはじめとした攻撃行為には酷く狼狽し怯えた様子を見せ、平均して13秒後にその場から消失することが確認されています。この事からSCP-537-JPへの攻撃行為は「威嚇」として高い効果が期待されます。SCP-537-JPは自らへ攻撃を加えた人物を敵対存在として認識しますが、その影響は「質問」を行わなくなり行動パターンが警戒的に変化する程度で、対象が敵対存在へ危害を及ぼしたという事例はこれまでに確認されていません。

SCP-537-JPは19██年頃から「道を訊ねる怪人」の噂が世界各地で囁かれるようになり、目撃例だけでなくいくらかの映像も撮影されたことから財団の注意を引きました。これを受けて財団は件の怪人をSCP-537-JPとして定義、その後対象を撮影した動画群のマスターフィルムを押収し、カバーストーリー「シャドー・ピープル4」をはじめとする情報工作によって隠蔽を行いました。現在当該動画群のマスターフィルムはサイト-81██の資料室に保管しています。動画の視聴を行う場合は資料-537-JPを参照してください。

補遺-537-JP-1: :最初の目撃例におけるSCP-537-JPは一切の衣類を着用していませんでした。然し3度目の目撃例におけるSCP-537-JPの姿はソンブレロにポンチョという出で立ちであり、2度目の目撃例におけるSCP-537-JPの「目的地」は「メキシコシティ」でした。以降もSCP-537-JPが何らかの衣類を着用した状態で出現する記録が度々観測されています。SCP-537-JPの服装は前回の「目的地」に影響すると考えられています。

補遺-537-JP-2: :SCP-537-JPが自我を持つ存在である事が確認された段階で対象へのインタビューが計画・実行されましたが、対象は一切の反応を示さず失敗に終わりました。SCP-537-JPは自身の「質問」に関係のない会話をはじめとした一部の言動を認識しないものと考えられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。