SCP-541-JP
評価: +76+x

アイテム番号: SCP-541-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-541-JPはサイト-81██の人型オブジェクト収容房に収容されます。SCP-541-JPが負傷した際にすぐにわかるように、SCP-541-JPの服装は常に露出の多いものにされます。
20██/10/14追記: ██介護士がSCP-541-JPの担当として配属されました(補遺:実験541-JP-1参照)。1週間に1度██介護士と当直監視官による看護カンファレンスが行われます。

説明: SCP-541-JPは60代の日本人女性のように見えますが、幼児退行の症状が顕著で、その精神年齢はおよそ6歳と推測されます。また、SCP-541-JPは外部とのコミュニケーションを好まず、ほとんどの場合において「うん」または「いや」以外の言動を見せません。SCP-541-JPは原因不明の片麻痺の状態にあり、頭部より下は一切動かすことができません。また、SCP-541-JPは食事及び排泄を必要としないようです。SCP-541-JPはこれらを必要とするようになりました。(補遺:実験541-JP-1参照)

SCP-541-JPが現在の収容状態に至るまでの経緯は不明です。SCP-541-JPのDNAは財団のデータベースにあるあらゆる人物のものとも一致せず、またSCP-541-JPと一親等の関係にあると思われるDNAも存在しませんでした。二親等の関係にあると思われるDNAを持つ人物が4名存在しましたがいずれも既に死亡しており、SCP-541-JPはこれについて黙秘を続けているため彼らとの関係性は不明です。

SCP-541-JPの異常性はその被害妄想にあります。SCP-541-JPは時折、暴力を振るわれたと訴えることがあり、実際に擦り傷、内出血、やけどなどの怪我を負うことがありますが、いかなる監視記録にも何者かがSCP-541-JPに暴力を振るったという記録はありません。SCP-541-JPが自傷行為に及ぶことができないという点、明らかにプラシーボ効果の範疇を超えているという点から、SCP-541-JPがSCPオブジェクトに指定されるに至りました。これらの怪我はいずれも軽度のもので、SCP-541-JPの生命を脅かすものではなく、また治療をしていないのにも関わらず適切な処置を行った時と同じ程度の速さで治癒します。数年に一度SCP-541-JPの首に赤い手形が浮き上がり、呼吸困難を訴えることがありますが数秒から数十秒以内に手形とその症状はなくなります。この症状が現れてから数ヶ月の間は異常な被害妄想が発現しなくなります。また、SCP-541-JPは時折、「次はほうっておいてもいいよ」「いかないで」等の独り言を発することがあります。

補遺 実験541-JP-1: SCP-541-JPへの介護の記録が全くないことから、SCP-541-JPは食事、排泄をしないものだと考えられていましたが、SCP-541-JPに栄養失調の兆候、及び排泄物による衣服の汚れが見られるようになったことから、SCP-541-JPは介護を必要とするようになったと判断されました。現在、██介護士がSCP-541-JPの介護を担当していますが、20██/10/14に██介護士がSCP-541-JPの担当となってから、SCP-541-JPが新たな特異性を発現したために、██介護士による介護記録は「実験541-JP-1」として記録されます。

実験記録541-JP-1

20██/10/14: ██介護士がSCP-541-JPの担当介護士となりました。██介護士が収容室内でSCP-541-JPにその旨を伝えた直後に、原因不明の力により収容室への出入りが不可能となりました。収容室の壁の破壊の試みも失敗に終わりました。幸いにも、監視カメラとマイク及びアナウンススピーカーは、ある程度のノイズを発するものの、内部とのコミュニケーションを図る分には問題なく作動するため、今後の██介護士とのコミュニケーションはこれらを用いて行います。また、██介護士(以下、SCP-541-JP-1と呼称)に限定的な現実改変能力が付与されたことが判明しました。SCP-541-JP-1はSCP-541-JPの介護に必要な物品(主に食事、おむつの替えなど)を任意に出現させること、使用済みおむつなどの廃棄物を消滅させることが可能です。未発見の特異性がある可能性があるため、SCP-541-JPのオブジェクトクラスの改訂が申請されました。申請は受理されました。

20██/10/16: SCP-541-JP-1が収容室に閉じ込められてから2日が経過しましたが、SCP-541-JP-1は空腹の兆候及び排泄行為を行う欲求を見せないため、SCP-541-JP-1はこれらを必要としなくなったと判断されました。またSCP-541-JP-1はSCP-541-JP案件への配属前にSCP-541-JPに対し過度に親切にすることがないようにと注意を受けていたにもかかわらず、SCP-541-JPに対して明らかに財団職員として不適切なほど慈しみの念を持って接しています。アナウンスにより再三注意はしていますが、SCP-541-JP-1のこのような態度に改善が見られません。SCP-541-JPによるミーム的効果だと推測されます。

20██/11/25: SCP-541-JP-1のストレスレベルが上昇傾向にあります。原因は収容室内への監禁状態にあると考えられます。時折SCP-541-JPに対し衝動的に暴言を吐くことがあるため、SCP-541-JP-1への1日30分のカウンセリングの時間が設けられます。

20██/2/11: SCP-541-JP-1によるSCP-541-JPへの暴力が確認されました。アナウンスによる制止によりSCP-541-JP-1は平静さを取り戻し、SCP-541-JPに何度も謝罪した後治療を行う様子が確認されました。カウンセリングの時間を1日1時間にすることが決定されました。

実験541-JP-1は現在も進行中です。新たに特筆すべき事項があれば随時追記してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。