SCP-544-JP
評価: +120+x

アイテム番号: SCP-544-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-544-JPの敷地内に民間人が侵入するのを防ぐため、カバーストーリー「改装工事予定地」を適用し、4人の警備員を配置してください。SCP-544-JP内部に侵入する場合、侵入時間は必ず3分以内に置き留めてください。3分間を超えて侵入し続ける必要のある場合はDクラス職員に侵入させてください。その際、侵入させるDクラス職員は遠隔から終了出来るように小型爆弾を取り付けてください。内部に侵入したDクラス職員を知覚するため、必要に応じて収容メンバーの編成を一部変更することが許可されています。

説明: SCP-544-JPは██県に存在する5階建て構造の百貨店で、「██デパート」の名で知られていました。19██年に廃業し、█日後に取り壊しが行われましたが、その翌日に完全に形状を復元していた事が財団に把握され、収容に至りました。

SCP-544-JPの内部に人間が侵入すると、3分毎に「お知らせです。[対象A]さん、[対象B]さんがお待ちでした」という内容のアナウンスが放送されます。
対象AはSCP-544-JP内部に侵入している人物です。複数人がSCP-544-JP内部に侵入していた場合、アナウンスの度にランダムで対象Aが選定されます。対象Bは選定された対象Aと直接/間接を問わず面識のある人物で、SCP-544-JP内部に居なくてもランダムに選定されますが、「家族」や「友人」などの言葉を用いて一度に複数人が指定される場合もあります。

このアナウンスが完了すると対象Bは対象Aに関する記憶を失い、どんな手段を用いても対象Aを知覚出来なくなります。上記の文章以外のアナウンスが放送される場合もありますが、それらに異常性はありません。

SCP-544-JPの内装はSCP-544-JPが██デパートとして営業していた時期を模倣した作りになっていますが、すべての領域において無人であり、食品はすべてサンプル製品に置き換わっています。SCP-544-JPの5階には放送室と推定出来る部屋がありますが、外側から内部の状態を確認出来ず、侵入も出来ません。放送室の扉には「如月工務店」と書かれていますが、そのような団体の所在は確認出来ていません。加えて、██デパートと如月工務店が実際に関わっていたという公的証拠は存在しない、もしくは抹消されています。

以下はSCP-544-JPの調査記録及びそれに付属する情報の抜粋です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。