SCP-548-JP
評価: +115+x

アイテム番号: SCP-548-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-548-JPはサイト-81██内の低危険度物品収容ロッカーに収容されています。SCP-548-JPを用いた実験の際はセキュリティクリアランス2以上の職員1名の許可を得た上で、実施場所は外壁に防音加工が施されたサイトー81██の第3中庭に限定します。また雨天時は速やかにSCP-548-JP-Aを発生させてください。

説明: SCP-548-JPは一般で販売されている物と同様のビニール傘です。全体的に細かい傷や汚れなどの経年劣化が見て取れますが、それ以外に外見や構造について特筆すべきものはありません。

SCP-548-JPの異常性は傘布へ雨滴の接触が持続した時に発生します。雨滴以外の液体、水滴では異常性は発生しません。SCP-548-JPの傘布へ雨滴の接触が持続した際に、その水滴と傘布の接触時に発生する雨音はピアノの音色に変化し、その旋律はショパンの「練習曲作品10第3番ホ長調」1と一致します(以下、SCP-548-JPを使用している人物を被験者とし、この現象をSCP-548-JP-Aと表記します)。実際に傘布へ水滴が接触し本来の雨音が発生する筈のタイミングとSCP-548-JP-Aが発生するタイミングには、0.7秒から2秒ほどのラグが存在し、その間に音の変換、あるいは一致させている楽曲の旋律に合わせているものと推測されます。室内に入る、天候が回復するなどして傘布への雨滴の接触が中止される、あるいは楽曲を再現できないほど減少した場合、SCP-548-JP-Aは楽曲の途中であっても終了し、雨音は通常のものに戻ります。SCP-548-JP-Aが終了した後、傘布へ雨滴の接触が継続していた場合、SCP-548-JPへ向けて口頭で楽曲のリクエストを行うと、要望に即したSCP-548-JP-Aが発生します。

SCP-548-JP-Aは音響分析の結果、発生する度に僅かながら技術の上達が確認されています。SCP-548-JPへ向け演奏の難易度が高い曲をリクエストした場合、SCP-548-JP-Aは発生しますがその旋律は乱れがちです。しかし、演奏技術が向上するにつれ旋律の乱れは減少し、最終的には完全に原曲の旋律と一致します。また、SCP-548-JP-A終了後、拍手や賛辞の言葉をSCP-548-JPへ向けて送った後、SCP-548-JP-Aのリクエストを行うと、発生するSCP-548-JP-Aの技術上達率が3倍から5倍に跳ね上がり、加えてSCP-548-JP-Aを聴取した被験者はその音色に「嬉しそう」「楽しそう」といった印象を受けます。反対にSCP-548-JPへ向け罵声などを送った場合、次のSCP-548-JP-Aの音色は乱雑なものとなり、場合によってはSCP-548-JP-Aの内容のリクエストを無視します。このことからSCP-548-JPには自我が存在する可能性があります。

SCP-548-JPは19██/█/█に██県█市で発生した交通事故の現場で発見されました。現場検証時に天候は雨だったためにSCP-548-JPの異常性が発露、警察に潜入していたエージェントが担当だったため速やかに収容へ至りました。この時、現場に居合わせた野次馬の一人がSCP-548-JP-Aを聞き肯定的な意見を述べた際、SCP-548-JP-Aの演奏技術が向上しました。当時SCP-548-JP-Aを聞いた野次馬および警察関係者にはAクラス記憶処理を施しました。
SCP-548-JPは被害者であった女性(氏名███、当時10歳)の持ち物であったこと、当時被害者はピアノのコンクールに向かう道中に事故に遭ったこと、「練習曲作品10第3番ホ長調」は彼女のコンクールでの課題曲であったことがわかっています。

第一次実験記録ファイル548

実験記録548-1
担当者: 塚原研究員
内容: D-548-1に、SCP-548-JPへ向け拍手を送った後、「練習曲作品10第3番ホ長調」をリクエストさせる。

結果: 発生したSCP-548-JP-Aの旋律は乱れがちではあったが、音色は「楽し気」なものだった。

分析メモ: 上手く演奏できなくても楽しんでいるようです。

実験記録548-10
担当者: 塚原研究員
内容: D-548-10に、SCP-548-JPへ向けた罵声を5分間浴びせ続けた後、「練習曲作品10第3番ホ長調」をリクエストさせる。

結果: 乱雑な音色のSCP-548-JP-Aが大音量で発生、D-548-10の鼓膜は破壊された。

分析メモ: 悪意には悪意で返すあたり、人間的な反応が見られます。

実験記録548-31
担当者: 塚原研究員
内容: D-548-31に、 非常に暴力的な歌詞がつけられている曲をリクエストさせる。

結果: SCP-548-JP-Aが発生、後半の音色は軽快なものだった。

分析メモ: ジャンルの好き嫌いはないようです。取り扱いに気を付ければ危険性はないと思われます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。