SCP-549-JP
評価: +48+x
6e55d48dd89b0e0f42693d641c821e8a_s.jpg

収容直前、SCP-549-JP-1内のSCP-549-JP-2群。混じっている数字ブロックは後にSCP-549-JP-2ではないと断定された

アイテム番号: SCP-549-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-549-JPは、サイト-8149の標準的な低危険物収容ロッカーに専用収容室に収容されています。監視カメラによる室内の監視を常に行い、万が一SCP-549-JPによると思われる何らかの実体出現・現実改変・認識災害等の異常がひとりでに引き起こされた場合、直ちに担当職員に報告して下さい。SCP-549-JPを収容する際は、ブロックを上下表裏互い違いに組み合わせ、その配列が極力何らかの単語を形作る事のないよう注意を払って下さい。現在、SCP-549-JPを使用した1時間以上の実験は如何なる場合においても禁止されています。SCP-549-JPについての実験を行う際は、周囲10m以内の「発生させる実体・現象に関連するもの」を極力排除して下さい。
SCP-549-JPを使用する実験を行いたい際は、所定の用紙に予定日時・目的・組み換え内容を明記の上、現取扱最高責任者まで届け出て下さい。実験後はレポートを提出の後、SCP-549-JP 追加実験ログにも簡易レポートを残して下さい。

説明: SCP-549-JPは、SCP-549-JP-1とSCP-549-JP-2群からなる幼児用玩具です。SCP-549-JP-1は27cm×32cm×6.2cmの木製の箱であり、側面にはデフォルメされたニホンアナグマ(Meles anakuma)と思しき動物のイラストと「いたずらあなぐま→あなぐらまたいず」という文面が描かれています。SCP-549-JP-2群はいずれも5cm×5cm×1.2cmの木材で出来た71個のブロックで、表には平仮名の一文字が、裏にはその文字から始まる単語のイラストが描かれています。各文字につき一つずつで濁音・半濁音は確認されましたが、拗音・促音・長音記号はありません。SCP-549-JP-1、-2双方ともその組成の95%以上は未知の木材と塗装剤で、残りはニホンアナグマの細胞で構成されています。

SCP-549-JPの異常性は、日本語を解する人間がSCP-549-JP-2群を用いて単語や文章(a)を組み、それを組み替えアナグラム(b)が成立した際に発現します。組み変わりが完了すると同時に、(a)に(b)の要素が加わった実体や現象(以降、SCP-549-JP-3)がその場に発生します。この発生はSCP-549-JP-2同士の間隔が5cm以下である時に限られ、組み換えの時間制限は現時点では確認されていません。また、各SCP-549-JP-2の方向が揃ってさえいれば(a)(b)の向きは縦横を問いませんが、積み重ねる等すべての文字を同時に視認出来ない形では異常性が発現しません。 SCP-549-JP-3は組み換えを行った人物のイメージや記憶・知識に大きく依存し、文章や単語の並びを崩す、ないしは並びを形作るSCP-549-JP-2そのものを物理的に破壊する事によって消失します。SCP-549-JP-2が破壊された場合、同じ文字の新たなSCP-549-JP-2がSCP-549-JP-1内に生成され、以前のものは異常性を失います。

20██/10/24、SCP-549-JPが収容されてから通算4回目の実験が行われる予定でしたが、収容違反未遂事件が発生したため実験は保留されました。以下はその記録です。


当事件を受けて特別収容プロトコルが一部改定され、SCP-549-JPの収容場所が低危険物収容ロッカーから専用収容室へと変更されました。

補遺1: SCP-549-JPは20██/10/██、岩手県██市の民家にて発見されました。近隣住民の「空家から異臭がする」との通報を受けて地元警察と潜入中のエージェントが現場に向かった所、空家となっていた民家の2階、子ども部屋と思われる一室でハンドウイルカと思しき生物の腐乱死体を発見しました。その際、驚いた一人の警官が足元に転がっていた玩具のブロックを蹴飛ばした所、同時に生物の死体も消失した事で異常性が発覚しました。またこの時床に転がっていたSCP-549-JP-2は「い」「る」「か」の3文字のみであったため、速やかに異常性の元をSCP-549-JPと断定、収容に至りました。現場に居合わせた警察には記憶処理を実施、近隣住民にはカバーストーリー「ホームレスの孤独死」が適用されました。

補遺2: 20██/10/██、実験549-3-1にて出現したSCP-549-JP-3の成分調査のため、同様の手順で実験を行い(b)を崩さず保持していた所、実験から2時間後、サイト-8149内の休憩室にて████社製の感冒薬を服用したエージェントが[削除済]。(b)を崩した後、回収された感冒薬を複数のDクラス職員でテストした所、実験549-3-1にて出現したSCP-549-JP-3と全く同様の効果を示しました。改変された感冒薬そのものには改変能力は確認されず、問題無く処分されました。また、サイト-8149勤務の数人の研究員に「████社製の感冒薬は非常にリスキーである」といった旨の記憶改変が生じている事も発覚しました。対象の研究員は現在、Aクラス記憶処理を受けて全員職務に復帰しています。
後日行われた実験により、SCP-549-JP-3は発生から90分程度で周囲から改変を行い始める事、改変の拡大速度は非常に遅いものの範囲にはほぼ限りが無い事が確認されました。この事象と実験結果を受けて、枝角博士よりSCP-549-JPを用いた実験時間の規定と、オブジェクトクラスの再分類が提案されました。

異常性の伝播が確認されました。当オブジェクトの引き起こす実体出現や認識災害、記憶や現実の改変は一時的ですが、それを周囲に現実として伝播させ一時を普遍とする事で、大規模かつ不可逆的な世界の改変を引き起こしていく力までもを有します。改変されたものに伝播性が見られないのは不幸中の幸いです。しかし問題は、発見当時当オブジェクトが何の単語を象り、それがどれだけの間保持されていたかです。 -枝角博士

補遺3: 20██/11/██、SCP-549-JP-1および-2より採取された組成サンプルの内、ニホンアナグマの細胞からわずかな生体反応が検出されました3。何らかの知覚に加え意志も有している可能性が示唆されたとして、SCP-549-JPのオブジェクトクラスはEuclidへと再分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。