SCP-553-JP
評価: +9+x
553

SCP-553-JP-1内部。

アイテム番号: SCP-553-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-553-JPを含む公園全体を高さ5mの塀で覆い、一般人の公園内への進入及びSCP-553-JPの目視を阻止してください。この封鎖について一般に公開している情報には"重金属による土壌汚染"という内容のカバーストーリーが適用されています。担当職員はSCP-553-JP付近を常時監視し、侵入者を発見した場合は直ちにこれを退去させてください。また、SCP-553-JPの入口は鉄製の扉を取り付けて常時施錠し、その他の開口部はすべてセメントで埋めるか鉄板で封鎖してください。

内部への立ち入りはセキュリティクリアランス3以上の職員の許可がある場合のみ許可されますが、その場合もDクラス職員のみ入ることが許されています。また、いかなる場合でもSCP-553-JP-2出現中にSCP-553-JP-1の扉を開けることは許可されません。

説明: SCP-553-JPは██府██市に存在する公園内の公衆便所です。SCP-553-JPそのものには通常の公衆便所と外見上の差異は見受けられず、異常性も発揮しません。

SCP-553-JP内の男子用トイレの個室(以下SCP-553-JP-1と記述)にヒト(以下被験者と記述)が入り、施錠してから5分が経過すると、SCP-553-JP-1内部に20代前半の日本人女性と推定されるレベルⅢ霊的人型実体(以下SCP-553-JP-2と記述)が出現します。

SCP-553-JP-2を肉眼で視認した被験者は頸部に何かが巻きつく感覚を覚えた後、極めて強い力で天井方向へと引き上げられ、非実体の紐で首を吊った状態となります。この際頸部を保護する試みや被験者を救出する試みはいずれも失敗に終わっています。
被験者が縊死するとSCP-553-JP-2は消失し、同時に被験者は宙吊りから開放されます。

SCP-553-JPは20██年4月3日から10月15日にかけて、同じ死因による変死体が発見される事案が3件相次いで発生したことで財団の目を引きました。捜査にあたった警察内部に潜入していた財団エージェントによってSCP-553-JPの異常性が確認された後、関係者に記憶処理を行いました。

補遺1:
実験記録D-553-JP-01の映像を解析した結果、SCP-553-JP-2の外見が近隣住民であった██ ██という女性と酷似していることが判明しました。

彼女は20██/04/03にSCP-553-JP-1内で首を吊った状態の遺体として発見されました。、当初捜査当局は自殺だと見ていたのですが、検死の結果他殺であると断定されました。以下は██ ██を知る近隣住民に対するインタビュー記録です。

20██/10/20の近隣住民に対するインタビューの後、██ ██の両親からの聴取及び██ ██のスマートフォンの解析により、██ ██の交際相手の名前がJames Franklinであることが判明しましたが、入国管理局及び在日米軍、合衆国社会保障局のデータベースには該当する人物が日本国内にいた形跡はありませんでした。

補遺2:
██ ██のツイートにあった合コンの参加者にインタビューを試みたところ、全員がJames Franklinという人物について「いたとは思うが顔は覚えてない」と証言しました。また、合コン当日James Franklinをスマートフォンのカメラで撮影したと複数人の参加者が証言しているにも関わらず、それらの画像はいずれも発見されていません。加えて、██ ██のTwitterに投稿されたJames Franklinの画像も全てサーバー上から消失していることが確認されています。

James Franklinを写した画像はすべて不自然に消失しています。また、彼の顔を覚えている人間が誰もいません。これは現実改変の可能性を疑うべき案件だと思われます。―信濃川博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。